街、雲、それからホッキョクグマ ~ Polarbearology & conjectaneum


by polarbearmaniac

プロフィールを見る

S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

ロシア・ウラル地方 ペルミ動物園のテルペイがロシア南部 ドン河下流のロストフ動物園に無事到着

a0151913_1824339.jpg
テルペイ (2013年9月30日撮影 於 ロシア・ペルミ動物園)

昨日付けの投稿である「ロシア・ウラル地方 ペルミ動物園でアンデルマが気の強いユムカに手を焼く ~ 大物に挑みかかる小娘」ではロシアのウラル山脈の麓にあるペルミ動物園でのアンデルマとユムカ (ミルカ・ユーコノヴナ)、そして野生孤児のセリクの最近の様子をコムソモリスカヤブラウダ紙の記事の内容でご紹介したのですが、その後になってペルミから別の報道が流れてきました。 それによりますと移動用の場所に入れられたことが報じられていたテルペイですが、彼は11月5日にペルミ動物園を出発しロシア南部のドン川の下流にあるロストフ・ナ・ドヌ市のロストフ動物園にすでに到着していることが報じられました。 ロストフ動物園もロストフの地元のニュースサイトもテルペイの到着については報じていませんが、これはこういったロシアの地方都市においては珍しいことではありません。 なかなか情報が得られないのがロシアの地方都市の動物園情報というわけです。

(*追記 - その後、ロストフ動物園に到着したテルペイの写真がロストフ・ナ・ドヌ市の地元のマスコミによって公開されましたのでご紹介しておきます。)
a0151913_23523713.jpg
Photo(C)Блокнот Ростов-на-Дону
a0151913_17284963.jpg
ペルミ動物園のスペース不足によってロストフ動物園に移動させられてしまったまだ10歳のテルペイには気の毒に思います。 セリクとユムカ (ミルカ・ユーコノヴナ)の成長に備えて広い場所を用意してやる必要性を感じたペルミ動物園の方針だそうです。 ペルミ動物園が移転して新しい動物園がオープンする数年先までテルペイはロストフ動物園に留まることになるそうです。
a0151913_1836596.jpg
(2013年9月30日撮影 於 ロシア・ペルミ動物園)

彼は実に謙虚な男で常にアンデルマから一歩下がっていました。しかし水遊びも盛大ですし来園者にはおどけた表情を見せて応対するなど実に好感の持てる男だったわけです。彼は本当にペルミ動物園での人気者でした。 ここでペルミ動物園におけるテルペイの映像を2つご紹介しておきます。 二つ目のものは今年9月に私自身が撮影したものです。





テルペイは2003年の5月にロシア極北のサハ共和国のサスクィラフ (Саскылах) という小さな町で偶然に保護された野生孤児です。 
a0151913_17235625.jpg
a0151913_17212391.jpg
テルペイが保護されたサスクィラフの町 Photo(C)Daypic.ru/nub1an.

彼はその後は約一か月半ほどヤクーツク動物園で飼育されましたが、当時のヤクーツク動物園はホッキョクグマの飼育経験がなく、またテルペイを十分に飼育する施設に事欠いており、テルペイはプールもない暑い場所に暮らすうちに元気を失っていたそうです。 そういったわけでペルミ動物園が積極的に手を挙げて彼をその年の7月にヤクーツクからペルミに連れてきて飼育するようになったわけです。
a0151913_1839427.jpg
(2013年9月30日撮影 於 ロシア・ペルミ動物園)

さて、テルペイがこれから何年か暮らすロストフ動物園ですが最近ホッキョクグマ飼育展示場が新装されており現在はサーカス出身のホッキョクグマであるイョシが一頭で飼育されています。 私はサンクトペテルブルクでこのイョシに会っていますので、今度ロストフ動物園から到着したテルペイと共に是非ロストフ動物園で彼らに再会したいものだと願っています。
a0151913_18351978.jpg
テルペイ (2013年9月30日撮影 於 ロシア・ペルミ動物園)

(*追記 - 地元の報道記事の中でペルミ動物園の総括担当のエレーナ・ブルディナさんはアンデルマは現在35歳であると言っています。 アンデルマは野生で捕獲された時には双子の息子を連れていたわけで彼女の本当の年齢は不詳なのですが、私は31歳が本当の彼女の年齢ではないかと思っています。)

