街、雲、それからホッキョクグマ ~ Polarbearology & conjectaneum


by polarbearmaniac

プロフィールを見る

札幌・円山動物園のマルルとポロロが満一歳となる ~ ララお母さんとの2年目はありうるか?

a0151913_20233948.jpg
ポロロ(左)とマルル(右) (2013年11月24日撮影)

昨年の12月8日にララお母さんから誕生したマルルとポロロが満一歳になりました。 早いものです。 今回のこの雌の双子ですがララお母さんが春先から絶好調だったこともあり順調に成育を遂げていますが、9月に起こったマルルの転落事故そしてその前後での飼育展示場の移動という落ち着かない状態で、秋口からのララ親子は何か不完全燃焼であるような印象を私は持ってしまいます。 おもちゃも与えられず公式の誕生会のイベントも開催されないなど、いささか同情すべき状況ではあります。 一つの園で複数のホッキョクグマの繁殖を行うことの難しさを感じてしまいます。

現在行われている「世界の熊館」の観覧規制ですが、仮にキャンディが出産に成功し産室内で育児を行い始めた場合に、現在ララ親子の観覧に関しての特別措置である2時間の観覧規制解除は無くなるのか(つまり春先までの完全閉鎖)、それとも継続されて観覧場所の制限だけになるのかについても明確な見通しが立てにくいように思います。

今回のマルルとポロロの双子姉妹は観察していて実に興味の尽きない姉妹だと思います。 過去に何度か書きましたがララお母さんは男の子よりも女の子を育てる方が得意であるということを再認識させるのに十分だと思われます。 3月下旬からずっと観察してみてわかることは、ララお母さんというのは「母親の権威」を真正面から高々と振りかざすことを可能な限り避けたいと考え、それにためらいを感じているように見えます。 こういう母親というのは息子よりも娘を育てるのに向いているのだと考えてよいように思うわけです。
a0151913_2027720.jpg
マルル(左)とポロロ(右) (2013年11月23日撮影)

このマルルとポロロが来年2~3月に別の動物園に移動するかどうかは予想が付きにくいと思います。 まず移動先を確保するのが困難だろうということです。 仮定の上に仮定を積み上げれば、釧路でミルクとアイラの同居実現、帯広のイコロの上野行き...これが可能になれば帯広のスペースが空きますのでマルルとポロロが帯広に行くということも可能かもしれません。 しかし現実的には難しいでしょう。 キャンディは今回が札幌での最後の繁殖へのチャレンジであると考えれば、それに失敗した場合はキャンディは豊橋に戻り、そして来春はデナリとララとの間の繁殖を目指すということになるでしょう。 この場合はマルルとポロロの移動は不可避ですので、思い切って釧路でミルクとマルルとポロロの3頭同居をやらせる手はあり得ます。 オランダあたりだったらこういうことを思い切ってやるわけです。 しかしこれも現実的には実現しないでしょう。 要するにこういったアイディアの実現には釧路が必ず一枚かんでこないとうまくいかないわけですが、釧路は道内では独自の道を歩んでいるわけで、それが一枚かんでくるということはありえないというわけです。 となれば、マルルとポロロはさらにもう一年ララお母さんのところに留まるという選択肢が浮かび上がってくるしかないでしょう。
a0151913_2021994.jpg
ララお母さん (2013年11月24日撮影)

このララお母さんの「育児2年目」というのはララお母さんにとっても、そしてそれを見守る側の我々にとっても多分初体験のはずで、実は母親にとっての新たなる挑戦の領域であるわけです。 雄の双子の場合の2年目というのは母親にとっての試練の場になる可能性があります。 仮に2年目の雄の双子が共同戦線を張って母親に反抗した場合、「母親の権威」を維持することが難しくなるわけです。 ドイツのニュルンベルク動物園のグレゴールとアレウトの雄の双子の場合などはこういったケースでした。 比較的体の小さなヴェラお母さんでは双子を押さえきれなかったわけです。 雌の双子の場合はその点、そういったことはないと思います。 ララお母さんはどういった姿勢で2年目の娘たちに向き合うかということは興味ある話です。 もし本当にララお母さんの「育児2年目」が実現するとなると極めて興味深い観察の場が生じることになるでしょう。

しかしそもそも来春に予想される日本のホッキョクグマ界の移動については現時点では予想が非常に難しいと思われます。 その理由として北海道だけで抽出すれば、

① 旭川でサツキ (and/or) ルルが出産・育児に成功すれば旭川から他園へ移動させねばならない個体が最低一頭生じてくる。 それがピリカになる可能性は大きいが受け入れ先は札幌以外にはなくなってくるが可能なのか?

② 札幌でのキャンディの出産・育児の成否とキャンディ再残留の可能性との両者の関連が読み切れない。

③ 帯広のイコロとアイラをこのままにしておけるのか?


まるでパズルのような話です。
a0151913_20333358.jpg
マルル(左)とポロロ(右) (2013年11月24日撮影)

ちょっと話が大きくなってしまいました。 いずれにせよ、マルルとポロロが無事に満一歳を迎えたことを喜びたいと思います。 お誕生日おめでとう!
by polarbearmaniac | 2013-12-08 21:00 | Polarbearology

カテゴリ

全体
Polarbearology
しろくま紀行
異国旅日記
動物園一般
Daily memorabilia
倭国旅日記
しろくまの写真撮影
旅の風景
幻のクーニャ
エッセイ、コラム
街角にて
未分類

最新の記事

ロシア北東部・サハ共和国、ヤ..
at 2017-08-22 17:00
ロシア・ノヴォシビルスク動物..
at 2017-08-21 01:30
ロシア・西シベリア、セヴェル..
at 2017-08-20 15:00
ロシア・ヴォルガ川流域のペン..
at 2017-08-19 02:00
ロシア・西シベリア、ボリシェ..
at 2017-08-18 02:00
ロシアのクラスノヤルスク環境..
at 2017-08-17 01:30
チェコ・プラハ動物園のホッキ..
at 2017-08-16 01:30
ロシア・サンクトペテルブルク..
at 2017-08-15 01:30
ロシア・ウラル地方、エカテリ..
at 2017-08-14 01:30
大阪・天王寺動物園のシルカ ..
at 2017-08-13 01:30

以前の記事

2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月

検索

ブログパーツ

  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。

ライフログ


人生と運命 1


スターリン―青春と革命の時代


モスクワは本のゆりかご


私のモスクワ、心の記憶


自壊する帝国 (新潮文庫)


甦るロシア帝国 (文春文庫)


嘘つきアーニャの真っ赤な真実 (角川文庫)


ロシア 春のソナタ、秋のワルツ-1999-21st


それからのエリス いま明らかになる鴎外「舞姫」の面影


ミチコ・タナカ 男たちへの讃歌 (新潮文庫)


わがユダヤ・ドイツ・ポーランド―マルセル・ライヒ=ラニツキ自伝


ベルリン戦争 (朝日選書)


Hof――ベルリンの記憶


カチンの森――ポーランド指導階級の抹殺


北京烈烈―文化大革命とは何であったか (講談社学術文庫)


慟哭の通州――昭和十二年夏の虐殺事件


主題と変奏―ブルーノ・ワルター回想録 (1965年)


藤田嗣治 異邦人の生涯


Barle's Story: One Polar Bear's Amazing Recovery from Life As a Circus Act


Hotel Adlon: Das Berliner Hotel, in dem die grosse Welt zu Gast war


Ein seltsamer Mann


Alma Rose: Vienna to Auschwitz


St Petersburg: A Cultural History


Gulag


The Guest from the Future: Anna Akhmatova and Isaiah Berlin