街、雲、それからホッキョクグマ ~ Polarbearology & conjectaneum


by polarbearmaniac

プロフィールを見る

白浜のアドベンチャーワールドで誕生の赤ちゃんの一般公開開始の日の映像

南紀白浜のアドベンチャーワールドで11月21日に誕生し人工哺育で育てられている雄の赤ちゃんは11月30日より一般公開になっています。 その日の映像が同園より公開されていますのでご紹介しておきます。







実は私はこのアドベンチャーワールドで前回誕生のミライ(2009年10月13日誕生)の一般公開初日にはアドベンチャーワールドに行ってその姿を見て写真も何枚が撮影しています。 実はそれ以降、モスクワ動物園やレニングラード動物園やオランダ、デンマーク、ドイツなどの動物園には何度も足を運びましたが国内にいるミライにはなんと一度も会っていないというわけです。 会いに行かなかったというのは明確な理由がありますが、ここではそれには触れません。今回のこの赤ちゃんについては一般公開開始とはいってもすぐに会いに行こうという気はあまりせず、まあ何週間か経過した段階で会いに行ってもいいかな、とは思っています。 だたし年内ということはないと思います。

動物園などにおけるホッキョクグマの赤ちゃんの戸外登場、一般公開開始というのは生後3ヶ月から100日を超えたあたりに設定されるのですが、それは自然下において赤ちゃんがお母さんと共に巣穴から姿を現すのと時期的に同じであり、同じ意味付けがなされます。 この両方はホッキョクグマの人生(熊生)にとっての一つの重要な節目であるわけです。 ですから、それを見るのはそれなりの意味があると考えます。 ところが今回のように生後9日目程度での一般公開というのは、ホッキョクグマの人生(熊生)にとっては特別の節目ではない任意的に設定された公開開始日であるということです。 ですので、その日に無理してまで出かけようとは思わなかったというのも理由の一つです。

ホッキョクグマというのは自然下では孤高の存在であるわけですが、私は実はホッキョクグマというものの最高の姿は親子の姿であると思っています。 そしてホッキョクグマの親子の間の関係はどうなっているか、どう変化していくか、母親はいかにして子供たちに接していくかに非常に興味があるわけで、その観察は非常に骨の折れることですし、そして集中力と洞察力が要求され、非常にやりがいがあると思っています。 そういうものを見るためなら治安の良くない物騒なロシアに何度も行くことに何の抵抗もありません。人工哺育の赤ちゃんの場合は、そういった親子の関係を観察する必要が全くないので、ある意味では見るのは非常に楽であるわけです。 ホッキョクグマの観察に関しては、「楽」よりも「苦労」が大好きな私ですので、「楽」にはいささか食指が動かないといった点もあるわけです。

(過去関連投稿)
白浜のアドベンチャーワールドでホッキョクグマの赤ちゃん誕生! ~ "La fin justifie les moyens ?"
白浜のアドベンチャーワールドで誕生の赤ちゃんの生後5日目の映像が公開
by polarbearmaniac | 2013-12-02 19:00 | Polarbearology

カテゴリ

全体
Polarbearology
しろくま紀行
異国旅日記
動物園一般
Daily memorabilia
倭国旅日記
しろくまの写真撮影
旅の風景
幻のクーニャ
エッセイ、コラム
街角にて
未分類

最新の記事

フランス・ミュルーズ動物園の..
at 2017-03-26 22:00
ハンガリー・ブダペスト動物園..
at 2017-03-25 21:00
ウクライナ・ムィコラーイウ動..
at 2017-03-25 13:00
ロシア北東部・サハ共和国、ヤ..
at 2017-03-24 15:00
ドイツ・ミュンヘン、ヘラブル..
at 2017-03-23 20:00
男鹿水族館のクルミと豪太のペ..
at 2017-03-22 23:30
ハンガリー・ブダペスト動物園..
at 2017-03-21 20:00
ロシア・ノヴォシビルスク動物..
at 2017-03-21 18:00
ロシア・ノヴォシビルスク市の..
at 2017-03-20 19:00
デンマーク・オールボー動物園..
at 2017-03-19 20:30

以前の記事

2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月

検索

ブログパーツ

  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。

ライフログ


人生と運命 1


スターリン―青春と革命の時代


モスクワは本のゆりかご


私のモスクワ、心の記憶


自壊する帝国 (新潮文庫)


甦るロシア帝国 (文春文庫)


嘘つきアーニャの真っ赤な真実 (角川文庫)


ロシア 春のソナタ、秋のワルツ-1999-21st


それからのエリス いま明らかになる鴎外「舞姫」の面影


ミチコ・タナカ 男たちへの讃歌 (新潮文庫)


わがユダヤ・ドイツ・ポーランド―マルセル・ライヒ=ラニツキ自伝


ベルリン戦争 (朝日選書)


Hof――ベルリンの記憶


カチンの森――ポーランド指導階級の抹殺


北京烈烈―文化大革命とは何であったか (講談社学術文庫)


慟哭の通州――昭和十二年夏の虐殺事件


主題と変奏―ブルーノ・ワルター回想録 (1965年)


藤田嗣治 異邦人の生涯


Barle's Story: One Polar Bear's Amazing Recovery from Life As a Circus Act


Hotel Adlon: Das Berliner Hotel, in dem die grosse Welt zu Gast war


Ein seltsamer Mann


Alma Rose: Vienna to Auschwitz


St Petersburg: A Cultural History


Gulag


The Guest from the Future: Anna Akhmatova and Isaiah Berlin