街、雲、それからホッキョクグマ ~ Polarbearology & conjectaneum


by polarbearmaniac

プロフィールを見る

アメリカ ・アラスカ州北部の寒村カクトヴィクに住む人々とホッキョクグマたち ~ 奇妙な共存関係

a0151913_2203820.jpg
カクトヴィク村付近のホッキョクグマ Photo(C)Glenn BurnSilver
a0151913_2213737.jpg
アメリカ極北のボーフォート海に面したアラスカ州北部の寒村であるカクトヴィク (Kaktovik) は人口が240人の寒村とも言ってよい小さな村ですが、この村のある場所には住民だけでなく、季節には80頭の野生のホッキョクグマも居ついているというユニークな村だそうです。 この村で生まれ育ち、そしてもう40年以上も住んでいる人に言わせるとなかなか居心地の良い村のようです。そうは言ってもこの40年間もの間で村は少しずつ変わり始めており、かつては生計を支えていたほど行われていた狩猟はだんだんと行われなくなりつつあるそうです。別の住民に言わせると、かつてはもっと住民が共に生活していくという共同体としてのまとまりがあったと語っています。 しかしそういった感覚だけでも子供たちに伝えていきたいとこの村を愛する住民は願っているようです。
a0151913_2223365.jpg
カクトヴィク Photo(C)WODU Media/Will Rose and Kajsa Sjölander

このカクトヴィクの村でここ10年ほど前から行われるようになったのは観光業としてのホッキョクグマツアーであり、行政からの免許を取得してガイドとなり世界中から野生のホッキョクグマを見たいという環境客を相手に短時間のツアーを行って生計をたてる住民が4人いるそうです。 特に観光シーズンである9月には2~3時間のツアーで約400ドルから550ドルほどのツアーが予約で一杯になるそうで、この時期にあげた収入で1年間の生計を支える収入が得られるそうです。こういったホッキョクグマツアーについて最初のうちはこの村の住民たちのなかには、外からのこういった観光客たちが村にやってくることを好まない人々もいたようですが、やがてそういった人々もこういった観光客の存在が村にとっての利益につながることを理解してきたそうです。そういったカクトヴィクの村の周辺でのホッキョクグマツアーの様子を伝えるTVのニュース映像をご紹介しておきます。 こちらをクリックしてご覧になってみて下さい。
a0151913_2324186.jpg
カクトヴィク村付近のホッキョクグマの親子 
Photo(C)Alaska Dispatch/Loren Holmes

こういったホッキョクグマツアーのガイドの免許を持つ公認ガイドはツアー客を案内してボートで可能な限りホッキョクグマに接近する技術に長けているようです。 そういったガイドの一人に言わせると、「ホッキョクグマは落ち着いた (mellow) 動物なのだ。」と語っています。 アラスカ州の魚類野生動物保護局 (U.S. Fish and Wildlife Service) の担当者は、野生のホッキョクグマにも個体間の性格の違いなどもあってこういった接近可能な距離がどれだけのものであるかを判断できるのがこうしたガイドの技能であると語っています。 こういったことを伝えるニュース映像を、こちらをクリックしていただいて開いたページで是非ご覧いただきたく思います(冒頭にCMが入ります)。
a0151913_4303678.jpg
カクトヴィク村付近で村民に放置された鯨の一部を食べるホッキョクグマたち 
Photo(C)Alaska Dispatch/Loren Holmes

このカクトヴィクの村での夏から秋にかけては、以前と比較すると陸上で過ごすホッキョクグマの頭数が増えてきたそうで、彼らは陸上で食料を求める傾向が強くなっているそうです。カクトヴィクの村の秋の捕鯨解禁期間である9月には、村民は利用しなかった北極鯨の体の一部分をホッキョクグマたちの食料として放置しておくことなども以前から行われているようで、そういったこともあってかホッキョクグマたちがカクトヴィクの村の周辺に季節的に居ついている理由となっているようです。 そういったこの村周辺のホッキョクグマたちの映像をご紹介しておきます。 開始後2分20秒あたりからホッキョクグマたちが登場しています。



なるほど、こういった海が氷結していない季節に人為的に放置されたこれだけの食料が得られるとすればホッキョクグマたちにとっては好都合だと思われます。 そして一方で、こうして食料を求めてカクトヴィクの村の周囲にたむろしているホッキョクグマたちの存在は、今度は観光資源として村の住民たちの役に立っているということなのでしょう。 カクトヴィクの村の住民たちとホッキョクグマの利害関係はこうして見事に一致しており、奇妙な共存関係が成り立っているようです。

(資料)
KTUU.com (Aug.27 2013 - Polar Bear Viewing Tours Take off in Kaktovik)
KTUU.com (Aug.26 2013 - Kaktovik's Historic Traditions at Odds with its Future)
Alaska Dispatch (Sep.23 2012 - Rotting whale meat lures record 80 polar bears to Kaktovik)
Liner Notes (Oct.4 2009 - Polar Bears on Parade)
by polarbearmaniac | 2013-08-30 01:00 | Polarbearology

カテゴリ

全体
Polarbearology
しろくま紀行
異国旅日記
動物園一般
Daily memorabilia
倭国旅日記
しろくまの写真撮影
旅の風景
幻のクーニャ
エッセイ、コラム
街角にて
未分類

最新の記事

フィンランド・ラヌア動物園の..
at 2017-04-28 02:00
アメリカ・コロンバス動物園の..
at 2017-04-27 11:00
ロシア極東・沿海州、ハバロフ..
at 2017-04-27 00:30
チェコ・ブルノ動物園の一歳半..
at 2017-04-26 00:30
ベルリン動物園 (Zoo B..
at 2017-04-25 00:30
モスクワ動物園の二歳半の雄(..
at 2017-04-24 01:30
ロシア・西シベリア、ボリシェ..
at 2017-04-24 00:30
オランダ・ヌエネン、「動物帝..
at 2017-04-23 00:30
ベルリン動物公園で死亡した赤..
at 2017-04-22 01:00
ロシア・シベリア中部、クラス..
at 2017-04-22 00:30

以前の記事

2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月

検索

ブログパーツ

  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。

ライフログ


人生と運命 1


スターリン―青春と革命の時代


モスクワは本のゆりかご


私のモスクワ、心の記憶


自壊する帝国 (新潮文庫)


甦るロシア帝国 (文春文庫)


嘘つきアーニャの真っ赤な真実 (角川文庫)


ロシア 春のソナタ、秋のワルツ-1999-21st


それからのエリス いま明らかになる鴎外「舞姫」の面影


ミチコ・タナカ 男たちへの讃歌 (新潮文庫)


わがユダヤ・ドイツ・ポーランド―マルセル・ライヒ=ラニツキ自伝


ベルリン戦争 (朝日選書)


Hof――ベルリンの記憶


カチンの森――ポーランド指導階級の抹殺


北京烈烈―文化大革命とは何であったか (講談社学術文庫)


慟哭の通州――昭和十二年夏の虐殺事件


主題と変奏―ブルーノ・ワルター回想録 (1965年)


藤田嗣治 異邦人の生涯


Barle's Story: One Polar Bear's Amazing Recovery from Life As a Circus Act


Hotel Adlon: Das Berliner Hotel, in dem die grosse Welt zu Gast war


Ein seltsamer Mann


Alma Rose: Vienna to Auschwitz


St Petersburg: A Cultural History


Gulag


The Guest from the Future: Anna Akhmatova and Isaiah Berlin