街、雲、それからホッキョクグマ ~ Polarbearology & conjectaneum


by polarbearmaniac

プロフィールを見る

ロシア・シベリア北東部、ヤクーツク動物園でのコルィマーナとロモノーソフの順調な成長

a0151913_2463762.jpg
コルィマーナとロモノーソフ Photo(C)Алексей КУРИЛО/SakhaNews

昨年の4月にロシア極北の東シベリア海の孤島で孤児となっていたところをWWFロシアとヤクート自然保護省の調査官によって保護されヤクーツク動物園に送られた雌のコルィマーナ、そしてサンクトペテルブルクのレニングラード動物園で一昨年11月にウスラーダお母さんの15番目の子供として生まれ昨年暮れにヤクーツクに移動してきた雄のロモノーソフ、この2頭は現在ロシア連邦のサハ共和国の首都であるヤクーツク動物園で一緒に暮らしています。 このコルィマーナとロモノーソフについては昨年かなりの数の投稿をしていますのでご参照いただければ幸いです。
a0151913_2562340.jpg
ロモノーソフとコルィマーナ Photo(C)Новый Регион – Якутия

今年の3月初旬にヤクーツク動物園にホッキョクグマ展示場がオープンし、そしてその時に初めてコルィマーナとロモノーソフが初顔合わせで同時に展示場に登場し、そして大変相性のよいところを見せてくれたことはすでに 「ロシア・シベリア北東部、ヤクーツク動物園の新飼育展示場でのコルィマーナとロモノーソフの同居の様子」 という投稿に書いていますが、その後もう半年が経過しこの2頭の様子を投稿していませんでした。場所が場所だけに現地からの情報は少ないわけですが、それでもいくつかの報道と断片的な情報をつなぎあわせると非常に仲の良いペアになっていることがわかります。 ここで復習も兼ねて今年3月のヤクーツク動物園のホッキョクグマ飼育展示場のオープン、そしてそこでのコルィマーナとロモノーソフの様子、及びコルィマーナが野生孤児で保護された直後の様子、ロモノーソフがレニングラード動物園であの偉大な母であるウスラーダと暮らしていた頃の様子などをまとめたロシアのTVニュースを見ておきましょう。 音声がonですと臨場感があります。



(*後記 - 10月23日付けでサンクトペテルブルクのTV局であるТелерадиокомпания «Петербург» がヤクーツク動物園における最近のコルィマーナとロモノーソフの様子をニュースを報じています。 その映像をご紹介しておきます。)



野生孤児だったコルィマーナはヤクーツク動物園に慣れた頃からなかなか好奇心にあふれていたそうですが、まもなく2歳となる現在でも遊び好きな性格は変わらず、雄のロモノーソフに対しては展示場で主導権を握っているようで、自らいろいろと動き回って来園者の反応を見ることが好きだそうです。 動きの多いコルィマーナに対してロモノーソフは守勢にまわっているといった感じのようです。 このヤクーツク動物園の展示場は広く、1200平方メートルあるそうで2頭も伸び伸びと動き回っているようですね。 しかしヤクーツク動物園はおもちゃを与えていなかったようで、来園者が誤って展示場に落としたiPad を見つけたコルィマーナは珍しがってそれを3日間もおもちゃにしていたそうです。 3日間もホッキョクグマにおもちゃにされたiPad がどうなったかは報道されていません。 ドイツの方からボールのプレゼントがあったときにはこの2頭は夢中でそれで遊んでいたようで、それを見ていたヤクーツク動物園の担当者は、やはりおもちゃの重要性に気が付いたようで、一般の来園者に対してそういったおもちゃになるようなものの差し入れがあれば喜んで受け入れたいと話しています。 
a0151913_2595535.jpg
コルィマーナ Photo(C)Якутия. Инфо

コルィマーナにはこの動物園でヤクーチヤ航空というスポンサーの会社があるわけで、同社よりいろいろと食べ物の差し入れがあるそうですが、コルィマーナはそれを独り占めにはせずロモノーソフと一緒に仲良く食べているそうです。 野生孤児として保護されたコルィマーナは、こうして動物園で見事に一頭のホッキョクグマとして「復活・再生」したということです。
a0151913_2525481.jpg
コルィマーナ Photo(C)Алексей КУРИЛО/SakhaNews

