街、雲、それからホッキョクグマ ~ Polarbearology & conjectaneum


by polarbearmaniac

プロフィールを見る

ロシア・クラスノヤルスク動物園がフェリックスの園内移動に3週間も費やす ~ ロシア人の大陸的な悠長さ

a0151913_21463564.jpg
フェリックス Photo(C)Красноярский зоопарк

ここのところロシア・シベリア中部の都市であるクラスノヤルスクの動物園の情報を追い、そして投稿しています。 先月、「ロシア・シベリア中部、クラスノヤルスク動物園の野生出身の新ペアの繁殖への期待 ~ 日本は果実を狙え」 という投稿を行っていますので是非それを最初に再びご参照いただきたいのですが、このクラスノヤルスクの動物園からセードフ司令官がスタロースコルィスク動物園に移動してしまったため現在このクラスノヤルスクの動物園で飼育されているのは3歳の雌のオーロラ(本名はヴィクトリア)と7歳の雄のフェリックスの共に野生出身の2頭です。 この2頭の間の繁殖が期待されているわけですが雌のオーロラが繁殖可能な年齢に達するまでにあと2~3年かかるわけで、それまでは注意深くこの両者の相性を見定めておき、そしてその後に同居させようという方針です。
a0151913_2152093.jpg
「フェリックス園内移動作戦」の担当スタッフと園長さん
Photo(C)Красноярский зоопарк

ホッキョクグマの繁殖というのはやはりロシアの動物園、特に地方都市の動物園にあっても実現が期待されているわけですし、動物園にとっても非常にやりがいのある仕事ですが、そのためには人間の側で可能な限り環境を整えてやりたいということです。 今回はまずフェリックスをオーロラの展示場の隣のプールのある展示場に移動させることをせねばならず、そのために移動用のケージにフェリックスを収容する必要があるわけです。 要するに園内移動というわけです。 ところが、これは多くの類似のケースと同様にホッキョクグマは非常に警戒してなかなか移動用のケージに入ってくれないわけです。 クラスノヤルスク動物園では毎日、朝から夕方まで職員さんが交代で張り付いてフェリックスの様子を観察したそうで、まず移動用のケージの中に鮭などの好物を入れて彼が完全に中に入った時に扉を閉めてロックしようということなのですが、最初の一週間はフェリックスは警戒して好物があっても顔だけ中に入れただけで結局彼はそれにはひっかからなかったわけでした。
a0151913_21482447.jpg
フェリックス Photo(C)Красноярский зоопарк

二週目になると彼は体をケージの中に入れたものの、必ず後脚一本を外に残している状態で、これでは扉を閉めることはできません。 三週目になった時のことでした。 フェリックスがとうとう四足ともケージの中に入れた一瞬の隙に職員さんは扉を閉じてケージをロックしたというわけでした。 この三週間の間というものの、職員さんが交替で付きっ切りでその場所に張り付いていてこのチャンスを狙っていたということです。 なんとも粘り強い話で、いかにもロシア人らしい大陸的な悠長さが感じられます。 麻酔使用などは眼中にもなかったということですね。
a0151913_21511851.jpg
移動終了後のフェリックス Photo(C)Красноярский зоопарк

さて、こうしてフェリックスはようやくオーロラのいる場所の隣のプールのある展示場に移動しました。そのフェリックスがプールに入る姿をご紹介しておきます。



(資料)
vk "Роев ручей" Красноярский зоопарк (Sep.26 2013 - "Занимательная история о том, как мы перемещали упрямого белого медведя")
НГС.НОВОСТИ Красноярск(Sep.27 2013 - Белого медведя перевели в новый вольер поближе к невесте)
ИА "PRESS-LINE" (Sep.26 2013 - В "Роевом ручье" белый медведь Феликс переехал поближе к невесте)

