街、雲、それからホッキョクグマ ~ Polarbearology & conjectaneum


by polarbearmaniac

プロフィールを見る

アメリカ・ウィスコンシン州、ミルウォーキー動物園のウィルヘルム、苦難を越えて28歳で生涯を閉じる

a0151913_10584864.jpg
サーカス団から保護された当時のウィルヘルム (2002年)
Photo(C)TODD SUMLIN / Charlotte Observer

アメリカ・ウィスコンシン州のミルウォーキー動物園で飼育されている28歳の雄のホッキョクグマのウィルヘルム(通称「ウィリー」)が、去る月曜日の21日、安楽死という方法で亡くなったとのことです。 ウィルヘルムはここ数日にわたって食事が摂れず立ち上がることもできず、痛みにも耐えているという状態だったそうですが獣医さんの診断では腹部に水が溜まっていたそうで、その健康状態の悪化のために安楽死という手段でとられたわけでした。 正式な死因については検死によって明らかにするとのことです。 

ここのところ何回か投稿していましたが、このウィルヘルムはノースカロライナ州アッシュボロのノースカロライナ動物園からミルウォーキー動物園に貸し出されていた個体であり、ノースカロライナ動物園に戻っていたもう一頭のアキーラは先日9月10日に急死しています。 その件についいては以前の投稿である「アメリカ・ノースカロライナ州アッシュボロのノースカロライナ動物園のアキーラが急死」、及び「アメリカ・ノースカロライナ州 アッシュボロのノースカロライナ動物園の苦悩 ~ 主のいない新展示場」をご参照下さい。 ノースカロライナ動物園はこのウィルヘルムの28歳という年齢を考慮に入れて同園で建設中の新施設の完成後もウィルヘルムのミルウォーキー動物園からの帰還をあえて行わないことにしていましたが、ウィルヘルムもこうしてアキーラに続いて亡くなってしまったわけで大変な痛手であることは間違いありません。 ここでミルウォーキー動物園におけるウィルヘルムの生前の姿を見ておきましょう。



さて、このウィルヘルムですが彼については以前「米・ノースカロライナ動物園のウィルヘルム、ミルウォーキー動物園へ一時移動 ~ 彼のサーカス団時代の境遇」という投稿をいたしていますので是非それをご参照いただきたいのですが、彼はメキシコのサーカス団でひどい境遇で演技をさせられていたわけで、2002年にこのサーカスがプエルトリコに公演をしに来たところでアメリカの魚類野生動物保護局 (U.S. Fish and Wildlife Service - FWS) によってアメリカの海洋哺乳類保護法 (Marine Mammal Protection Act) 違反での摘発を受けてホッキョクグマたちはFWSによって保護され、アメリカの動物園で飼育されるようになったという経緯があります。 こうしてウィルヘルムはノースカロライナ動物園で飼育されることになったわけです。
a0151913_1174712.jpg
ウィルヘルム Photo(C)Milwaukee County Zoo

その後2011年9月にノースカロライナ動物園での新施設建設のため彼はミルウォーキー動物園に移動したわけですが、ノースカロライナ動物園の担当責任者であるジェフ・オーウェン氏はたまたま2002年にプエルトリコからサーカス団から没収されたそれらのホッキョクグマたちを保護してアメリカ本土に運ぶというスタッフのメンバーの一人であり、ウィルヘルムたちがどのようにひどい境遇で演技させられていたかをその目で見た人です。 もう一度ここでウィルヘルムたちのサーカス団での境遇(そしてアメリカの動物園で保護された後の姿など)を御紹介しておきます。





ノースカロライナ動物園で保護・飼育されるようになった後のウィルヘルムについてオーウェン氏は、「自分がこれまで接した動物の個体のうちで彼ほど個性と魅力に富んだ個体はいなかった。」 と語り彼の死を悲しみ、そして悼んでいます。

