街、雲、それからホッキョクグマ ~ Polarbearology & conjectaneum


by polarbearmaniac

プロフィールを見る

モスクワ動物園のシモーナお母さんの三つ子の一頭の雌がウクライナ・ムィコラーイウ動物園に移動へ

a0151913_14302083.jpg
モスクワ動物園の三つ子のうち、雌の「甘えっ子ちゃん」 
(2012年9月22日撮影 於 モスクワ動物園)

モスクワ動物園で一昨年2011年11月にシモーナお母さんから誕生した三つ子のうちの雌の一頭(つまり私の呼び方では「甘えっこちゃん」)が、ウクライナの黒海に近いムィコラーイウ (Миколаїв、*ソ連時代のウクライナで公用語だったロシア語ではニコラーエフ / Николаев) 市のムィコラーイウ動物園 (Миколаївський зоопарк) に移動することが決定しました。 
a0151913_23245443.jpg
ウクライナの報道が伝えるムィコラーイウ市のヴラディーミル・コレニュギン市長が一昨日11日に行った記者会見の内容によりますと、長年モスクワ動物園とホッキョクグマの入手について交渉してきたムィコラーイウ市は、このたびモスクワ動物園との合意が成立し、年内に雌の2歳になる幼年個体をムィコラーイウ市に引き渡すということで契約が取り交わされたとのことです。 契約は「条件付無償契約」であり (ロシア語の “Условия договора кабальные, не по деньгам” をそう訳しておきます)、付された条件は、この雌のホッキョクグマが産んだ子供の所有権は全てモスクワ動物園に帰属するという、これはかなり厳しい条件の契約のようですが、ムィコラーイウ市はどうしても動物園でホッキョクグマの飼育を復活させたいという熱意から、この条件を受け入れたようです。 ムィコラーイウ動物園は早ければ11月にこの雌の幼年個体を受け入れる意向だそうです。 
a0151913_1242131.jpg
記者会見するコレニュギン市長 Photo(C)НикВести
a0151913_1433030.jpg
モスクワ動物園の三つ子のうち、雌の「甘えっ子ちゃん」 
(2012年9月23日撮影 於 モスクワ動物園)

実はこの件については6月末の投稿である「ロシア・西シベリア、ノヴォシビルスク動物園にモスクワ動物園から雄の幼年個体が到着 ~ 謎と暗黒の闇」 においてムィコラーイウ動物園がモスクワ動物園から雌のホッキョクグマを導入したいと交渉していることを御紹介していましたが、やはりその交渉がまとまったということになるのだと思います。 そしてこの2歳になろうという雌の幼年個体は、モスクワ動物園で一昨年4頭誕生している赤ちゃんたちのうちで唯一の雌であるシモーナお母さんの産んだ三つ子の一頭、すなわち「甘えっ子ちゃん」ということになるわけです。 モスクワ動物園の三つ子のうち、すでに雄の一頭であるヴァロージャ (Володя) は先日、旧東ベルリンのベルリン動物公園に移動し、そして公開された件は「ベルリン動物公園でモスクワ動物園生まれのシモーナの三つ子の一頭、ヴァロージャが一般公開される」という投稿でご紹介しています。この下の映像は私が2012年の3月31日にモスクワ動物園で撮ったものですが、最初に右端のシモーナお母さんの体の下にいるのがこの「甘えっ子ちゃん」です。 後半で今度は「慎重派ちゃん」がお母さんの体の下に入りますが、おそらくこれが先日ベルリン動物公園に移動したヴァロージャではないかと思っています。



ムィコラーイウ市のコレニュギン市長は今度は彼女のパートナーを探したいという意向だそうですが、ロシアの極北で孤児となって保護される雄の個体あたりを狙おうということであるならばそれは無理です。 何故なら、かつてのソ連時代であれば連邦政府の自然管理局 (RPN) がそういった個体を供給することは可能でしたが現在はウクライナはロシアと別の国でありロシアの自然管理局 (RPN) はロシア国外の動物園にそういった野生孤児個体を配置するということはやらないからです。 となればこの雌の「甘えっこちゃん」、将来のパートナー獲得には大きなハンディを背負っているように思います。 相当に心配な気がします。
a0151913_23285145.jpg
ムィコラーイウ動物園正面 Photo(C)Мій дім Україна