(過去関連投稿)
(*オーロラ関連)
ロシア極北・タイミール半島でホッキョクグマの2頭の赤ちゃんを保護!
ロシア・タイミール半島で保護された赤ちゃん孤児の続報
ロシア・クラスノヤルスク動物園の2頭の赤ちゃん孤児、同市に留まり同居の継続が決定!
ロシア・クラスノヤルスク動物園で暮らすタイミール半島で保護された双子の孤児の名前が決まる
ロシア・ウドムルト共和国のイジェフスク動物園 ~ 「さすらいのホッキョクグマ」ピムの安住の地となるか
モスクワ動物園がカザン市動物園に1頭のホッキョクグマを贈与 ~ 帰属意識と権利関係の狭間で
ロシア・クラスノヤルスク動物園で保護の双子の孤児に別れの時来る ~ オーロラがイジェフスク動物園へ
(*フェリックス関連)
ロシア・クラスノヤルスク動物園の2頭の伊達男たち ~ 華麗なる独身生活を謳歌?
ロシア・クラスノヤルスク動物園のプール開き
ロシア・クラスノヤルスク動物園の夏の始まり ~ プールを雌2頭に占領されてしまったセードフ司令官閣下
ロシア・シベリア中部、クラスノヤルスク動物園のプール開き
ロシア・シベリア中部のクラスノヤルスク動物園のセードフ司令官の10歳のお誕生会 ~ 行方不明の兄弟たち
ロシア・シベリア中部、クラスノヤルスク動物園のセードフ司令官の希望無き恋 ~ 野生出身の雌は高嶺の花
ロシア・シベリア中部、クラスノヤルスク動物園の野生出身の新ペアの繁殖への期待 ~ 日本は果実を狙え
(*セードフ司令官関連)
ロシアの氷上サーカス団でスケート演技をするラパに遂に引退の日来る ~ スタロースコルィスク動物園へ
ロシア・シベリア中部、クラスノヤルスク動物園のセードフ司令官が今週末に同園を出発し新天地へ
ロシア・シベリア中部 クラスノヤルスク動物園のセードフ司令官が同園を出発し、五千キロの移動の旅へ
ロシア・クラスノヤルスク動物園のセードフ司令官が陸路5日間で無事にスタロースコルィスク動物園に到着
ロシア西部、スタロースコルィスク動物園でのラパとセードフ司令官の近況 ~ ラパの健康状態への危惧
ロシア西部、スタールイ・オスコル市のスタロースコルィスク動物園で、ラパとセードフ司令官の同居が始まる
by polarbearmaniac | 2013-10-19 01:00 | Polarbearology

カテゴリ

全体
Polarbearology
しろくま紀行
異国旅日記
動物園一般
Daily memorabilia
倭国旅日記
しろくまの写真撮影
旅の風景
幻のクーニャ
エッセイ、コラム
街角にて
未分類

最新の記事

ロシア・西シベリア、セヴェル..
at 2017-06-22 23:00
ロシア・中部シベリアに記録的..
at 2017-06-21 18:30
アメリカ・フィラデルフィア動..
at 2017-06-20 23:50
デンマーク・オールボー動物園..
at 2017-06-19 22:00
オーストラリア・ゴールドコー..
at 2017-06-19 20:30
モスクワ動物園・ヴォロコラム..
at 2017-06-18 21:00
フランス・ミュルーズ動物園の..
at 2017-06-17 23:00
エストニア・タリン動物園の雄..
at 2017-06-16 23:55
ロシア・西シベリア、ボリシェ..
at 2017-06-15 23:55
ロシア・ウラル地方 ペルミ動..
at 2017-06-14 23:55

以前の記事

2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月

検索

ブログパーツ

  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。

ライフログ


人生と運命 1


スターリン―青春と革命の時代


モスクワは本のゆりかご


私のモスクワ、心の記憶


自壊する帝国 (新潮文庫)


甦るロシア帝国 (文春文庫)


嘘つきアーニャの真っ赤な真実 (角川文庫)


ロシア 春のソナタ、秋のワルツ-1999-21st


それからのエリス いま明らかになる鴎外「舞姫」の面影


ミチコ・タナカ 男たちへの讃歌 (新潮文庫)


わがユダヤ・ドイツ・ポーランド―マルセル・ライヒ=ラニツキ自伝


ベルリン戦争 (朝日選書)


Hof――ベルリンの記憶


カチンの森――ポーランド指導階級の抹殺


北京烈烈―文化大革命とは何であったか (講談社学術文庫)


慟哭の通州――昭和十二年夏の虐殺事件


主題と変奏―ブルーノ・ワルター回想録 (1965年)


藤田嗣治 異邦人の生涯


Barle's Story: One Polar Bear's Amazing Recovery from Life As a Circus Act


Hotel Adlon: Das Berliner Hotel, in dem die grosse Welt zu Gast war


Ein seltsamer Mann


Alma Rose: Vienna to Auschwitz


St Petersburg: A Cultural History


Gulag


The Guest from the Future: Anna Akhmatova and Isaiah Berlin