街、雲、それからホッキョクグマ ~ Polarbearology & conjectaneum


by polarbearmaniac

プロフィールを見る

ロシア・ペルミ動物園におけるセリクとユムカの近況 ~ テルペイがロストフ動物園に移動か?

a0151913_1255598.jpg
ユムカ Photo(C)Телекомпания «Рифей - Пермь»

ロシア極北のカラ海に面したヤマロ・ネネツ自治管区のベルイ島で孤児として保護されペルミ動物園に送られたセリク、そしてそのセリクの将来のパートナーとしてカザン市動物園から10月2日にペルミ動物園に到着したユムカの2頭については先日のロシア旅行で会ってきたばかりですが、さらにペルミ動物園でのその後の様子が報じられています。 まずこの2頭の最新の様子を映像でご紹介しておきます。最初の映像では冒頭に登場しているのはアンデルマです。格子から鼻を突きだしているのがユムカです。







セリクはまだまだユムカを恐れているようです。 さて、ちょっと気になることが報道されているのですが、それはこの小さなペルミ動物園でホッキョクグマ4頭の飼育は無理なので雄の成獣(つまりテルペイのことですね)をロストフ・ナ・ドヌ (Ростов-на-Дону) の動物園に移動させることをペルミ動物園は考えているようです。 結局こうして野生個体を新たに飼育することになっても、もともと飼育しているホッキョクグマがそれが理由で追い出されてしまうことになるのは残念です。 テルペイはいい奴で私は大好きなのです。 彼が日本に来てくれたらよいと私は考えていますが、そのテルペイも野生孤児個体なわけでペルミ動物園が連邦政府の自然管理局 (RPN) からの指示で飼育しているわけでロシア国外への移動は難しいでしょう。 そもそもペルミ動物園は自ら自然管理局 (RPN)に対して手を挙げてテルペイを入手・保護したわけで、それがこういう結果になるというのも結局テルペイに適当なパートナーを用意できなかったからです。 なかなか難しいものです。 ロストフ・ナ・ドヌの動物園にはサーカス出身のホッキョクグマであるイョシが飼育されていますしホッキョクグマ飼育展示場も改装されたそうですからペルミ動物園よりも快適かもしれません。 こうなると私はロストフ・ナ・ドヌの動物園にも行かなくてはならないですね。

(資料)
Вести. Ямал (Oct. 7 2013 - Ямальский мишка с острова Белый теперь не одинок! )
Общественное телевидение России (Oct.8 2013 - Медвежонку в пермском зоопарке привезли подругу из Казани)
ГТРК Пермь (Oct.7 2013 - Невеста для белого медвежонка оказалась в два раза больше жениха)
Т7-Информ (Oct.7 2013 - Пермский белый медвежонок встретил подругу Миледи неласково)

(過去関連投稿)
*ユムカ関連
ロシア連邦 ・タタールスタン共和国、カザン市動物園でホッキョクグマの赤ちゃん誕生!
ロシア連邦 ・タタールスタン共和国、カザン市動物園で誕生の赤ちゃんの命名について同動物園が告知
ロシア連邦 ・タタールスタン共和国、カザン市動物園の赤ちゃん命名のイベントは悪天候で延期となる
ロシア連邦 ・タタールスタン共和国、カザン市動物園の赤ちゃんの命名は最終的にネット投票へ
ロシア連邦 ・タタールスタン共和国、カザン市動物園の雌の赤ちゃんの名前が 「ユムカ 」 に決定!
ロシア連邦・タタールスタン共和国、カザン市動物園のユムカは順調に生後7か月が経過
ロシア・カザン市動物園のユムカのペルミ動物園への移動の日が迫る  ~ お別れ会が開催の予定
ロシア・カザン市動物園のユムカが来週ペルミ動物園へ移動 ~ 日曜日のお別れ会開催の告知
ロシア・タタールスタン共和国、カザン市動物園のユムカがペルミ動物園に無事到着
*2013年カザン市動物園訪問記
シャリアピンパレスからカザン市動物園へ ~ 別れの時が迫ったマレイシュカとユムカの母娘の姿
偉大なる男ユーコン、中年男の持ついぶし銀の魅力
マレイシュカお母さんの性格と母性
ユムカの性格と素顔 ~ カザンに初雪の降った日...そして別れ
*セリク関連
ロシア極北、カラ海のベルイ島で前脚をケガをして動けなくなっていたホッキョクグマの赤ちゃんが保護される
ロシア極北、カラ海のベルイ島で保護された赤ちゃんはセリクと命名され、ペルミ動物園での飼育が決定
ロシア極北のベルイ島で保護されたセリクがペルミ動物園に到着 ~ 10月にカザンからユムカも来園予定
ロシア極北のベルイ島で密漁者の銃撃により負傷し保護されたセリク、ペルミ動物園で報道陣に公開される
ロシア極北で負傷、ペルミ動物園で保護されたセリクについて ~ ロシアでの野生孤児の個体保護の問題点
ペルミ動物園で保護されている野生孤児セリクの素顔 ~ まだ順応できない環境の激変
by polarbearmaniac | 2013-10-10 12:00 | Polarbearology

カテゴリ

全体
Polarbearology
しろくま紀行
異国旅日記
動物園一般
Daily memorabilia
倭国旅日記
しろくまの写真撮影
旅の風景
幻のクーニャ
エッセイ、コラム
街角にて
未分類

最新の記事

ハンガリー・ブダペスト動物園..
at 2017-03-25 21:00
ウクライナ・ムィコラーイウ動..
at 2017-03-25 13:00
ロシア北東部・サハ共和国、ヤ..
at 2017-03-24 15:00
ドイツ・ミュンヘン、ヘラブル..
at 2017-03-23 20:00
男鹿水族館のクルミと豪太のペ..
at 2017-03-22 23:30
ハンガリー・ブダペスト動物園..
at 2017-03-21 20:00
ロシア・ノヴォシビルスク動物..
at 2017-03-21 18:00
ロシア・ノヴォシビルスク市の..
at 2017-03-20 19:00
デンマーク・オールボー動物園..
at 2017-03-19 20:30
チェコ・ブルノ動物園の「国際..
at 2017-03-19 00:30

以前の記事

2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月

検索

ブログパーツ

  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。

ライフログ


人生と運命 1


スターリン―青春と革命の時代


モスクワは本のゆりかご


私のモスクワ、心の記憶


自壊する帝国 (新潮文庫)


甦るロシア帝国 (文春文庫)


嘘つきアーニャの真っ赤な真実 (角川文庫)


ロシア 春のソナタ、秋のワルツ-1999-21st


それからのエリス いま明らかになる鴎外「舞姫」の面影


ミチコ・タナカ 男たちへの讃歌 (新潮文庫)


わがユダヤ・ドイツ・ポーランド―マルセル・ライヒ=ラニツキ自伝


ベルリン戦争 (朝日選書)


Hof――ベルリンの記憶


カチンの森――ポーランド指導階級の抹殺


北京烈烈―文化大革命とは何であったか (講談社学術文庫)


慟哭の通州――昭和十二年夏の虐殺事件


主題と変奏―ブルーノ・ワルター回想録 (1965年)


藤田嗣治 異邦人の生涯


Barle's Story: One Polar Bear's Amazing Recovery from Life As a Circus Act


Hotel Adlon: Das Berliner Hotel, in dem die grosse Welt zu Gast war


Ein seltsamer Mann


Alma Rose: Vienna to Auschwitz


St Petersburg: A Cultural History


Gulag


The Guest from the Future: Anna Akhmatova and Isaiah Berlin