街、雲、それからホッキョクグマ ~ Polarbearology & conjectaneum


by polarbearmaniac

プロフィールを見る

メキシコ、メキシコシティ (Ciudad de México) のチャプルテペック動物園のナヌカが亡くなる

a0151913_11321266.jpg
ナヌカ Photo(C)Zoológico de Chapultepec

メキシコの動物園を管轄しているメキシコの環境天然資源省 (Secretaría de Medio Ambiente y Recursos Naturales) の発表、及び同国の報道によりますと、メキシコの首都メキシコシティ (Ciudad de México) にあるチャプルテペック動物園 (Zoológico de Chapultepec) で飼育されていた、まもなく30歳(推定)になろうかという雌であるナヌカ (Nanuka) が26日の月曜日に死亡したのことです。 ナヌカは以前から良性の腫瘍があることは診断されていたものの高齢であるため手術は見送られていたそうですが、最近は心臓や腎臓の不全に加えて大腿骨などに骨関節炎の症状がみられ体の動きが不自由になっていたそうです。 痛みは鎮痛剤の投与でなんとか抑えていたそうですが、こうした老齢からくるいくつもの症状が重なり、とうとう亡くなったとのことです。 明言されてはいませんが安楽死の処置がとられたと思います。 さすがにアングロサクソンの国々のようの例えば euthanize とか put down のような直接的な表現は用いずに文脈でそれとわかる言い方をしています。 このあたりのスペイン語自体の持つ表現力は実に繊細です。

ここで生前のナヌカの映像をご紹介しておきます。





このナヌカは彼女が1歳の1984年10月に母親と一緒にチャプルテペック動物園に入園したようで、彼女はカナダの野生出身の個体だったようです。 ホッキョクグマにはよくあるイヌイット語のナヌク/ナヌーク (Nanuk/Nanook) という雄の名前を _a で終止させて女性形にしてナヌカ (Nanuka) にしたという命名だったものと思われます。

またこうして高齢のホッキョクグマが亡くなってしまいました。 謹んでナヌカの冥福を祈ります。 長い間本当にご苦労様でした。
a0151913_1134667.jpg
Photo(C)Zoológico de Chapultepec

(資料)
Secretaría del Medio Ambiente (Aug.26 2013 - Nanuka, una de las osas polares más longevas en el mundo, murió en su albergue del Zoológico de Chapultepec.)
Milenio.com (Aug.26 2013 - Fallece oso polar más longevo en zoológico de Chapultepec)
Diario Digital Juárez (Aug.26 2013 - Fallece oso polar más longevo en zoológico de Chapultepec)
CNN México (Aug.27 2013 - 'Nanuka', la osa polar más longeva del mundo muere en Chapultepec)
by polarbearmaniac | 2013-08-28 12:00 | Polarbearology

カテゴリ

全体
Polarbearology
しろくま紀行
異国旅日記
動物園一般
Daily memorabilia
倭国旅日記
しろくまの写真撮影
旅の風景
幻のクーニャ
エッセイ、コラム
街角にて
未分類

最新の記事

ロシア・ノヴォシビルスク動物..
at 2017-08-21 01:30
ロシア・西シベリア、セヴェル..
at 2017-08-20 15:00
*新規投稿お知らせ
at 2017-08-19 23:45
ロシア・ヴォルガ川流域のペン..
at 2017-08-19 02:00
ロシア・西シベリア、ボリシェ..
at 2017-08-18 02:00
ロシアのクラスノヤルスク環境..
at 2017-08-17 01:30
チェコ・プラハ動物園のホッキ..
at 2017-08-16 01:30
ロシア・サンクトペテルブルク..
at 2017-08-15 01:30
ロシア・ウラル地方、エカテリ..
at 2017-08-14 01:30
大阪・天王寺動物園のシルカ ..
at 2017-08-13 01:30

以前の記事

2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月

検索

ブログパーツ

  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。

ライフログ


人生と運命 1


スターリン―青春と革命の時代


モスクワは本のゆりかご


私のモスクワ、心の記憶


自壊する帝国 (新潮文庫)


甦るロシア帝国 (文春文庫)


嘘つきアーニャの真っ赤な真実 (角川文庫)


ロシア 春のソナタ、秋のワルツ-1999-21st


それからのエリス いま明らかになる鴎外「舞姫」の面影


ミチコ・タナカ 男たちへの讃歌 (新潮文庫)


わがユダヤ・ドイツ・ポーランド―マルセル・ライヒ=ラニツキ自伝


ベルリン戦争 (朝日選書)


Hof――ベルリンの記憶


カチンの森――ポーランド指導階級の抹殺


北京烈烈―文化大革命とは何であったか (講談社学術文庫)


慟哭の通州――昭和十二年夏の虐殺事件


主題と変奏―ブルーノ・ワルター回想録 (1965年)


藤田嗣治 異邦人の生涯


Barle's Story: One Polar Bear's Amazing Recovery from Life As a Circus Act


Hotel Adlon: Das Berliner Hotel, in dem die grosse Welt zu Gast war


Ein seltsamer Mann


Alma Rose: Vienna to Auschwitz


St Petersburg: A Cultural History


Gulag


The Guest from the Future: Anna Akhmatova and Isaiah Berlin