街、雲、それからホッキョクグマ ~ Polarbearology & conjectaneum


by polarbearmaniac

プロフィールを見る

ロシア・ウドムルト共和国イジェフスク動物園でピリグリムとオーロラが「結婚式」 ~ 新しい繁殖基地へ

a0151913_20161069.jpg
ピリグリム(右)とオーロラ(左) Photo(C)Комсомольская правда

a0151913_15514893.jpg
ロシア連邦・ウドムルト共和国のイジェフスク動物園で飼育されている雄のピリグリム(ピム)と雌のオーロラは間もなく4歳になります。 イジェフスク動物園ではこの2頭の将来の繁殖に期待して、11月16日土曜日に同動物園で「結婚式」と銘打ったイベントを行いました。 実はこの映像のライブ配信のサイトを先週土曜日の夕方の投稿で2時間ほどの間、御紹介していたのですが実際にはイジェフスク市内の別の映像が配信となったため、ご覧いただこうとされた方々にはご迷惑をおかけしてしまいました。 お詫び申し上げます。 今回のこの投稿では、そのイベントのごく一部の様子を伝えるTVのニュース映像がネット上に登場しましたので改めてご紹介させていただきます。 別に取り立てて言うほどのものではない普通のイベントのような気がします。 ただしそうは言ってもメンデルスゾーンの「結婚行進曲」が流れています。


В Ижевском зоопарке сыграли звериную свадьбу
(*追記 - 上の映像がご覧になれない場合、こちらを開いてみて下さい。)

(*追記 - 他の映像も入ってきていますのでご紹介しておきます。 特に2番目のものはまとまった時間が収録されていて意義があると思います。)





この雄のピリグリム(ピム)は2009年12月にカザン市動物園であのマレイシュカお母さんから生まれており、その後は幼いにもかかわらずいろいろと短期間で移動させられたために私は「さすらいのホッキョクグマ」と彼のことを呼んだこともありました。 詳しくは是非、「ロシア・ウドムルト共和国のイジェフスク動物園 ~ 『さすらいのホッキョクグマ』ピムの安住の地となるか」という投稿をご参照頂きたく思います。 このピリグリムの本来の権利はロストフ動物園にあったのですがロストフ動物園はこのピリグリムをモスクワ動物園の幼年個体であったトーニャと交換し、トーニャはその後にベルリン動物公園に移動したわけです。 一方このピリグリムの権利を得たモスクワ動物園はそれをカザン市動物園に譲渡し、そしてカザン市動物園はこのピリグリムをイジェフスク動物園に貸し出したということになります。
a0151913_20285355.jpg
Photo(C)Ижевский зоопарк

一方、雌のオーロラは2010年5月にタイミール半島で保護された野生孤児であり、彼女は双子姉妹のもう一頭であるヴィクトリアとシベリアのクラスノヤルスク動物園でしばらく一緒に飼育されたわけですが、ロシアの連邦政府の自然管理局 (RPN - Федеральная служба по надзору в сфере природопользования) とクラスノヤルスク動物園の協議で一頭はカザン市動物園で飼育させることになったわけです。 その一頭であるオーロラはカザン市動物園側の事情でイジェフスク動物園にて飼育されることになったわけです。 このあたりのことは「ロシア・クラスノヤルスク動物園で保護の双子の孤児に別れの時来る ~ オーロラがイジェフスク動物園へ」という投稿をご参照下さい。 つまりピリグリムとオーロラが仮に将来繁殖に成功すれば、その権利は基本的にはすべてカザン市動物園に帰属するということになるはずです。 カザン市動物園はピリグリムの所有権を持ち、そしてオーロラの保護権があるということになるからです。
a0151913_1565434.jpg
ピリグリム(右)とオーロラ(左) Photo(C)Аргументы и Факты

このイジェフスク動物園にはもう一組のペアが飼育されています。 それは野生出身で9歳になる雌のドゥムカと8歳になる雄のノルドです。 彼らも非常に有望なペアだと思います。 このイジェフスク動物園のホッキョクグマ展示場はロシアの動物園としては飼育環境は比較的良く、今後のロシアでの新しい繁殖基地となる可能性は十分にあるでしょう。 ピリグリムとオーロラが飼育展示場を駆け回っている映像をご紹介しておきます。 ロシアの動物園にしてはなかなか広く感じます。



