街、雲、それからホッキョクグマ ~ Polarbearology & conjectaneum


by polarbearmaniac

プロフィールを見る

S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

ドイツ・ミュンヘンのヘラブルン動物園でホッキョクグマの双子の赤ちゃん誕生!

a0151913_2159488.jpg
産室内でのジョヴァンナお母さんと双子の赤ちゃん 
Photo(C)Tierpark Hellabrunn

ドイツ・ミュンヘンのヘラブルン動物園 (Tierpark Hellabrunn) でホッキョクグマの双子の赤ちゃんが誕生しました。 9日のことだったそうです。 産んだのはもちろん上野動物園のデアの姉である7歳のジョヴァンナです。 ジョヴァンナはこの2頭を一時間経たない間隔で出産したそうで、こういうことは比較的少ないように思います。 普通は2~3時間の間隔で産むというケースが多いですね。 
a0151913_23154372.jpg
Photo(C)Tierpark Hellabrunn/Abendzeitung München

ジョヴァンナは一昨年暮れと昨年暮れも産室入りしたのですが出産はなかったわけで、今回は10月から産室のあるエリアに入っており、3回目にしてあっさりと出産してしまいました。 一昨年はジョヴァンナの初めての産室入りということでヘラブルン動物園は彼女の出産に大いに期待して情報を大々的に発信したわけです。 それについては、「ドイツ・ミュンヘン、ヘラブルン動物園のジョヴァンナに出産への大いなる期待」をご参照下さい。 そして結局、妊娠していなかったと判断され産室を出た件については、「ドイツ・ミュンヘンのヘラブルン動物園、ジョヴァンナが産室を出る ~ 産室 in/out の情報公表について」という投稿をご参照下さい。 ヘラブルン動物園の園長さんは大喜びだそうです。 園長さんは気持ちがすっかり高ぶってしまっているのか、もう来春の親子一緒の戸外登場への期待を語っているほどです。 それから今回のジョヴァンナの出産で画期的と思われるものは、出産の瞬間の映像をカラーで収録することに成功したということでしょう。 今までの出産の瞬間の映像 (ロストック動物園とサンフェリシアン原生動物園での映像を再度是非ご参照下さい) は全て赤外線カメラによるモノクロ映像だったわけで、今回のカラー映像が公開されれば確かに画期的なことだと思われます。 おそらくホッキョクグマの出産の瞬間をカラーの映像て捉えたのは世界で初めてのことだろうと思います。 今回まず公表された冒頭の写真もカラーですね。

一般的に言える傾向は、今までホッキョクグマの繁殖の実績がなかったり、あるいは前回の実績からかなりの年数が経過していたような動物園の場合、ホッキョクグマの雌が初めて繁殖に挑戦し、妊娠の可能性の兆候があったために産室入りする場合、そういった動物園では必要以上の情報を発信し、マスコミも「お祭り騒ぎ」のような扱いで報道するわけです。 だいたいにおいてこのケースでは出産はありません。 期待しているほうは肩透かしをくらうわけです。 そこで「賢くなった」そういう動物園は翌年からホッキョクグマの産室入りの事実や産室内の様子を伝える情報発信をやめてしまうわけです。 そうして1~2年後に出産に成功する...こういうパターンですね。 ヘラブルン動物園では久方振りのホッキョクグマの繁殖に臨んで、まさにこういうパターンの情報発信だったわけです。 ですから一昨年の暮れにあれほど騒いだものの、昨年についてはジョヴァンナの産室入りの報道は全く無く、そして今年も全く無かったというわけです。 そうすると不思議に出産は成功するということですね。
a0151913_23544588.jpg
ミュンヘン、ヘラブルン動物園、ホッキョクグマ飼育展示場

