街、雲、それからホッキョクグマ ~ Polarbearology & conjectaneum


by polarbearmaniac

プロフィールを見る

中国・天津市の天津海昌極地海洋世界でホッキョクグマの赤ちゃん誕生! ~ そしてカナダでの映画撮影

a0151913_15101486.jpg
赤ちゃんの皮祖 (Pezoo) Photo(C)天津海昌極地海洋世界

いやはや...本当に何と申し上げたらよいでしょうか、私は今頃になってこの事実をようやく掴みました。 この前の繁殖シーズン (2012 ~ 2013) で見落としていたホッキョクグマの赤ちゃん誕生の情報です。 中国・天津市の天津海昌極地海洋世界の極地海洋館でホッキョクグマの雄の赤ちゃん1頭が誕生し、人工哺育で育てられたそうです。 誕生したのは昨年2012年の12月12日のことだったそうで、円山動物園のララがマルルとポロロを出産した4日後ということになります。 この赤ちゃんの生後46日経過の姿、そしてそれから4週間後(つまり生後約74日経過ということになります)の映像をご紹介しておきます。



例によって例のごとく両親の名前と姿、そして誕生に関する情報については一切開示されていません。そして「人工繁殖」だと言っていますが、これが単なる人工哺育だけを意味するのか、それとも人工授精を意味するのかは報道内容その他を読む限り明らかではありません。 こういったことも、いつもの中国でのホッキョクグマの赤ちゃん誕生のニュースでは毎度のことです。 この赤ちゃんの名前は「皮祖 (Pezoo)」だそうです。
a0151913_016327.jpg
カナダでの映画撮影中の皮祖 (Pezoo)  Photo:中国日报

ところがこの赤ちゃん、何と今年の4月に担当飼育員さん、獣医さん、通訳などを含めた天津海昌極地海洋世界の5人のスタッフと一緒にカナダに移送され、そこで約1か月の検疫のあとで訓練を受けた後に映画に出演すべく撮影が行われたそうです。 この映画のタイトルは中国の報道によれば「午夜阳光」、というもので、これはハイドパークエンターテインメントが制作し、ヒュー・ハドソン(Hugh Hudson) 氏が監督の “Midnight Sun” という映画ですね、 つまり「真夜中の太陽」という意味にでもなるでしょう。 
a0151913_020686.jpg
(C)Hyde Park Entertainment

映画の内容を簡単に言えば、ホッキョクグマとイヌイットの関わりを通じてホッキョクグマの保護というメッセージを伝えるという映画だそうです。 迷子になっていたホッキョクグマの赤ちゃんをなんとkしてお母さんと一緒にさせろうと奮闘するイヌイットの少年の物語ということのようです。 あらすじについてはこちらをご参照下さい。 やはり幼年個体のホッキョクグマを映画に登場させるためには人工哺育の個体のほうが人間に慣れていて演技させやすいということなのでしょう。 そしてこうやってカナダでの映画撮影に抜擢されたわけですから、少なくともこの皮祖はハイブリッドではないのではないかということです。 顔つきが少しでも通常のホッキョクグマと異なって入れば映画に登場することなどありえないのではないかということです。 しかしその一方で、写真や映像で皮祖を見る限り私にはホッキョクグマ以外の血が僅かながら入っているような印象を受けます。 しかしこの問題は非常に微妙です。 なんとも判断が付きません。
a0151913_0222340.jpg
天津での皮祖 Photo(C)

この映画の撮影が終了後に皮祖(Pezoo)は無事に中国の天津に帰還したそうです。 彼は天津への帰還後はスターとしての扱いになっているそうで、現在は烟台市の烟台海昌鲸鲨馆に短期間、出張となっているそうです。
a0151913_0233885.jpg
皮祖 Photo(C)胶东在线

前回この天津市の天津海昌極地海洋世界で誕生していたのは「中国・天津市の天津海昌極地海洋世界でホッキョクグマの双子の赤ちゃん誕生!」という投稿でご紹介していますが、昨年の2012年3月5日に誕生した双子の「晶晶」と「薇薇」でした。 その誕生の日付と今回の皮祖の誕生の日付(2012年12月12日)を比較しますと、仮にこの2回の繁殖が同じ母親からなされたとすれば、これはやはり人工授精である可能性が高いと思いますが、母親が違うということならば、それは単なる人工哺育ではないかと考えられます。 ともかく両親についての情報がないというのが不思議です。その情報がないということは、すなわちひょっとしてこれは人工授精であるということを意味しているかもしれません。 ホッキョクグマの人工授精は昨年アメリカのセネカ動物園で史上初ということで行われましたが、出産には至らなかったわけです。 それについては、「アメリカ・ニューヨーク州 ロチェスターのセネカ動物園が史上初のホッキョクグマの人工授精を行う」、及び「アメリカ・ニューヨーク州 ロチェスターのセネカ動物園でのオーロラへの人工授精、結果は実らず」の2つの投稿を御参照下さい。 さて、この下の写真は前回この施設で誕生した双子の「晶晶」と「薇薇」の生後5ヶ月の写真です。 今回の赤ちゃんの皮祖と比較してみてどうでしょうか? 両親は同じでしょうか?
a0151913_1291645.jpg
生後5ヶ月の「晶晶」と「薇薇」 Photo(C)新华网

