街、雲、それからホッキョクグマ ~ Polarbearology & conjectaneum


by polarbearmaniac

プロフィールを見る

モスクワで「ホッキョクグマ保護国際フォーラム」が開催 ~ 保護協定締結40周年と今後の行動方針に向けて

a0151913_1332782.jpg
会議会場のメトロポールホテル前に置かれたホッキョクグマ像
ALEXANDER NEMENOV / AFP

現在、12月4日から6日の三日間、モスクワのメトロポールホテルを会場として「ホッキョクグマ保護国際フォーラム (International Forum on the Conservation of Polar Bears / Международный форум по сохранению белых медведей) が開催されています。 これは、1973年に締結された「ホッキョクグマ保護に関する協定 (Agreement on the Conservation of polar bears) 」締結からちょうど 40年が経過し、これまでの成果、特に最近の10年間にスポットを当ててその成果を振り返ると同時に今後10年間に優先して行うべき課題を見定め、そしてホッキョクグマの保護に関して行うべき行動プランを吟味するという目的で行われており、出席しているのはカナダ、アメリカ、ロシア、ノルウェー、グリーンランド(デンマーク)の自然・野生動物の保護を行う監督官庁の責任者及び幹部、カナダのイヌイットの団体の責任者、IUCN(国際自然保護連合)のホッキョクグマに関する専門家、協定事務局、国連、EUの関係部署の責任者、WWF (World Wide Fund for Nature)、IFAW (International Fund for Animal Welfare) などの保護活動団体の責任者、ホッキョクグマ保護の協賛する企業の幹部などがメンバーとなっています。

会場のメトロポールホテル前に置かれたホッキョクグマ像

報道によりますと IFAW (International Fund for Animal Welfare) はホッキョクグマの部位の国際商取引を完全に禁止せよという主張を行うそうで、そうなるとカナダのイヌイットの団体との白熱した議論となることも予想されます。 しかしこの会議のスケジュールと議題を見ますと報告・発表がその多くを占めており、果たして今後のホッキョクグマ保護についての具体的施策を討議する時間があるのかがやや疑問にも思うのですが、はたしてこの会議でどんな成果が出たかについては、会議終了後にここで報告いたしたいと思います。 事前に議題をあれこれここでご紹介するよりも、結果をご紹介したほうが効率的であると考えますので今回は詳しい個々の議題はあえて触れないでおきます。 ご興味のある方はリンク先をご参照下さい。

それから私は初めて知ったのですが、日本企業としては唯一、キヤノン(ロシアの現地法人)は北極圏の生物保護に協賛して保護活動に資金援助を行っているようで、今回の会議のメンバーにはコカコーラ社、エクソンモービル社、ガスプロム社、ロスネフチ社などと並んで堂々とキヤノンの現地法人幹部が二名名前を連ねています。  さて、ここでカナダのチャーチルにおけるホッキョクグマの現状についてなかなかコンパクトに要点をまとめたイギリスのガーディアン紙の映像報告がありますのでご紹介しておきます。 まさにこういうことです。



(資料)
International Forum on the Conservation of Polar Bears (About Forum) (Forum agenda)
IUCN/SSC PBSG (Agreement on the Conservation of Polar Bears)
РИА Новости (Dec.3 2013 - Стратегия северных стран для белого медведя)
Комсомольская правда (Dec.2 2013 - Протяни лапу помощи белому мишке!)
The Voice of Russia (Dec.4 2013 - Moscow to host international polar bear conservation forum)
The Moscow Times (Dec.5 2013 - 40 Years On, Polar Bears and Threats to Their Habitat are Multiplying) (Dec.4 2013 - Bad news for polar bears: hunting, protection issues heavily politicized - interview)
Digital Journal (Dec.3 2013 - At Moscow polar bear forum, IFAW calls for an end to international commercial trade)
NRDC (Dec.3 2013 - Polar Bear Range States Meeting in Moscow This Week) (International Forum on Conservation of Polar Bears Must Address Climate Change and Unsustainable Trade)
by polarbearmaniac | 2013-12-06 02:00 | Polarbearology

カテゴリ

全体
Polarbearology
しろくま紀行
異国旅日記
動物園一般
Daily memorabilia
倭国旅日記
しろくまの写真撮影
旅の風景
幻のクーニャ
エッセイ、コラム
街角にて
未分類

最新の記事

ロシア北東部サハ共和国で北極..
at 2017-09-23 22:00
ロシア・ペルミ動物園が間もな..
at 2017-09-23 00:30
大阪・天王寺動物園がゴーゴの..
at 2017-09-22 01:00
ロシア・西シベリア、ボリシェ..
at 2017-09-21 01:00
アメリカ・オレゴン動物園のノ..
at 2017-09-21 00:30
ピョートル(ロッシー)とクラ..
at 2017-09-20 06:00
ロシアのサーカス団の4頭のホ..
at 2017-09-20 00:30
デンマーク・オールボー動物園..
at 2017-09-19 01:15
ポーランド・ワルシャワ動物園..
at 2017-09-18 02:00
ロシア極東・沿海州、ハバロフ..
at 2017-09-17 03:00

以前の記事

2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月

検索

ブログパーツ

  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。

ライフログ


人生と運命 1


スターリン―青春と革命の時代


モスクワは本のゆりかご


私のモスクワ、心の記憶


自壊する帝国 (新潮文庫)


甦るロシア帝国 (文春文庫)


嘘つきアーニャの真っ赤な真実 (角川文庫)


ロシア 春のソナタ、秋のワルツ-1999-21st


それからのエリス いま明らかになる鴎外「舞姫」の面影


ミチコ・タナカ 男たちへの讃歌 (新潮文庫)


わがユダヤ・ドイツ・ポーランド―マルセル・ライヒ=ラニツキ自伝


ベルリン戦争 (朝日選書)


Hof――ベルリンの記憶


カチンの森――ポーランド指導階級の抹殺


北京烈烈―文化大革命とは何であったか (講談社学術文庫)


慟哭の通州――昭和十二年夏の虐殺事件


主題と変奏―ブルーノ・ワルター回想録 (1965年)


藤田嗣治 異邦人の生涯


Barle's Story: One Polar Bear's Amazing Recovery from Life As a Circus Act


Lenin's Tomb: The Last Days of the Soviet Empire


Resurrection: The Struggle for a New Russia


Hotel Adlon: Das Berliner Hotel, in dem die grosse Welt zu Gast war


Ein seltsamer Mann


Alma Rose: Vienna to Auschwitz


St Petersburg: A Cultural History


Gulag