街、雲、それからホッキョクグマ ~ Polarbearology & conjectaneum


by polarbearmaniac

プロフィールを見る

ドイツ・ミュンヘンのヘラブルン動物園でジョヴァンナお母さんの出産の瞬間の画期的なカラー映像が公開

a0151913_23572021.jpg
ジョヴァンナお母さん(上野動物園のデアの姉) Photo(C)HO

12月9日にミュンヘンのヘラブルン動物園 (Tierpark Hellabrunn) でホッキョクグマの双子の赤ちゃんが誕生した件についてはすでにご紹介しています。 このジョヴァンナお母さんの出産の様子が詳しく発表されましたが、描写がかなり細かいですので簡単にまとめてご紹介しておきます。
a0151913_0114282.jpg
Image:Tierpark Hellabrunn/Abendzeitung München

まず9日の午前8時37分にジョヴァンナは痛みをこらえるように前脚を噛みはじめ、8時39分に最初の赤ちゃんを出産しました。9時40分に体を震わせ始め9時43分に二頭目の赤ちゃんを出産したとのことです。 ところがジョヴァンナは最初に産んだ赤ちゃんの面倒を見ることばかりに気を取られていたそうで、自分の後ろにいる赤ちゃんの存在は気が付かなかったようです。 10時5分になってようやくジョヴァンナは自分の後ろにもう一頭の赤ちゃんがいることに初めて気が付き、その二頭目の赤ちゃんを優しく口で咥え、壁に寄りかかってその赤ちゃんを自分の脚の上に置いたそうです。 22時40分の観察では徐ジョヴァンナは二頭の赤ちゃんを舐め、そして授乳を行っていたそうです。 生後2日目の11日の段階ではジョヴァンナは定期的に二頭の赤ちゃんに授乳を行っており、まさに母親として完璧な育児を行っているそうです。

一連の様子を映像でご覧いただきましょう。 やや長いですので、最初はむしろマスコミ提供の短縮ダイジェスト版を見ていただくほうがいいと思います。 それをご紹介しておきます。 これですと一頭目と二頭目の出産の両方を短時間で見ることができます。 園長さんと飼育担当者のインタビューが入っています。



さて、以下からが今回ヘラブルン動物園が公開した映像の全てです。 2頭の出産から育児開始までを4つに分けていて、それぞれがやや長い映像です。 まず最初は一頭目の出産です。 出産した後はなんだか赤ちゃんを放置しているようにすら見えます。



次は2頭目の出産です。



次は2頭目の赤ちゃんの存在に気が付いて以降の様子です。



次は2頭の赤ちゃんの面倒を見るジョヴァンナお母さんの様子です。 これのみ音声が入っていますので、音声はonにして下さい。



産室のような光のない場所でよくこのようなカラー映像を撮影したものです。 まさに画期的だと思います。 日本のSONY やCanon などメーカーは映像機器の製造技術、そしてその製品の映像の質の高さにかけては世界屈指のメーカーです。 そういう優れたメーカーの存在している日本という国の動物園のホッキョクグマの産室中の映像を見ると実に意外な感じがすることは事実です。 しかし私などは、「要は赤ちゃんが生まれたことこそが大事であり、産室内の映像の質はどうでもよい。 ああいった映像をもっとはっきり見ようと思ったら、モニター画面の前で眼を閉じて心の眼で見れば、もっとはっきり見える。」 と考えることにしています。 しかしそうとはいっても、映像を外部に公表するとなればあれは大いに改善の余地があるというのも事実です。 それから、今回のジョヴァンナの出産に関してヘラブルン動物園の情報発信力は実に素晴らしいものです。 誕生してから3日も経過しないうちにこれだけの映像を公開するのですから全く頭が下がります。

さて、今回のヘラブルン動物園でのジョヴァンナの出産のニュースは地元ミュンヘンで大きく報道されているそうです。 ドイツという国はやはりホッキョクグマの赤ちゃんの誕生に対する関心が非常に高いようです。 それもあのクヌートの存在が大きかったということでしょう。
a0151913_22363333.jpg
Photo(C)Tierpark Hellabrunn

