街、雲、それからホッキョクグマ ~ Polarbearology & conjectaneum


by polarbearmaniac

プロフィールを見る

アルゼンチン・メンドーサ動物園のアルトゥーロのカナダ移送に現実味 ~ カナダ側の獣医チーム受け入れ

a0151913_2304229.jpg
アルトゥーロ Photo(C)Javier Cusimano/Diario Uno

南米アルゼンチンにおける飼育下唯一のホッキョクグマであるメンドーサ市の動物園で飼育されている27歳のアルトゥーロ (Arturo) について地元の動物保護活動グループが、彼をメンドーサの動物園から別のもっと環境の良い場所に移送することを要求して署名活動を行ったりメンドーサ州政府に彼の移送を求めたりする運動を行い、またカナダ・マニトバ州ウィニペグのアシニボイン公園動物園内のホッキョクグマ保護・厚生センター(The International Polar Bear Conservation Centre) がこのアルトゥーロを受け入れる意向を示して州政府と交渉したりしている件については逐次ご紹介してきましたので過去関連投稿をご参照下さい。
a0151913_325084.jpg
Photo(C)JornadaOnline

このアルトゥーロのカナダへの移送要求問題についてアルゼンチン政府のサンドメニ社会開発環境相 (‎Secretario de Desarrollo Social y Medio Ambiente) は、カナダのアシニボイン公園動物園の獣医スタッフがアルトゥーロのカナダへの移送が可能であるかどうかを判断するためにメンドーサ動物園を訪問することを受け入れるという意向を明らかにしたそうです。 数か月前にはこのカナダからの獣医チームの受け入れをメンドーサ動物園は拒否したわけですが、今回は国内の動物園を所管としているアルゼンチン政府の社会開発環境省の大臣がその受け入れを認めたわけで、メンドーサ動物園としては頭越しの意向表明に非常に困惑しているようで、園長さんは「カナダからの獣医チームを受け入れることが、そのまま即アルトゥーロのカナダへの移送を受諾することではない。」 と反発しています。 園長さんはホッキョクグマは高額であり手放せないといったことや、今までもこのアルトゥーロの飼育環境の改善を図ってきたことを具体例を挙げて述べていますが、地元ではあまり評価されていないようで、動物保護活動グループの批判を浴び続けているというのが経緯です。 動物保護活動グループは4万2千人もの署名を集めてアルトゥーロの環境の良い国外の施設への移動を求めているわけで、そこにカナダのアシニボイン動物公園が輸送費を全額負担してアルトゥーロを受け入れても良いと名乗りを上げていたわけで、これはアルトゥーロのカナダ行きは現実味を帯びつつあるようにも感じます。 ここで今年7月のメンドーサ動物園でのアルトゥーロの映像を一つご紹介しておきます。



問題は、メンドーサ動物園が動物保護活動グループの要求に屈する形でアルトゥーロの国外移送を認めることが自己のブライドの失墜につながると感じることが必至だろうということです。 ラテンアメリカの国々ではこうしたプライドというものを非常に重んじるわけで、これが障害になるでしょう。 動物保護活動グループが本当にアルトゥーロをカナダに移動させようと願うなら、これからは少しおとなしくしたほうがよいのではないでしょうか。 声高に要求をし続けることによってメンドーサ動物園の態度を硬化させることは得策ではないように思います。 自分たちの要求をエスカレートさせ、そして動物園にその要求を飲ませることこそに快感を覚え、肝心のアルトゥーロのことについては単なる口実なのだということであれば本末転倒です。 往々にして動物保護活動グループの人々の要求というものはそうした動機に基づいていることが非常に多いわけです。 今回の件で試されているのは動物保護活動グループの活動の真意が本当に動物たちの福祉厚生にあるのかどうかであって、メンドーサ動物園の対応ではないように思います。 私としては、カナダのアシニボイン公園動物園が輸送費まで全額負担すると言っているわけですし、メンドーサ動物園のブライドを傷つけないような形でアルトゥーロの余生をカナダで過ごさせてやりたいという気持ちです。 事態の推移を注意深く見守りたいと思います。

(資料)
JornadaOnline (Sep.9 2013 - Veterinarios de Canadá analizarán al oso Arturo)
Diario Uno (Sep.11 2013 - Veterinarios de Canadá llegarán a Mendoza para ver el estado del Oso Arturo)

(過去関連投稿)
南米アルゼンチン・メンドーサ動物園のペルサ逝く
アルゼンチン・ブエノスアイレス動物園のウィネル、真夏の気温上昇による高熱症で亡くなる
南米アルゼンチン・メンドーサ動物園のアルトゥーロ ~ 同国唯一となったホッキョクグマの健康への配慮
カナダ・アシニボイン公園動物園がアルゼンチン・メンドーサ動物園のアルトゥーロを引き取る交渉を開始
アルゼンチン・メンドーサ動物園がアルトゥーロの引き取りについてのカナダ側の申し出を断る
by polarbearmaniac | 2013-09-12 06:00 | Polarbearology

カテゴリ

全体
Polarbearology
しろくま紀行
異国旅日記
動物園一般
Daily memorabilia
倭国旅日記
しろくまの写真撮影
旅の風景
幻のクーニャ
エッセイ、コラム
街角にて
未分類

最新の記事

フランス・ミュルーズ動物園の..
at 2017-03-26 22:00
ハンガリー・ブダペスト動物園..
at 2017-03-25 21:00
ウクライナ・ムィコラーイウ動..
at 2017-03-25 13:00
ロシア北東部・サハ共和国、ヤ..
at 2017-03-24 15:00
ドイツ・ミュンヘン、ヘラブル..
at 2017-03-23 20:00
男鹿水族館のクルミと豪太のペ..
at 2017-03-22 23:30
ハンガリー・ブダペスト動物園..
at 2017-03-21 20:00
ロシア・ノヴォシビルスク動物..
at 2017-03-21 18:00
ロシア・ノヴォシビルスク市の..
at 2017-03-20 19:00
デンマーク・オールボー動物園..
at 2017-03-19 20:30

以前の記事

2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月

検索

ブログパーツ

  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。

ライフログ


人生と運命 1


スターリン―青春と革命の時代


モスクワは本のゆりかご


私のモスクワ、心の記憶


自壊する帝国 (新潮文庫)


甦るロシア帝国 (文春文庫)


嘘つきアーニャの真っ赤な真実 (角川文庫)


ロシア 春のソナタ、秋のワルツ-1999-21st


それからのエリス いま明らかになる鴎外「舞姫」の面影


ミチコ・タナカ 男たちへの讃歌 (新潮文庫)


わがユダヤ・ドイツ・ポーランド―マルセル・ライヒ=ラニツキ自伝


ベルリン戦争 (朝日選書)


Hof――ベルリンの記憶


カチンの森――ポーランド指導階級の抹殺


北京烈烈―文化大革命とは何であったか (講談社学術文庫)


慟哭の通州――昭和十二年夏の虐殺事件


主題と変奏―ブルーノ・ワルター回想録 (1965年)


藤田嗣治 異邦人の生涯


Barle's Story: One Polar Bear's Amazing Recovery from Life As a Circus Act


Hotel Adlon: Das Berliner Hotel, in dem die grosse Welt zu Gast war


Ein seltsamer Mann


Alma Rose: Vienna to Auschwitz


St Petersburg: A Cultural History


Gulag


The Guest from the Future: Anna Akhmatova and Isaiah Berlin