(資料)
РИМ (Nov.13 2013 - Из пермского зоопарка в ростовский перевезли белого медведя)
«Информационная группа 59» (Nov.13 2013 - Белого медведя из пермского зоопарка перевезли в Ростов-на-Дону)
Properm.ru (Nov.13 2013 - Пермского медведя вывезли в Ростов пока не будет построен новый зоопарк)
Информационная группа 14 (Jul.4 2003 - Зоопарк «Орто дойду» отправил белого медвежонка Терпея в Пермь)
Агентство национальных новостей (Aug.10 2007 - Уникальный зоопарк Якутии спасает умирающих птиц и животных)
(*追加資料)
Блокнот Ростов-на-Дону (Nov.13 2013 - В зоопарке Ростова поселился белый медведь из Перми)

(過去関連投稿)
ロシア・ペルミ動物園におけるセリクとユムカの近況 ~ テルペイがロストフ動物園に移動か?
ロシア・ペルミ動物園でのセリクとユムカの初顔合わせは不調に終わる
ロシア・ウラル地方 ペルミ動物園でアンデルマが気の強いユムカに手を焼く ~ 大物に挑みかかる小娘
*2011年ペルミ動物園訪問記
ペルミ動物園へ ~ アンデルマとの待望の再会!
アンデルマ、至高の存在である名ホッキョクグマの素顔
好男子テルペイの素顔 ~ ペルミ動物園2日目
アンデルマ、その年齢を超えた丸顔の美形
アンデルマに午後3時のおやつは肉のプレゼント
ホッキョクグマに魚のプレゼント ~ ペルミ動物園3日目
ペルミ動物園、ホッキョクグマに一日2度のおやつのプレゼント
ペルミ動物園前のオルジョニキーゼ通りを西に歩く
アンデルマさん、お元気で! ~ ペルミ動物園最終4日目
*2013年ペルミ動物園訪問記
小雨のペルミ動物園へ ~ 偉大なるアンデルマとの再会、そして野生孤児のセリクとの出会い
ペルミ動物園で保護されている野生孤児セリクの素顔 ~ まだ順応できない環境の激変
アンデルマ、その至高のホッキョクグマの色褪せることなき永遠の伝説
ペルミ動物園訪問2日目 ~ ペルミに初雪の舞った日のホッキョクグマたち
アンデルマさん、お元気で! ~  「日本に暮らす我が息子たち、孫たち、曾孫のホッキョクグマへ...」
by polarbearmaniac | 2013-11-14 01:00 | Polarbearology

カテゴリ

全体
Polarbearology
しろくま紀行
異国旅日記
動物園一般
Daily memorabilia
倭国旅日記
しろくまの写真撮影
旅の風景
幻のクーニャ
エッセイ、コラム
街角にて
未分類

最新の記事

ロシア・クラスノヤルスク動物..
at 2017-12-13 01:00
ベルリン動物公園で誕生の赤ち..
at 2017-12-12 00:15
大阪・天王寺動物園のシルカの..
at 2017-12-11 01:30
エストニア・タリン動物園のノ..
at 2017-12-11 00:30
カザフスタン・アルマトイ動物..
at 2017-12-10 00:30
ロシア・サンクトペテルブルク..
at 2017-12-09 00:30
ベルリン動物公園でホッキョク..
at 2017-12-08 18:00
ロシア・ノヴォシビルスク動物..
at 2017-12-08 01:00
カナダ・マニトバ州チャーチル..
at 2017-12-08 00:15
ロシア・サンクトペテルブルク..
at 2017-12-07 00:30

以前の記事

2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月

検索

ブログパーツ

  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。

ライフログ


人生と運命 1


スターリン―青春と革命の時代


モスクワは本のゆりかご


私のモスクワ、心の記憶


自壊する帝国 (新潮文庫)


甦るロシア帝国 (文春文庫)


嘘つきアーニャの真っ赤な真実 (角川文庫)


ロシア 春のソナタ、秋のワルツ-1999-21st


それからのエリス いま明らかになる鴎外「舞姫」の面影


ミチコ・タナカ 男たちへの讃歌 (新潮文庫)


わがユダヤ・ドイツ・ポーランド―マルセル・ライヒ=ラニツキ自伝


ベルリン戦争 (朝日選書)


Hof――ベルリンの記憶


カチンの森――ポーランド指導階級の抹殺


北京烈烈―文化大革命とは何であったか (講談社学術文庫)


慟哭の通州――昭和十二年夏の虐殺事件


主題と変奏―ブルーノ・ワルター回想録 (1965年)


藤田嗣治 異邦人の生涯


Barle's Story: One Polar Bear's Amazing Recovery from Life As a Circus Act


Lenin's Tomb: The Last Days of the Soviet Empire


Resurrection: The Struggle for a New Russia


Hotel Adlon: Das Berliner Hotel, in dem die grosse Welt zu Gast war


Ein seltsamer Mann


Alma Rose: Vienna to Auschwitz


St Petersburg: A Cultural History


Gulag