街、雲、それからホッキョクグマ ~ Polarbearology & conjectaneum


by polarbearmaniac

プロフィールを見る

フィンランド・ラヌア動物園のランツォの移動先選定が混迷を極める ~ 繁殖成功後の次なる壁

a0151913_18532346.jpg
ランツォ(左)とヴィーナスお母さん(右) Photo(C)Ranua Zoo

先月に2011年の11月18日にヴィーナスお母さんから生まれた雄のランツォの移動先選定作業が難航していたものの有力候補としてイギリス北部・スコットランドのハイランド野生公園 (Highland Wildlife Park) が浮上していたことを投稿しました(「フィンランド・ラヌア動物園のランツォの移動先選定が難航か? ~ 綻びを生じた(?)欧州の繁殖計画」)。 

その後の状況ですが現在に至るまでに進展がなく、ラヌア動物園の園長さんは焦りの色を濃くしている様子が報じられています。 「来年の早い時期には見つかる可能性がある。」 と言っているところをみますとハイランド野生公園に対してEAZAのコーディネーターからの打診があったもののハイランド野生公園が断ったのだと考えてよいでしょう。 欧米においてはクリスマスというものが仕事の一つのタイムスケジュールの大きな区切りになるわけで、つまりクリスマス休暇までにランツォの移動があるのであれば移動先はすでに決まっていなければならないわけです。 「来年の早い時期に見つかる可能性」というのもラヌア動物園の園長さんの希望的観測であるような気がします。 要するにランツォを受けいれてくれる、ラヌア動物園と同等もしくはそれ以上の飼育環境のある施設が見つからないということです。 ラヌア動物園の園長さんは最初から希望のハードルを高く上げ過ぎてしまったように思います。
a0151913_18534276.jpg
ヴィーナスお母さん(左)とランツォ(右) Photo(C)Ranua Zoo

オランダ・レネンのアウヴェハンス動物園のルカは飼育環境の良い同園からそれほどでもないドイツのヴッパータール動物園に移動せねばならなくなったりドイツ・ニュルンベルク動物園のグレゴールとアレウトも施設の比較的貧弱なワルシャワ動物園に移動したりと、雄の場合は飼育環境のランクの下がった施設への移動を余儀なくされていることはすでにご紹介してきた通りです。 ですからラヌア動物園の雄のランツォの移動先に対して理想を高くすることは到底難しいことは十分に予想できたはずです。 残る候補はデンマークのスカンジナヴィア野生動物公園ですが、その話が今まで出ていないところを見ると、打診はしたもののやはり断られたと考えるのが妥当な見方だと思います。

ここ1~2年ほど欧州の繁殖計画は壁に突き当たっているような印象を持ちます。 幼年個体の受け入れ先を探すのが難しくなっており、幼年個体を移動させなければ両親の次の繁殖が難しくなるわけです。 繁殖成功後の次なる問題点に苦慮する欧州の状況とそっくりなのが札幌・円山動物園です。 マルルとポロロを来年はどうするのでしょうか? 頼みの帯広はもう困難です。 まあ、アイラとマルルとポロロの3頭を真ん中で仕切った片側で同居させ、もう片側にはイコロを飼育するというやり方がないわけではありませんが、常識的に考えれば困難でしょう。 ラヌア動物園のランツォは間もなく2歳になりますからまさに移動の時であるわけで、マルルやポロロよりも切迫した状態です。 ヴィーナスお母さんの次の繁殖のためにランツォはとりあえずドイツのどこかの動物園に「一時避難」するという考え方しかないかもしれません。 その場合はランツォのパートナーの決定はまだずっと先になることを意味します。

(資料)
YLE (Nov.5 2013 - Kovaa vauhtia aikuistuva jääkarhu Ranzo etsii yhä kotia)