これまでの諸々の状況を重ね合わせて考えてみますと、これはあくまでも私の心象ですが、中国はすでにアメリカに先んじてホッキョクグマの人工授精を試み、そしてこれに成功しているのではないかと思います。 そしてこれは相当に飛躍した見方ですが、以前に「ロシアの3つの動物園が共同で異種間移植(ホッキョクグマ → ヒグマへの胎仔移植)の実験を行うことを発表」という投稿でもご紹介しましたが、中国では試験管内で受精させたホッキョクグマの受精卵をヒグマに移植してヒグマに出産させることに成功し、それを人工哺育しているのではないでしょうか? つまり異種間移植ですね。 だからこそ中国ではホッキョクグマの赤ちゃんの両親の姿を出さないのではないでしょうか。 そしてさらに今回の皮祖についての誕生の季節は正常ですが、これまで何回か通常はホッキョクグマの出産シーズンではない、とんでもない月に誕生した赤ちゃんがあったのはこれが理由ではないでしょうか。  ただし不思議なのは、仮にそうだとすれば何故もっと大々的に世界にそのことを誇示しないのかということです。 「アメリカ帝国主義は張子の虎である。」 というのが毛沢東語録の一節です。 「アメリカなどいつも偉そうなことを言っているが、俺たちのほうがホッキョクグマの繁殖では先を行っているのだ。」と何故世界に強くアピールしないのでしょうか? ともかく、中国におけるホッキョクグマの飼育と繁殖には不可解なことが多すぎます。 さて、なんとか年内に天津に行ってこの皮祖に会ってみたいものです。

(資料)
中国日报 (Jul.12 2013 - 全国首个北极熊“影帝”14日与天津市民见面)
天津网 (Jul.15 2013 - 海洋世界“极地影帝”北极熊皮祖“晒萌”)
胶东在线 (Sep.3 2013 - 熊出没!最萌小北极熊即将做客烟台海昌鲸鲨馆)
55tuan.com (【近海门大桥】海昌极地海洋世界)
新华网 (Aug.8 2012 - 孪生北极熊心萌化了 超级可爱)
Best News (Jul.14 2013 - Tianjin polar bears go to Canada for a movie)
IMDb.com (May.1 2012 - "Midnight Sun" Rises On Hugh Hudson)
IMDb.com (Jul.12 2013 - Midnight Sun)
Hyde Park Enterainment (Midnight Sun)