さて、このウクライナのムィコラーイウ動物園ですが、ホッキョクグマ飼育の歴史は1958年に始まったそうで、数年前にホッキョクグマが全て亡くなってしまったために現在ではホッキョクグマの飼育は行われていません。 その飼育の歴史の中でアイカというホッキョクグマの件については「ホッキョクグマ・アイカ と レディン一家の物語 ~ 愛情の日々、そして悲劇的な終末へ」という投稿でご紹介していました。 このアイカはもちろん、現在あのベルリン動物公園で余生を送っているアイカ(鹿児島のホクトの母親)とは別のホッキョクグマです。 以前にこのムィコラーイウ動物園で飼育されていたホッキョクグマの姿をまたご紹介しておきます。 最初の一枚は撮影された年は不明ですが1990年代ではないかと思われます。 二枚目は2003年10月、三枚目は2005年7月の写真ですが写っているのは雄の一頭だけです。 飼育環境のほうはあまり良くないですね。
a0151913_14341887.jpg
Photo(C)doroga.ua
a0151913_14343264.jpg
a0151913_14345399.jpg
Photo(C)«Города Украины в улицах и лицах»

さて、この甘えっ子ちゃんがウクライナに移動する前に私は彼女にモスクワで再会しようと考えています。

(資料)
Взгляд.UA (Sep.13 2013 - Белая медведица спешит в Николаев)
Сайт города Николаева (Sep.12 2013 - В Николаевском зоопарке поселится молодая белая медведица из Москвы)
Mukola.net (Sep.11 2013 - В Николаевском зоопарке уже до конца года появится белая медведица)
mk.mk.ua (Jun.18 2013 - Николаевский зоопарк: 112 лет без выходных)
Дорога.УА (Николаевский зоопарк)
Правила для Авторов Блога «Народная Mukола» (Oct.6 2009 - Правила для Авторов Блога «Народная Mukола»)
Город Николаев » Фотогалереи » История и достопримечательности города » (Николаевский зоопарк)
НикВести (Sep.13 2013 - Этой осенью коллекцию николаевского зоопарка пополнит белая медведица)

(過去関連投稿)
モスクワ動物園でホッキョクグマの赤ちゃん誕生! ~ 繁殖実績世界一の貫録を見せつける
モスクワ動物園の広報担当者、ホッキョクグマの赤ちゃん誕生を認める ~ ウランゲリ、また父親となる
モスクワ動物園がホッキョクグマの赤ちゃん4頭の誕生を正式発表 ~ シモーナ、遂に三つ子を出産 !?
モスクワ動物園で誕生の三つ子の赤ちゃん、初めて戸外に登場!
モスクワ動物園で誕生の三つ子の赤ちゃん、戸外で過ごす時間が次第に増える
モスクワ動物園で誕生の三つ子の赤ちゃん、活動範囲が徐々に拡大する ~ 性別への憶測
モスクワ動物園で誕生の三つ子の赤ちゃん、戸外で元気に活動を拡大
モスクワ動物園の三つ子の赤ちゃんたちの近況
モスクワ動物園の三つ子ちゃん、依然としてモスクワに留まる ~ 彼らの行く先に日本はあるか?
モスクワ動物園の一歳半の三つ子ちゃんの近況 ~ 同園でのホッキョクグマ一頭あたりの飼料費は?
ドイツ・ベルリン動物公園のトーニャのパートナーとしてモスクワから到着した「謎の幼年個体」の正体は?
ベルリン動物公園のトーニャと「謎の幼年個体」との間の繁殖は姉弟間の近親交配との大きな批判起きる
ベルリン動物公園の担当者、ドイツ国内の「近親交配批判」に反論 ~ “Errare humanum est...”
ベルリン動物公園でモスクワ動物園生まれのシモーナの三つ子の一頭、ヴァロージャが一般公開される
ホッキョクグマ・アイカ と レディン一家の物語 ~ 愛情の日々、そして悲劇的な終末へ