このヤクーツク動物園は今までホッキョクグマの飼育経験がなかったものの、昨年初めて野生孤児であるコルィマーナを受け入れて飼育し、そしてサハ共和国もこの動物園においてホッキョクグマの飼育展示を行うことに積極的であり、新しい飼育展示場を早速建設するなど、なかなか理解のある姿勢を見せています。 そういった暖かい周囲の環境に恵まれコルィマーナとロモノーソフは伸び伸びと成長していくことになるでしょう。 ヤクーツクというのはなかなか生きにくい場所ですし冬には-30 ~-40℃にもなるほど寒さが厳しいわけですが、そういう時期を避けて私も来年にはなんとかヤクーツク動物園に行ってみたいと思っています。 ロモノーソフとの再会、そしてコルィマーナとの出会いを楽しみにしたいと思います。
a0151913_3235867.jpg
a0151913_33793.jpg
Photo(C)Yakutiatravel. Co Ltd

(資料)
Телерадиокомпания «Петербург» (Dec.14 2012 - Из Петербурга уезжает медвежонок Ломоносов)
Телерадиокомпания «Петербург» (Mar.7 2013 - В Якутск привезли белого медведя из Петербурга)
Новый Регион – Якутия (Jun.28 2013 - Колымана в якутском зоопарке спасается от жары)
Якутия. Инфо (Sep.23 2013 - Якутские медвежата получили посылку от немецких фанатов)
BezFormata.Ru. (Sep.23 2013 - Якутские медвежата Колымана и Ломоносов получили посылку от фанатов из Германии)
SakhaNews (Oct.16 2013 - Колымана и Ломоносов - "звезды" «Орто Дойду»)
(*追加資料)
Телерадиокомпания «Петербург» (Oct.23 2013 - В якутском зоопарке готовятся к зимовке белые медведи)
Телерадиокомпания «Петербург» (Mar.7 2013 - В Якутск привезли белого медведя из Петербурга)

(過去関連投稿)
(*以下、ヤクーツク動物園のコルィマーナ関連)
ロシア極北・サハ共和国(ヤクーチア)のコルィマ湾でホッキョクグマの赤ちゃんが保護される
ロシア極北・サハ共和国(ヤクーチア)で保護された孤児の赤ちゃんがヤクーツク動物園へ
ロシア極北・サハ共和国(ヤクーチア)で保護された孤児の赤ちゃんが無事にヤクーツク動物園に到着
ロシア極北・サハ共和国で保護された孤児の赤ちゃん、「コルィマーナ」と命名される
ロシア極北・サハ共和国のヤクーツク動物園で保護されているコルィマーナが一般公開となる
ロシア極北・ヤクーツク動物園のコルィマーナのパートナーはレニングラード動物園のロモノーソフに決定か?
ロシア極北・サハ共和国のヤクーツク動物園に到来した夏 ~ コルィマーナの近況
ロシア極北・ヤクーツク動物園のコルィマーナが11月に新飼育展示場へ移動
ロシア極北・ヤクーツク動物園のコルィマーナに地元航空会社のヤクーチヤ航空より支援の手