(過去関連投稿)
中国・大連、老虎灘海洋公園の極地海洋館でホッキョクグマの双子の赤ちゃん誕生!
中国における「異形のホッキョクグマ」の存在
中国・大連のホッキョクグマの赤ちゃん順調な生育で一般公開へ
中国・大連市の極地海洋館で人工哺育の双子の赤ちゃんが一般公開 ~ 要注意の日本語版報道
中国・大連、極地海洋館の双子の赤ちゃんの最新の写真 ~ 9月に武漢の新施設へ移動決定
中国・大連、極地海洋館の双子ちゃん、やはり「異形のホッキョクグマ」への道を歩む ~ 遺伝子操作か?
中国・大連のホッキョクグマの双子、天津の施設へ移動 ~ 異形の乐乐、静静そして淘淘のこと
中国・大連、老虎灘海洋公園でホッキョクグマの双子の赤ちゃん誕生! ~ また繰り返される不可解な人工哺育
中国・大連で人工哺育の淘淘、乐乐、静静の出生の謎を追う ~ 「異形」 は先天的なのか?
中国・山東省、烟台市の蓬莱海洋極地世界でホッキョクグマの赤ちゃん誕生!
中国・烟台市の蓬莱海洋極地世界で誕生した赤ちゃん、安定した状態で春節を迎える
中国・烟台市の蓬莱海洋極地世界で誕生の赤ちゃんが元気に生後50日目へ ~ 「疑惑」 はあるのか?
中国・大連生まれの人工哺育の双子の乐乐と静静が今度は成都から武漢へ ~ 多すぎる移動の不可解さ
中国・烟台市の蓬莱海洋極地世界で誕生の赤ちゃんが元気に生後三か月が経過
中国・烟台市の蓬莱海洋極地世界の赤ちゃん・元元の生後100日目のお祝い
中国・天津市の天津海昌極地海洋世界でホッキョクグマの双子の赤ちゃん誕生!
中国・天津市の天津海昌極地海洋世界で誕生したホッキョクグマの人工哺育の双子の赤ちゃんが一般公開
中国・天津市の極地海洋世界の赤ちゃんと大連市の極地海洋館の赤ちゃんとの奇妙な外形上の類似点
中国・天津市の天津海昌極地海洋世界で誕生の双子の赤ちゃんの名前が「晶晶」と「薇薇」に決定
中国・烟台市の蓬莱海洋極地世界の赤ちゃん、順調に生後半年が経過 ~ ホッキョクグマ以外の血はあるか?
中国・烟台市の蓬莱海洋極地世界の赤ちゃん元元が公開へ ~ 中国で増加するハイブリッド展示上の問題点
中国・浙江省杭州市の極地海洋公園のハイブリッド ~ 奇々怪々とした中国民間施設でのハイブリッドの存在
中国・大連市の大連森林動物園でホッキョクグマの赤ちゃん誕生!
中国・大連市、大連森林動物園の赤ちゃん、梦想が一般公開となる ~ 消えた両親の謎
秋田県が購入断念の「幻の東欧の個体」、突然中国にその姿を現す!
中国に突然現れた「幻の東欧の個体」はヒグマとの混血か? ~ 深まる謎
中国・天津市の天津海昌極地海洋世界の薇薇が大連市・老虎灘海洋公園の極地海洋動物館へ
中国・大連市、老虎灘海洋公園の極地海洋動物館で宝宝と薇薇の同居が開始 ~ 全体像が掴めぬ中国の状況
(*以下、大連市、老虎灘海洋公園の極地海洋動物館訪問記)
大連・老虎灘海洋公園の極地海洋動物館 ~ 遂に謎の赤ちゃんとの対面へ!
大連の「異形」の赤ちゃんは 「ホッキョクグマの毛皮をまとったヒグマの赤ちゃん」 だった!
by polarbearmaniac | 2013-09-04 01:30 | Polarbearology

カテゴリ

全体
Polarbearology
しろくま紀行
異国旅日記
動物園一般
Daily memorabilia
倭国旅日記
しろくまの写真撮影
旅の風景
幻のクーニャ
エッセイ、コラム
街角にて
未分類

最新の記事

フィンランド・ラヌア動物園の..
at 2017-04-28 02:00
アメリカ・コロンバス動物園の..
at 2017-04-27 11:00
ロシア極東・沿海州、ハバロフ..
at 2017-04-27 00:30
チェコ・ブルノ動物園の一歳半..
at 2017-04-26 00:30
ベルリン動物園 (Zoo B..
at 2017-04-25 00:30
モスクワ動物園の二歳半の雄(..
at 2017-04-24 01:30
ロシア・西シベリア、ボリシェ..
at 2017-04-24 00:30
オランダ・ヌエネン、「動物帝..
at 2017-04-23 00:30
ベルリン動物公園で死亡した赤..
at 2017-04-22 01:00
ロシア・シベリア中部、クラス..
at 2017-04-22 00:30

以前の記事

2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月

検索

ブログパーツ

  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。

ライフログ


人生と運命 1


スターリン―青春と革命の時代


モスクワは本のゆりかご


私のモスクワ、心の記憶


自壊する帝国 (新潮文庫)


甦るロシア帝国 (文春文庫)


嘘つきアーニャの真っ赤な真実 (角川文庫)


ロシア 春のソナタ、秋のワルツ-1999-21st


それからのエリス いま明らかになる鴎外「舞姫」の面影


ミチコ・タナカ 男たちへの讃歌 (新潮文庫)


わがユダヤ・ドイツ・ポーランド―マルセル・ライヒ=ラニツキ自伝


ベルリン戦争 (朝日選書)


Hof――ベルリンの記憶


カチンの森――ポーランド指導階級の抹殺


北京烈烈―文化大革命とは何であったか (講談社学術文庫)


慟哭の通州――昭和十二年夏の虐殺事件


主題と変奏―ブルーノ・ワルター回想録 (1965年)


藤田嗣治 異邦人の生涯


Barle's Story: One Polar Bear's Amazing Recovery from Life As a Circus Act


Hotel Adlon: Das Berliner Hotel, in dem die grosse Welt zu Gast war


Ein seltsamer Mann


Alma Rose: Vienna to Auschwitz


St Petersburg: A Cultural History


Gulag


The Guest from the Future: Anna Akhmatova and Isaiah Berlin