街、雲、それからホッキョクグマ ~ Polarbearology & conjectaneum


by polarbearmaniac

プロフィールを見る

ロシア極北 チュクチ自治管区の村落、リィルカイピの人々とホッキョクグマとの関係

a0151913_0175045.jpg
リィルカイピ村付近に集まったホッキョクグマたち 
Photo(C) М.Деминов /WWF
a0151913_0243315.jpg
ロシア極北チュクチ自治管区にあり北極海に面した人口700人ほどの寒村であるリィルカイピ (Рыркайпий) 付近の海岸線にはこの季節に毎年何頭かのクジラが打ち上げられるそうですが、今年の秋は例年よりもかなり多い16頭ものクジラが打ち上げられている見つかっているそうです。 その中にはコククジラのような希少種も例年以上に多く含まれており、いったいどうしたことかと不思議がられてもいるようです。 そういうわけでこのクジラの肉を目当てに集まってくるホッキョクグマの頭数も例年より多いようで、リィルカイピの村のごく付近で、すでに確認されただけで40頭以上ものホッキョクグマが集結しているそうです。
a0151913_062257.jpg
Photo(C)Совет по морским млекопитающим
a0151913_231528100.jpg
Photo(C)ДЕЙТА.РУ

数日前にホッキョクグマたちがクジラの肉を食べている様子が公開されていますが、それが下の映像です。



このリィルカイピの村の住民はホッキョクグマに対して護身用に棒を持って歩くそうで、いざ村でホッキョクグマに遭遇したときにはこの棒を高くかざして自らの喪に安全を図るということ習慣があるそうです。
a0151913_23581434.jpg
Image:Восток-Медиа

しかしこの村では伝統的に空腹のホッキョクグマは人間を襲わないと考えられているそうです。 以下の写真はソ連時代の古い写真で以前にもご紹介していますが調べて見ましたらこのリィルカイピの村で撮影されたことがわかり、やはり以前から住民はこうして空腹のホッキョクグマに食べ物を与えていたということがわかります。 実はこの3枚の写真はリィルカイピに住んでいたマチュリャクという住民とホッキョクグマとの間の不思議な交流を描いた雑誌記事の写真なのですが、このロシアでは比較的知られた話は後日是非ご紹介したいと思います。
a0151913_2325232.jpg
a0151913_23251388.jpg
a0151913_23252442.jpg
1977年撮影 Photo(C)Вокруг Света

WWWFロシア支部は住民と共にホッキョクグマパトロール (медвежьего патруля) をこの村の周辺でおこなっており、ホッキョクグマたちが村に接近しないように監視することと同時に彼らが密猟者に狙われることのないように目を光らせているそうです。 それにしてもこのリィルカイピに住む人々とホッキョクグマとの関係には何か独特のものがあります。カナダのチャーチルよりももっと身近な関係であるといったところでしょうか。 この下の映像はリィルカイピの村に現れたホッキョクグマの姿です。 冒頭はCMです。



比較的良好であると思われるリィルカイピの村の住民とホッキョクグマとの関係ですが、しかし一方でこの村の近くでこういうことがありました。 一昨年の8月にこのリィルカイピ村から数キロ離れただけのムィス・シミータ (Мыс Шмидта) という街でホッキョクグマ3頭が射殺されたという事件がありました。 それについては「ロシア極北、チュクチ半島でホッキョクグマ親子が人を襲う!」という投稿をご参照いただきたいのですが、人を襲ったホッキョクグマ以外にも何の関係もない親子まで射殺したわけです。 人間を襲って殺したホッキョクグマ、そしてその報復に1歳にもならない子供とその母親を射殺した人間、やはりホッキョクグマも人間もその本質的なところには多少なりとも「暴力」への指向というものが存在しているわけです。 ホッキョクグマの場合は「暴力」とは言わずに「本能」 でしょうけれども、人間の場合は「愛情」の背中合わせに「暴力」が存在しているというのが苦い真実であると思われます。 上でご紹介したムィス・シミータ での事件についての投稿のなかで一つの映像をご紹介しています。 それには、白昼人家に現れたホッキョクグマに対する恐怖心から、住民はそのホッキョクグマをなだめようと自分の飼っている一頭の犬を生きたままホッキョクグマに投げ与え、ホッキョクグマがその飼い犬に容赦なく襲い掛かるというシーンが登場しています。 ここに人間というものの本質、「愛情」というものの虚無性、そして極北の地における人間とホッキョクグマとの関係が容赦なく描かれているわけです。