(*2012年3月、9月 モスクワ動物園訪問記)
モスクワ動物園の三つ子ちゃん、はじめまして!
三つ子の世話はシモーナお母さんにとっても大仕事 ~ 3頭の性格の違いは?
小雪降るモスクワ動物園 ~ 三つ子ちゃん元気に遊ぶ
モスクワ動物園の三つ子ちゃん、その多彩な表情
みぞれ混りの雪が降り続いたモスクワ動物園 ~ 長時間のお昼寝の後の三つ子ちゃん
シモーナお母さん、その絶頂期の輝きに満ちた母親像
冷雨のモスクワ動物園、ホッキョクグマ一家の情景
モスクワ動物園の三つ子ちゃんの元気一杯の土曜日
シモーナお母さんと三つ子ちゃん,その多彩な表情 ~ 三つ子の撮影の難しさは予想以上だった!
モスクワ動物園の三つ子ちゃんとの半年振りの再会 ~ シモーナお母さん、育児に大奮闘中
シモーナお母さんと三つ子の子供たちの姿 ~ 今日 (9月20日) のアルバムより ~ 主役たちの魅力
シモーナお母さんと三つ子の子供たちの姿 ~ 今日 (9月21日) のアルバムより ~ 多彩な表情
シモーナお母さんと三つ子の子供たちの姿 ~ 今日 (9月22日) のアルバムより ~ 行動の力学
シモーナお母さんと三つ子の子供たちの姿 ~ 今日 (9月23日) のアルバムより ~ お元気で!
by polarbearmaniac | 2013-09-13 15:00 | Polarbearology

カテゴリ

全体
Polarbearology
しろくま紀行
異国旅日記
動物園一般
Daily memorabilia
倭国旅日記
しろくまの写真撮影
旅の風景
幻のクーニャ
エッセイ、コラム
街角にて
未分類

最新の記事

チェコ・ブルノ動物園のノリア..
at 2017-12-18 17:30
アメリカ・シンシナティ動物園..
at 2017-12-18 00:30
アラスカ最北部のバロー(ユト..
at 2017-12-17 06:00
イギリスのヨークシャー野生動..
at 2017-12-17 01:00
ロシア・ペンザ動物園のベルィ..
at 2017-12-17 00:15
ロシア・イジェフスク動物園の..
at 2017-12-16 00:30
アメリカ・フィラデルフィア動..
at 2017-12-15 15:30
ロシア・イジェフスク動物園で..
at 2017-12-14 22:30
ベルリン動物公園で誕生の赤ち..
at 2017-12-14 20:30
ドイツ・ハノーファー動物園の..
at 2017-12-14 20:00

以前の記事

2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月

検索

ブログパーツ

  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。

ライフログ


人生と運命 1


スターリン―青春と革命の時代


モスクワは本のゆりかご


私のモスクワ、心の記憶


自壊する帝国 (新潮文庫)


甦るロシア帝国 (文春文庫)


嘘つきアーニャの真っ赤な真実 (角川文庫)


ロシア 春のソナタ、秋のワルツ-1999-21st


それからのエリス いま明らかになる鴎外「舞姫」の面影


ミチコ・タナカ 男たちへの讃歌 (新潮文庫)


わがユダヤ・ドイツ・ポーランド―マルセル・ライヒ=ラニツキ自伝


ベルリン戦争 (朝日選書)


Hof――ベルリンの記憶


カチンの森――ポーランド指導階級の抹殺


北京烈烈―文化大革命とは何であったか (講談社学術文庫)


慟哭の通州――昭和十二年夏の虐殺事件


主題と変奏―ブルーノ・ワルター回想録 (1965年)


藤田嗣治 異邦人の生涯


Barle's Story: One Polar Bear's Amazing Recovery from Life As a Circus Act


Lenin's Tomb: The Last Days of the Soviet Empire


Resurrection: The Struggle for a New Russia


Hotel Adlon: Das Berliner Hotel, in dem die grosse Welt zu Gast war


Ein seltsamer Mann


Alma Rose: Vienna to Auschwitz


St Petersburg: A Cultural History


Gulag