謹んでウィルヘルムの冥福を祈ります。  ウィリー、長い間本当にご苦労様でした。  安らかに...。

(資料)
Milwaukee Journal Sentinel (Oct.22 2013 - Milwaukee County Zoo polar bear Willie euthanized)
News & Observer (Oct.22 2013 - 'Willie,' NC Zoo’s polar bear, dies in Milwaukee after short illness)
FOX6.com (Oct.22 2013 - Polar bear euthanized at the Milwaukee County Zoo)
Southern Pines Pilot (Oct.23 2013 - Wilhelm, Former Popular N.C. Zoo Polar Bear, Dies)
Channel 58 (Oct.22 2013 - Milwaukee County Zoo had to euthanize polar bear)

(*追記 - ウィルヘルムの死を報じる地元のTVニュースをご紹介しておきます。)
(過去関連投稿)
アメリカ・ノースカロライナ動物園のアキーラがデトロイト動物園へ ~ 急ピッチの欧米の施設新築
アメリカ・ミシガン州、デトロイト動物園に移動したアキーラの姿
米・ノースカロライナ動物園のウィルヘルム、ミルウォーキー動物園へ一時移動 ~ 彼のサーカス団時代の境遇
アメリカ・デトロイト動物園のアキーラが施設改修工事が終了したノースカロライナ動物園に戻る
アメリカ・ノースカロライナ動物園のアキーラが改修後の展示場に元気に登場 ~ 「マニトバ基準」 を考える
アメリカ・ノースカロライナ州アッシュボロのノースカロライナ動物園のアキーラが急死
アメリカ・ノースカロライナ州 アッシュボロのノースカロライナ動物園の苦悩 ~ 主のいない新展示場
by polarbearmaniac | 2013-10-23 12:00 | Polarbearology

カテゴリ

全体
Polarbearology
しろくま紀行
異国旅日記
動物園一般
Daily memorabilia
倭国旅日記
しろくまの写真撮影
旅の風景
幻のクーニャ
エッセイ、コラム
街角にて
未分類

最新の記事

アメリカ・オレゴン動物園を去..
at 2017-05-28 23:50
ロシア・ペルミ動物園でセリク..
at 2017-05-27 23:50
ズーパラダイス八木山の二日目..
at 2017-05-26 23:50
ズーパラダイス八木山のホッキ..
at 2017-05-25 23:50
ポーラに迫りつつある正念場 ..
at 2017-05-25 23:30
ラダゴル(カイ)に備わってき..
at 2017-05-25 23:10
国内最高齢の32歳になったナ..
at 2017-05-25 23:00
ドイツ・ミュンヘン、ヘラブル..
at 2017-05-25 01:00
アメリカ・トレド動物園のホー..
at 2017-05-24 18:30
フランス・ミュルーズ動物園の..
at 2017-05-24 01:00

以前の記事

2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月

検索

ブログパーツ

  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。

ライフログ


人生と運命 1


スターリン―青春と革命の時代


モスクワは本のゆりかご


私のモスクワ、心の記憶


自壊する帝国 (新潮文庫)


甦るロシア帝国 (文春文庫)


嘘つきアーニャの真っ赤な真実 (角川文庫)


ロシア 春のソナタ、秋のワルツ-1999-21st


それからのエリス いま明らかになる鴎外「舞姫」の面影


ミチコ・タナカ 男たちへの讃歌 (新潮文庫)


わがユダヤ・ドイツ・ポーランド―マルセル・ライヒ=ラニツキ自伝


ベルリン戦争 (朝日選書)


Hof――ベルリンの記憶


カチンの森――ポーランド指導階級の抹殺


北京烈烈―文化大革命とは何であったか (講談社学術文庫)


慟哭の通州――昭和十二年夏の虐殺事件


主題と変奏―ブルーノ・ワルター回想録 (1965年)


藤田嗣治 異邦人の生涯


Barle's Story: One Polar Bear's Amazing Recovery from Life As a Circus Act


Hotel Adlon: Das Berliner Hotel, in dem die grosse Welt zu Gast war


Ein seltsamer Mann


Alma Rose: Vienna to Auschwitz


St Petersburg: A Cultural History


Gulag


The Guest from the Future: Anna Akhmatova and Isaiah Berlin