街、雲、それからホッキョクグマ ~ Polarbearology & conjectaneum


by polarbearmaniac

プロフィールを見る

デンマーク・オールボー動物園のメーリクとミラクが同園の改修工事のためスカンジナヴィア野生動物公園へ

a0151913_116621.jpg
ミラク Photo(C)Aalborg Zoo

デンマークのオールボー動物園が発表したところによりますと同園で」飼育されているメーリクとミラクの雌2頭がオールボー動物園のホッキョクグマ展示場の一部改装工事に伴って同じデンマーク国内のコリンにあるスカンジナヴィア野生動物公園 (Skandinavisk Dyrepark) へ一時移動することになり29日にオールボー動物園を出発したとのことです。実は現在このスカンジナヴィア野生動物公園は来年の4月16日まで冬期閉園中ですので、こうした他園のホッキョクグマを預かることは特に問題はないということでしょう。 一方ヴィクトリアはオールボー動物園に残るそうです。このヴィクトリアはミラクの母親ですが、どういうわけかミラクと一緒に移動したのはもう一頭の雌であるメーリク(故アウゴの母)というのはいったいどういう理由なのかはわかりません。
a0151913_144418.jpg
メーリクお母さんと初めて水に入った故アウゴ (2011年3月19日) 
Photo(C)AFP

この下の映像は2010年5月のものでヴィクトリアとミラクの親子、そしてもう一頭の雌であるメーリクの3頭が同居した時のものです。 親子のいるスペースに別のホッキョクグマを入れるのですから幾分勇気がいるわけですがオールボー動物園やオランダ・レネンのアウヴェハンス動物園はこれを普通のようにやってしまうわけです。 これはたいしたものだと思います。 さて、ミラクはメーリクに興味をもって接近するのですが自信がなくなって逃げてしまうというシーンです。 それを後ろで見ているのがヴィクトリアお母さんです。



オールボー動物園のホッキョクグマ展示場の一部改装工事は短期間で終わるそうで、年内にはこの2頭はオールボー動物園に戻って来るようです。 この2頭にとってはちょっとした「休暇 (på ferie)」 だとオールボー動物園は述べています。 ミラクがカナダのコクレーンのホッキョクグマ保護教育生活文化村 (Polar Bear habitat) に移動するという話を以前に「デンマーク ・ オールボー動物園のミラクがカナダ・コクレーンのホッキョクグマ保護教育生活文化村へ!」という投稿でご紹介していましたがまだ移動していないところをみると、どうも「カナダ・コクレーン、保護教育生活文化村へのイヌクシュクの帰還とEAZAの狙うミラクの欧州域外流出阻止」という投稿でご紹介していますようにEAZA のコーディネーターがこのミラクの欧州域外への売却に待ったをかけていたのが今のことろ成功しているように思います。 しかも「デンマーク・オールボー動物園、DNA鑑定するも度重なる性別取り違え ~ ミラクは雌(メス)だった!」 という投稿でご紹介した通りミラクは雄ではなく雌だと判明したわけで、やはりそうなると欧州域内に留まる可能性が強くなってきたのではないでしょうか。

さて、この下は今迄再三再四ご紹介してきましたがスカンジナヴィア野生動物公園のライブカメラ映像 (時間外は録画) です。 この映像にマリクとミラクの姿が映し出されるということはないのではないかと思います。 なにしろ現在はイルカお母さんが双子の子供の育児中ですから、このスペースに他のホッキョクグマを(仮に雌であれ)入れるというわけにはさすがにいかないでしょう。



(*追記 - メーリクとミラクあ無事にスカンジナヴィア野生動物公園に到着したそうです。 以下が同園での2頭の様子です。)
a0151913_1154158.jpg

(資料)
Aalborg Zoo (Oct.29 2013 - Aalborg Zoo sender Isbjørne på ferie)
Nordjyske.dk (Oct.29 2013 - Aalborg Zoo sender isbjørne på ferie)
Sermitsiaq AG (Oct.29 2013 - Isbjørne sendt på ferie)