さて、しかし心配な点もないわけではありません。 ヘラブルン動物園はジョヴァンナの出産にあまりに有頂天になっているような気がしないでもありません。 というのは、この双子の赤ちゃんは誕生してまだ2日も経過していないわけです。 つまり最初の第一関門である出産後72時間が経過していないというわけです。 しかし多分、授乳開始の様子を確認しているがために、こうした非常に早い時期の出産の事実の発表ということなのでしょう。 しかしまだまだ非常に先が長く、相当に注意して見守らねばならないことは言うまでもありません。

さて、今年3月のジョヴァンナと彼女のパートナーであるヨギの繁殖行為をご紹介しておきます。 こちらをご覧下さい

(*注 - "Tierpark Hellabrunn" は実際には「ヘラブルン動物公園」とするのが正しいですが、日本語では「動物公園」という名称より「動物園」という名称のほうが一般的ですので 「へラブルン動物園」 と表記することにします。 一方、旧東ベルリンの"Tierpark Berlin" を 「ベルリン動物公園」と表記する理由は、旧西ベルリンに "Zoological Garden Berlin" (ベルリン動物園)が存在しており、それと区別するためです。)

(資料)
Tierpark Hellabrunn (Dec.10 2013 - Eisbärin Giovanna hat Nachwuchs bekommen! )
Abendzeitung München (Dec.10 2013 - Zwillinge! Eisbären-Babys im Tierpark Hellabrunn)
Süddeutsche Zeitung (Dec.10 2013 - Zwei Knuts für München)
by polarbearmaniac | 2013-12-11 01:30 | Polarbearology

カテゴリ

全体
Polarbearology
しろくま紀行
異国旅日記
動物園一般
Daily memorabilia
倭国旅日記
しろくまの写真撮影
旅の風景
幻のクーニャ
エッセイ、コラム
街角にて
未分類

最新の記事

ロシア・クラスノヤルスク動物..
at 2017-12-13 01:00
ベルリン動物公園で誕生の赤ち..
at 2017-12-12 00:15
大阪・天王寺動物園のシルカの..
at 2017-12-11 01:30
エストニア・タリン動物園のノ..
at 2017-12-11 00:30
カザフスタン・アルマトイ動物..
at 2017-12-10 00:30
ロシア・サンクトペテルブルク..
at 2017-12-09 00:30
ベルリン動物公園でホッキョク..
at 2017-12-08 18:00
ロシア・ノヴォシビルスク動物..
at 2017-12-08 01:00
カナダ・マニトバ州チャーチル..
at 2017-12-08 00:15
ロシア・サンクトペテルブルク..
at 2017-12-07 00:30

以前の記事

2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月

検索

ブログパーツ

  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。

ライフログ


人生と運命 1


スターリン―青春と革命の時代


モスクワは本のゆりかご


私のモスクワ、心の記憶


自壊する帝国 (新潮文庫)


甦るロシア帝国 (文春文庫)


嘘つきアーニャの真っ赤な真実 (角川文庫)


ロシア 春のソナタ、秋のワルツ-1999-21st


それからのエリス いま明らかになる鴎外「舞姫」の面影


ミチコ・タナカ 男たちへの讃歌 (新潮文庫)


わがユダヤ・ドイツ・ポーランド―マルセル・ライヒ=ラニツキ自伝


ベルリン戦争 (朝日選書)


Hof――ベルリンの記憶


カチンの森――ポーランド指導階級の抹殺


北京烈烈―文化大革命とは何であったか (講談社学術文庫)


慟哭の通州――昭和十二年夏の虐殺事件


主題と変奏―ブルーノ・ワルター回想録 (1965年)


藤田嗣治 異邦人の生涯


Barle's Story: One Polar Bear's Amazing Recovery from Life As a Circus Act


Lenin's Tomb: The Last Days of the Soviet Empire


Resurrection: The Struggle for a New Russia


Hotel Adlon: Das Berliner Hotel, in dem die grosse Welt zu Gast war


Ein seltsamer Mann


Alma Rose: Vienna to Auschwitz


St Petersburg: A Cultural History


Gulag