(資料)
Комсомольская правда (Nov.14 2013 - Жителей Ижевска приглашают на свадьбу белых медведей)
Аи­Ф-Удмуртия (г. Ижевск) (Nov.14 2013 - Белые медведи в ижевском зоопарке сыграют пышную свадьбу)
Голос России (Nov.15 2013 - В Ижевском зоопарке белые медведи сыграют свадьбу)
Телерадиокомпания «Петербург» (Nov.17 2013 - В Ижевском зоопарке сыграли звериную свадьбу)

(過去関連投稿)
(*以下、ピリグリム関連)
ロシア・カザン市動物園でホッキョクグマの赤ちゃん誕生!!
ロシア・カザン市動物園で生まれた赤ちゃん(続報)動画公開!
モスクワ動物園、ロシア国内の幼少ホッキョクグマの売却一元管理を開始か?
ロシア・ウドムルト共和国のイジェフスク動物園 ~ 「さすらいのホッキョクグマ」ピムの安住の地となるか
モスクワ動物園がカザン市動物園に1頭のホッキョクグマを贈与 ~ 帰属意識と権利関係の狭間で

(*以下、オーロラ関連)
ロシア極北・タイミール半島でホッキョクグマの2頭の赤ちゃんを保護!
ロシア・タイミール半島で保護された赤ちゃん孤児の続報
ロシア・クラスノヤルスク動物園の2頭の赤ちゃん孤児、同市に留まり同居の継続が決定!
ロシア・クラスノヤルスク動物園で暮らすタイミール半島で保護された双子の孤児の名前が決まる
ロシア・クラスノヤルスク動物園で保護の双子の孤児に別れの時来る ~ オーロラがイジェフスク動物園へ
by polarbearmaniac | 2013-11-19 01:00 | Polarbearology

カテゴリ

全体
Polarbearology
しろくま紀行
異国旅日記
動物園一般
Daily memorabilia
倭国旅日記
しろくまの写真撮影
旅の風景
幻のクーニャ
エッセイ、コラム
街角にて
未分類

最新の記事

ホッキョクグマを飼育している..
at 2017-11-25 00:30
フィンランド・ラヌア動物園の..
at 2017-11-24 00:30
ドイツ・ミュンヘン、ヘラブル..
at 2017-11-23 00:30
ロシア・サンクトペテルブルク..
at 2017-11-22 06:00
ロシア・ノヴォシビルスク動物..
at 2017-11-22 00:30
ロシア・サンクトペテルブルク..
at 2017-11-21 01:00
エストニア・タリン動物園のノ..
at 2017-11-21 00:30
エストニア・タリン動物園、新..
at 2017-11-20 01:00
仙台・八木山動物公園、苦心す..
at 2017-11-19 00:30
ロシア・イジェフスク動物園が..
at 2017-11-18 01:30

以前の記事

2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月

検索

ブログパーツ

  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。

ライフログ


人生と運命 1


スターリン―青春と革命の時代


モスクワは本のゆりかご


私のモスクワ、心の記憶


自壊する帝国 (新潮文庫)


甦るロシア帝国 (文春文庫)


嘘つきアーニャの真っ赤な真実 (角川文庫)


ロシア 春のソナタ、秋のワルツ-1999-21st


それからのエリス いま明らかになる鴎外「舞姫」の面影


ミチコ・タナカ 男たちへの讃歌 (新潮文庫)


わがユダヤ・ドイツ・ポーランド―マルセル・ライヒ=ラニツキ自伝


ベルリン戦争 (朝日選書)


Hof――ベルリンの記憶


カチンの森――ポーランド指導階級の抹殺


北京烈烈―文化大革命とは何であったか (講談社学術文庫)


慟哭の通州――昭和十二年夏の虐殺事件


主題と変奏―ブルーノ・ワルター回想録 (1965年)


藤田嗣治 異邦人の生涯


Barle's Story: One Polar Bear's Amazing Recovery from Life As a Circus Act


Lenin's Tomb: The Last Days of the Soviet Empire


Resurrection: The Struggle for a New Russia


Hotel Adlon: Das Berliner Hotel, in dem die grosse Welt zu Gast war


Ein seltsamer Mann


Alma Rose: Vienna to Auschwitz


St Petersburg: A Cultural History


Gulag