(過去関連投稿)
デンマーク ・ オールボー動物園のミラクがカナダ・コクレーンのホッキョクグマ保護教育生活文化村へ!
カナダ・コクレーン、保護教育生活文化村へのイヌクシュクの帰還とEAZAの狙うミラクの欧州域外流出阻止
デンマーク・オールボー動物園のアウゴが約5メートル下の堀に転落、重傷を負い安楽死の処置にて死亡!
デンマーク・オールボー動物園、DNA鑑定するも度重なる性別取り違え ~ ミラクは雌(メス)だった!
デンマーク・コリンのスカンジナヴィア野生動物公園の双子の成長 ~ お行儀の良さは環境の良さが原因?

(過去関連投稿  - 2011年オールボー動物園訪問記)
雨のオールボー動物園に到着、そして2組の親子と対面!
メーリクお母さん余裕のポリタンク遊び ~ 2組の親子同居の驚異!
アウゴ、その温和な性格が醸し出す満ち足りた時間
オールボー動物園2日目 ~ ホッキョクグマに魚のプレゼント
アウゴと来園者の子供たちとの交流
オールボー動物園3日目 ~ この動物園の質の高さは住民の品性の高さに見事に合致
アウゴ君は犬はお嫌い?
オールボー動物園のホッキョクグマ君たち、本当にありがとう! ~ 是非また近いうちにお会いしましょう!
by polarbearmaniac | 2013-11-01 01:00 | Polarbearology

カテゴリ

全体
Polarbearology
しろくま紀行
異国旅日記
動物園一般
Daily memorabilia
倭国旅日記
しろくまの写真撮影
旅の風景
幻のクーニャ
エッセイ、コラム
街角にて
未分類

最新の記事

ペルミからモスクワ、そしてペ..
at 2017-07-22 04:30
アンデルマさん、お元気で! ..
at 2017-07-21 03:30
ペルミ動物園訪問六日目 ~ ..
at 2017-07-21 03:00
ユムカ(ミルカ)は果たして今..
at 2017-07-20 03:45
ペルミ動物園訪問五日目 ~ ..
at 2017-07-20 03:30
「アンデルマお婆ちゃん (バ..
at 2017-07-19 03:45
ペルミ動物園訪問四日目 ~ ..
at 2017-07-19 03:30
ロシア・ホッキョクグマ界の若..
at 2017-07-18 03:45
ペルミ動物園訪問三日目 ~ ..
at 2017-07-18 03:30
カナダ・ウィニペグのアシニボ..
at 2017-07-18 03:15

以前の記事

2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月

検索

ブログパーツ

  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。

ライフログ


人生と運命 1


スターリン―青春と革命の時代


モスクワは本のゆりかご


私のモスクワ、心の記憶


自壊する帝国 (新潮文庫)


甦るロシア帝国 (文春文庫)


嘘つきアーニャの真っ赤な真実 (角川文庫)


ロシア 春のソナタ、秋のワルツ-1999-21st


それからのエリス いま明らかになる鴎外「舞姫」の面影


ミチコ・タナカ 男たちへの讃歌 (新潮文庫)


わがユダヤ・ドイツ・ポーランド―マルセル・ライヒ=ラニツキ自伝


ベルリン戦争 (朝日選書)


Hof――ベルリンの記憶


カチンの森――ポーランド指導階級の抹殺


北京烈烈―文化大革命とは何であったか (講談社学術文庫)


慟哭の通州――昭和十二年夏の虐殺事件


主題と変奏―ブルーノ・ワルター回想録 (1965年)


藤田嗣治 異邦人の生涯


Barle's Story: One Polar Bear's Amazing Recovery from Life As a Circus Act


Hotel Adlon: Das Berliner Hotel, in dem die grosse Welt zu Gast war


Ein seltsamer Mann


Alma Rose: Vienna to Auschwitz


St Petersburg: A Cultural History


Gulag


The Guest from the Future: Anna Akhmatova and Isaiah Berlin