(資料)
Восток-Медиа (Nov.8 2013 - Жители Арктики от медведей спасаются палками)
РИА Новости (Nov.5 2013 - Еще пять мертвых редких китов обнаружили на побережье Чукотки)
WWF Россия (Nov.6 2013 - Сейчас вблизи чукотского села Рыркайпий скопилось целых 27 белых медведей)
ДЕЙТА.РУ (Nov.7 2013 - Белые медведи атаковали село на Чукотке)
РИА PrimaMedia (Nov.8 2013 - Белые медведи взяли в осаду села Чукотки)
Российская газета(日本語版) (May.15 2013 - 知られざるチュクチ自治管区)

(過去関連投稿)
ロシア極北、チュクチ半島でホッキョクグマ親子が人を襲う!
ロシア極北 ・ カラ海に面したディクソンの街に現れるホッキョクグマたち ~ 住民とホッキョクグマの未来
by polarbearmaniac | 2013-11-09 01:00 | Polarbearology

カテゴリ

全体
Polarbearology
しろくま紀行
異国旅日記
動物園一般
Daily memorabilia
倭国旅日記
しろくまの写真撮影
旅の風景
幻のクーニャ
エッセイ、コラム
街角にて
未分類

最新の記事

アメリカ・トレド動物園のホー..
at 2017-09-26 10:00
ロシア北東部の内陸をさまよう..
at 2017-09-26 03:00
ウクライナ・ハリコフ動物園の..
at 2017-09-25 03:00
ロシア北東部サハ共和国で北極..
at 2017-09-23 22:00
ロシア・ペルミ動物園が間もな..
at 2017-09-23 00:30
大阪・天王寺動物園がゴーゴの..
at 2017-09-22 01:00
ロシア・西シベリア、ボリシェ..
at 2017-09-21 01:00
アメリカ・オレゴン動物園のノ..
at 2017-09-21 00:30
ピョートル(ロッシー)とクラ..
at 2017-09-20 06:00
ロシアのサーカス団の4頭のホ..
at 2017-09-20 00:30

以前の記事

2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月

検索

ブログパーツ

  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。

ライフログ


人生と運命 1


スターリン―青春と革命の時代


モスクワは本のゆりかご


私のモスクワ、心の記憶


自壊する帝国 (新潮文庫)


甦るロシア帝国 (文春文庫)


嘘つきアーニャの真っ赤な真実 (角川文庫)


ロシア 春のソナタ、秋のワルツ-1999-21st


それからのエリス いま明らかになる鴎外「舞姫」の面影


ミチコ・タナカ 男たちへの讃歌 (新潮文庫)


わがユダヤ・ドイツ・ポーランド―マルセル・ライヒ=ラニツキ自伝


ベルリン戦争 (朝日選書)


Hof――ベルリンの記憶


カチンの森――ポーランド指導階級の抹殺


北京烈烈―文化大革命とは何であったか (講談社学術文庫)


慟哭の通州――昭和十二年夏の虐殺事件


主題と変奏―ブルーノ・ワルター回想録 (1965年)


藤田嗣治 異邦人の生涯


Barle's Story: One Polar Bear's Amazing Recovery from Life As a Circus Act


Lenin's Tomb: The Last Days of the Soviet Empire


Resurrection: The Struggle for a New Russia


Hotel Adlon: Das Berliner Hotel, in dem die grosse Welt zu Gast war


Ein seltsamer Mann


Alma Rose: Vienna to Auschwitz


St Petersburg: A Cultural History


Gulag