街、雲、それからホッキョクグマ ~ Polarbearology & conjectaneum


by polarbearmaniac

プロフィールを見る

ビーグル犬のエルヴィス君の妊娠判定(1) ~ カンザスシティ動物園のバーリンは “妊娠なし”

a0151913_11575668.jpg
ニキータとバーリン Photo(C)Kansas City Zoo

先日、「アメリカ・デンバー動物園、コロンバス動物園などがホッキョクグマの妊娠判定にビーグル犬の嗅覚を利用へ」という投稿で、訓練されたビーグル犬のエルヴィスが嗅覚によって雌のホッキョクグマの妊娠の有無の判定に極めて高い確率 (95%) で成功しているために、今シーズンに繁殖行為があって出産が期待されているホッキョクグマを飼育している全米の動物園がエルヴィスにサンプルを送って妊娠の有無の判定を依頼した件をご紹介しています。
a0151913_1241774.jpg
エルヴィス君 Photo(C)AP

実はこのビーグル犬の嗅覚によるホッキョクグマの妊娠判定については科学というジャンルで捉えられている真面目な話で、まさにアメリカらしい科学の進取なアプローチとして位置づけられています。 さて、その判定結果のうちカンザスシティ動物園の雌のバーリンの妊娠の有無についてエルヴィス君の判定結果をカンザスシティ動物園が公表しています。 カンザスシティの地元でバーリンに出産の期待がかかっていることについては以前の投稿である「アメリカ ・ ミズーリ州 カンザスシティ動物園の23歳のバーリンの出産への期待に湧く地元」をご参照下さい。
a0151913_1158462.jpg
バーリン Photo(C)KCTV/Kansas City Zoo

さて、エルヴィス君の判定は ”Not pregnant(妊娠していない)” ということだそうです。 カンザスシティ動物園はエルヴィス君の判定は判定として、バーリンは最近妊娠の兆候を示す行動を行っていることは間違いないことから、バーリンについては引き続き産室に留め置いて監視体制を今まで通り継続すると言っていますが、それは当然でしょう。 この犬による嗅覚判定の試みは今回が初めてなわけで、95%という正解率が仮に正しいとしても残りの5%に期待するのは当然です。地元のTVニュースをご覧ください。 冒頭はCMです。

この雌のバーリンですが、この12月で24歳になるわけで今まで出産に成功した経験はありません。 なかなか厳しい状況であるわけですが、彼女はあのミネソタ州ダルースを襲った洪水の影響でスペリオル湖動物園から避難させられ、そしてコモ動物園に移動後には腹部の手術を受けたりして、そしてカンザスシティ動物園にやってきたわけです。 非常に同情すべきホッキョクグマであり、私の気持ちではカンザスシティ動物園のようなホッキョクグマに関してはなにかとマスコミとファンが過熱し、それに動物園自体がそれ乗っかっていくような騒がしい土地柄の場所ではなく、別のもっと静かな動物園で繁殖を狙わせてやりたかったと思っています。

(資料)
Kansas City Star (Nov.14 2013 - Elvis the beagle detects no pregnancy in Berlin the polar bear)
KCTV Kansas City (Nov.14 2013 - KC Zoo: Beagle does not detect Berlin pregnancy)
KMBC (Nov.14 2013 - Dog that sniffs out pregnancies says KC Zoo polar bear not expecting)

(過去関連投稿)
アメリカ・デンバー動物園、コロンバス動物園などがホッキョクグマの妊娠判定にビーグル犬の嗅覚を利用へ
アメリカ・ミネソタ州ダルース、スペリオル湖動物園のバーリンのお誕生会 ~ 個体の死因追及について
アメリカ・ミネソタ州ダルース、スペリオル湖動物園のバーリンが同地域を襲った洪水で飼育場から一時逃亡!
アメリカ・ミネソタ州スペリオル湖動物園のバーリンが洪水からの一時避難のためコモ動物園に収容
アメリカ、スペリオル湖動物園のバーリン、避難先のコモ動物園の展示場 ("Polar Bear Odyssey") に登場
アメリカ・ミネソタ州、コモ動物園のバーリンが腹部の検査手術を受ける
アメリカ・ミネソタ州コモ動物園のバーリンの手術後の回復は順調 ~ 再び展示場へ
アメリカ ・ ミネソタ州 コモ動物園のバーリン、手術後の経過は良好 ~ 待望される完全回復
アメリカ ・ コモ動物園のバーリンがカンザスシティ動物園へ ~ 「ニキータとバーリンの物語」は可能か?
アメリカ・ミネソタ州のスペリオル湖動物園で不在のバーリンのお誕生会 ~ “Berlin is our family."
アメリカ・コモ動物園のバーリンがカンザスシティ動物園に無事到着 ~ 繁殖に大きな期待を寄せる地元
アメリカ・ミズーリ州カンザスシティ動物園の展示場にバーリンが遂に初登場 ~ 期待に加熱する地元報道
アメリカ・カンザスシティ動物園の年齢差ペア、バーリンとニキータの初手合い ~ 圧倒的年齢差克服のカギ
by polarbearmaniac | 2013-11-15 12:00 | Polarbearology

カテゴリ

全体
Polarbearology
しろくま紀行
異国旅日記
動物園一般
Daily memorabilia
倭国旅日記
しろくまの写真撮影
旅の風景
幻のクーニャ
エッセイ、コラム
街角にて
未分類

最新の記事

ロシア・ノヴォシビルスク動物..
at 2017-08-21 01:30
ロシア・西シベリア、セヴェル..
at 2017-08-20 15:00
*新規投稿お知らせ
at 2017-08-19 23:45
ロシア・ヴォルガ川流域のペン..
at 2017-08-19 02:00
ロシア・西シベリア、ボリシェ..
at 2017-08-18 02:00
ロシアのクラスノヤルスク環境..
at 2017-08-17 01:30
チェコ・プラハ動物園のホッキ..
at 2017-08-16 01:30
ロシア・サンクトペテルブルク..
at 2017-08-15 01:30
ロシア・ウラル地方、エカテリ..
at 2017-08-14 01:30
大阪・天王寺動物園のシルカ ..
at 2017-08-13 01:30

以前の記事

2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月

検索

ブログパーツ

  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。

ライフログ


人生と運命 1


スターリン―青春と革命の時代


モスクワは本のゆりかご


私のモスクワ、心の記憶


自壊する帝国 (新潮文庫)


甦るロシア帝国 (文春文庫)


嘘つきアーニャの真っ赤な真実 (角川文庫)


ロシア 春のソナタ、秋のワルツ-1999-21st


それからのエリス いま明らかになる鴎外「舞姫」の面影


ミチコ・タナカ 男たちへの讃歌 (新潮文庫)


わがユダヤ・ドイツ・ポーランド―マルセル・ライヒ=ラニツキ自伝


ベルリン戦争 (朝日選書)


Hof――ベルリンの記憶


カチンの森――ポーランド指導階級の抹殺


北京烈烈―文化大革命とは何であったか (講談社学術文庫)


慟哭の通州――昭和十二年夏の虐殺事件


主題と変奏―ブルーノ・ワルター回想録 (1965年)


藤田嗣治 異邦人の生涯


Barle's Story: One Polar Bear's Amazing Recovery from Life As a Circus Act


Hotel Adlon: Das Berliner Hotel, in dem die grosse Welt zu Gast war


Ein seltsamer Mann


Alma Rose: Vienna to Auschwitz


St Petersburg: A Cultural History


Gulag


The Guest from the Future: Anna Akhmatova and Isaiah Berlin