(*以下、ロモノーソフ関連)
ロシア・サンクトペテルブルクのレニングラード動物園でウスラーダが15頭目の赤ちゃんを出産!
ロシア・サンクトペテルブルク、レニングラード動物園で赤ちゃんの初登場の日が迫る
ウスラーダの赤ちゃんの登場を待つサンクトペテルブルクのレニングラード動物園
ロシア・サンクトペテルブルクのレニングラード動物園でウスラーダの15番目の赤ちゃんが遂に一般初公開!
ロシア・サンクトペテルブルク、レニングラード動物園のウスラーダの15番目の赤ちゃんの近況
ロシア・サンクトペテルブルク、レニングラード動物園のウスラーダの赤ちゃんの名前がロモノーソフに決まる
ロシア・サンクトペテルブルク、レニングラード動物園の赤ちゃんの最近の様子 ~ 新動物園建設計画が発表
ロシア極北・ヤクーツク動物園のコルィマーナのパートナーはレニングラード動物園のロモノーソフに決定か? 
ロシア・サンクトペテルブルク、レニングラード動物園のウスラーダの15番目の子供、ロモノーソフの近況
秋晴れのサンクトペテルブルクでウスラーダ一家と再会 ~ ロモノーソフ君、はじめまして!
ウスラーダの15番目の子供、ロモノーソフの素顔 ~ 一人っ子の温和な性格か?
ウスラーダお母さん、堂々たる貫禄を見せつける理知的な母性の発露
夕方から満を持して登場のウスラーダとロモノーソフの親子
ウスラーダさん、メンシコフさん、ロモノーソフ君、お元気で! ~ ホッキョクグマ体験の至福の3日間
ロシア・サンクトペテルブルク、レニングラード動物園のロモノーソフの旅立ち間近を同動物園が告知
ロシア・サンクトペテルブルク、レニングラード動物園のロモノーソフのヤクーツク動物園への移動が決定
息子との間近の別れを予感しているウスラーダお母さん ~ 冬の日のサンクトペテルブルクの親子の情景
ロモノーソフとウスラーダお母さんの親子最後の一日 ~ サンクトペテルブルクでの別れ
ロモノーソフ、無事にヤクーツク動物園に到着 ~ そして息子の去った日のウスラーダお母さんの姿
ロシア・北東部、サハ共和国のヤクーツク動物園に移動したロモノーソフの近況

(*以下、ヤクーツク動物園でのコルィマーナとロモノーソフの同居関連)
ロシア・シベリア北東部のヤクーツク動物園でコルィマーナとロモノーソフの新飼育展示場が完成
ロシア・シベリア北東部、ヤクーツク動物園の新飼育展示場でのコルィマーナとロモノーソフの同居の様子
by polarbearmaniac | 2013-10-20 06:00 | Polarbearology

カテゴリ

全体
Polarbearology
しろくま紀行
異国旅日記
動物園一般
Daily memorabilia
倭国旅日記
しろくまの写真撮影
旅の風景
幻のクーニャ
エッセイ、コラム
街角にて
未分類

最新の記事

ロシア・ノヴォシビルスク動物..
at 2017-08-21 01:30
ロシア・西シベリア、セヴェル..
at 2017-08-20 15:00
*新規投稿お知らせ
at 2017-08-19 23:45
ロシア・ヴォルガ川流域のペン..
at 2017-08-19 02:00
ロシア・西シベリア、ボリシェ..
at 2017-08-18 02:00
ロシアのクラスノヤルスク環境..
at 2017-08-17 01:30
チェコ・プラハ動物園のホッキ..
at 2017-08-16 01:30
ロシア・サンクトペテルブルク..
at 2017-08-15 01:30
ロシア・ウラル地方、エカテリ..
at 2017-08-14 01:30
大阪・天王寺動物園のシルカ ..
at 2017-08-13 01:30

以前の記事

2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月

検索

ブログパーツ

  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。

ライフログ


人生と運命 1


スターリン―青春と革命の時代


モスクワは本のゆりかご


私のモスクワ、心の記憶


自壊する帝国 (新潮文庫)


甦るロシア帝国 (文春文庫)


嘘つきアーニャの真っ赤な真実 (角川文庫)


ロシア 春のソナタ、秋のワルツ-1999-21st


それからのエリス いま明らかになる鴎外「舞姫」の面影


ミチコ・タナカ 男たちへの讃歌 (新潮文庫)


わがユダヤ・ドイツ・ポーランド―マルセル・ライヒ=ラニツキ自伝


ベルリン戦争 (朝日選書)


Hof――ベルリンの記憶


カチンの森――ポーランド指導階級の抹殺


北京烈烈―文化大革命とは何であったか (講談社学術文庫)


慟哭の通州――昭和十二年夏の虐殺事件


主題と変奏―ブルーノ・ワルター回想録 (1965年)


藤田嗣治 異邦人の生涯


Barle's Story: One Polar Bear's Amazing Recovery from Life As a Circus Act


Hotel Adlon: Das Berliner Hotel, in dem die grosse Welt zu Gast war


Ein seltsamer Mann


Alma Rose: Vienna to Auschwitz


St Petersburg: A Cultural History


Gulag


The Guest from the Future: Anna Akhmatova and Isaiah Berlin