(過去関連投稿)
フィンランド・ラヌア動物園でホッキョクグマの赤ちゃん誕生!
フィンランド・ラヌア動物園で誕生の赤ちゃん、順調に生後1か月目へ
フィンランド・ラヌア動物園で誕生の赤ちゃん、生後4週間目の映像
フィンランド・ラヌア動物園で誕生の赤ちゃん、生後54日経過の産室内の映像が公開
フィンランド、ラヌア動物園の赤ちゃん、順調に生後70日間が経過
フィンランド、ラヌア動物園の赤ちゃんが元気に生後3か月へ
フィンランド、ラヌア動物園の赤ちゃん、遂に戸外に初登場!
フィンランド、ラヌア動物園の赤ちゃんの追加映像 ~ 何事にも慎重なヴィーナスお母さん
フィンランド・ラヌア動物園の赤ちゃん、戸外の時間が非常に増える ~ 室内/戸外の扉開放方式を考える
フィンランド・ラヌア動物園の親子、まだまだ雪の感触を楽しむ
フィンランド・ラヌア動物園の赤ちゃんが生後6か月目へ ~ 観光プロモーション映像の公開
フィンランド・ラヌア動物園の赤ちゃんの水遊び ~ 生後7か月目へ
フィンランド・ラヌア動物園の赤ちゃん、生後7カ月が経過 ~ ヴィーナスお母さんの遊び方
フィンランド・ラヌア動物園の赤ちゃん、動物園の知名度向上に大きく貢献 ~ 入場料売上げが二倍となる
フィンランド・ラヌア動物園のヴィーナスお母さんと赤ちゃんにとってのオリンピック気分
フィンランド・ラヌア動物園が公開したホッキョクグマ親子の写真・動画を同国オリンピック委員会が問題視
フィンランド・ラヌア動物園の赤ちゃんが順調に生後9か月が経過 ~ 名前公募の締め切りとなる
フィンランド・ラヌア動物園の赤ちゃんの名前が公募によってランツォに決定 ~ 名前の雄雌識別について
フィンランド・ラヌア動物園のランツォ、間もなく一歳の誕生日 ~ 入園者増加に大いに貢献
フィンランド・ラヌア動物園のランツォ、元気に満一歳の誕生日を迎える
フィンランド・ラヌア動物園が腐心する1歳半のランツォの移動先選定 ~ 個体移動調整と所有権との関係
フィンランド・ラヌア動物園のランツォの入手を狙う日本の動物園 ~ 「ダメで元々」の精神か?
フィンランド・ラヌア動物園のランツォの移動先選定が難航か? ~ 綻びを生じた(?)欧州の繁殖計画
by polarbearmaniac | 2013-11-08 01:00 | Polarbearology

カテゴリ

全体
Polarbearology
しろくま紀行
異国旅日記
動物園一般
Daily memorabilia
倭国旅日記
しろくまの写真撮影
旅の風景
幻のクーニャ
エッセイ、コラム
街角にて
未分類

最新の記事

ロシア北東部・サハ共和国、ヤ..
at 2017-03-24 15:00
ドイツ・ミュンヘン、ヘラブル..
at 2017-03-23 20:00
男鹿水族館のクルミと豪太のペ..
at 2017-03-22 23:30
ハンガリー・ブダペスト動物園..
at 2017-03-21 20:00
ロシア・ノヴォシビルスク動物..
at 2017-03-21 18:00
ロシア・ノヴォシビルスク市の..
at 2017-03-20 19:00
デンマーク・オールボー動物園..
at 2017-03-19 20:30
チェコ・ブルノ動物園の「国際..
at 2017-03-19 00:30
ドイツ・ミュンヘン、ヘラブル..
at 2017-03-18 11:00
フランス・ミュルーズ動物園で..
at 2017-03-18 00:30

以前の記事

2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月

検索

ブログパーツ

  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。

ライフログ


人生と運命 1


スターリン―青春と革命の時代


モスクワは本のゆりかご


私のモスクワ、心の記憶


自壊する帝国 (新潮文庫)


甦るロシア帝国 (文春文庫)


嘘つきアーニャの真っ赤な真実 (角川文庫)


ロシア 春のソナタ、秋のワルツ-1999-21st


それからのエリス いま明らかになる鴎外「舞姫」の面影


ミチコ・タナカ 男たちへの讃歌 (新潮文庫)


わがユダヤ・ドイツ・ポーランド―マルセル・ライヒ=ラニツキ自伝


ベルリン戦争 (朝日選書)


Hof――ベルリンの記憶


カチンの森――ポーランド指導階級の抹殺


北京烈烈―文化大革命とは何であったか (講談社学術文庫)


慟哭の通州――昭和十二年夏の虐殺事件


主題と変奏―ブルーノ・ワルター回想録 (1965年)


藤田嗣治 異邦人の生涯


Barle's Story: One Polar Bear's Amazing Recovery from Life As a Circus Act


Hotel Adlon: Das Berliner Hotel, in dem die grosse Welt zu Gast war


Ein seltsamer Mann


Alma Rose: Vienna to Auschwitz


St Petersburg: A Cultural History


Gulag


The Guest from the Future: Anna Akhmatova and Isaiah Berlin