それから冒頭の写真のジョヴァンナお母さんですが、彼女はどちらかというと父親のフェリックスに似ており、ジョヴァンナの妹である上野動物園のデアは母親のマリッサに似ているように思います。 そうはいってもやはりジョヴァンナとデアは姉妹なのでやはり似ています。 そのジョヴァンナとノエルのさらに上の姉はコペンハーゲン動物園のノエルです。 ノエルはデアと同じように母親似だという感じがしますね。

(*注 - "Tierpark Hellabrunn" は実際には「ヘラブルン動物公園」とするのが正しいですが、日本語では「動物公園」という名称より「動物園」という名称のほうが一般的ですので 「へラブルン動物園」 と表記することにします。 一方、旧東ベルリンの"Tierpark Berlin" を 「ベルリン動物公園」と表記する理由は、旧西ベルリンに "Zoological Garden Berlin" (ベルリン動物園)が存在しており、それと区別するためです。)

(資料)
Tierpark Hellabrunn (Dec.11 2013 - Eisbärin Giovanna im Zwillingsglück)
Bayerischer Rundfunk (Dec.11 2013 - Münchner Eisbärin bringt zwei Junge zur Welt)
Sat.1 Bayern (Dec.11 2013 - Sensation in Hellabrunn: Video der Eisbären-Geburt!)
Abendzeitung München (Dec.11 2013 - Eisbären-Babys in Hellabrunn: Die Geburt im Video)
Süddeutsche Zeitung (Dec.11 2013 - Eisbärin bekommt Zwillinge)
Nachrichten München (Dec.11 2013 - Tierpark Hellabrunn: Eisbärin Giovanna im Zwillingsglück - Die Geburt)

(過去関連投稿)
ドイツ・ミュンヘンのヘラブルン動物園でホッキョクグマの双子の赤ちゃん誕生!
by polarbearmaniac | 2013-12-12 01:00 | Polarbearology

カテゴリ

全体
Polarbearology
しろくま紀行
異国旅日記
動物園一般
Daily memorabilia
倭国旅日記
しろくまの写真撮影
旅の風景
幻のクーニャ
エッセイ、コラム
街角にて
未分類

最新の記事

フランス・ミュルーズ動物園の..
at 2017-03-26 22:00
ハンガリー・ブダペスト動物園..
at 2017-03-25 21:00
ウクライナ・ムィコラーイウ動..
at 2017-03-25 13:00
ロシア北東部・サハ共和国、ヤ..
at 2017-03-24 15:00
ドイツ・ミュンヘン、ヘラブル..
at 2017-03-23 20:00
男鹿水族館のクルミと豪太のペ..
at 2017-03-22 23:30
ハンガリー・ブダペスト動物園..
at 2017-03-21 20:00
ロシア・ノヴォシビルスク動物..
at 2017-03-21 18:00
ロシア・ノヴォシビルスク市の..
at 2017-03-20 19:00
デンマーク・オールボー動物園..
at 2017-03-19 20:30

以前の記事

2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月

検索

ブログパーツ

  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。

ライフログ


人生と運命 1


スターリン―青春と革命の時代


モスクワは本のゆりかご


私のモスクワ、心の記憶


自壊する帝国 (新潮文庫)


甦るロシア帝国 (文春文庫)


嘘つきアーニャの真っ赤な真実 (角川文庫)


ロシア 春のソナタ、秋のワルツ-1999-21st


それからのエリス いま明らかになる鴎外「舞姫」の面影


ミチコ・タナカ 男たちへの讃歌 (新潮文庫)


わがユダヤ・ドイツ・ポーランド―マルセル・ライヒ=ラニツキ自伝


ベルリン戦争 (朝日選書)


Hof――ベルリンの記憶


カチンの森――ポーランド指導階級の抹殺


北京烈烈―文化大革命とは何であったか (講談社学術文庫)


慟哭の通州――昭和十二年夏の虐殺事件


主題と変奏―ブルーノ・ワルター回想録 (1965年)


藤田嗣治 異邦人の生涯


Barle's Story: One Polar Bear's Amazing Recovery from Life As a Circus Act


Hotel Adlon: Das Berliner Hotel, in dem die grosse Welt zu Gast war


Ein seltsamer Mann


Alma Rose: Vienna to Auschwitz


St Petersburg: A Cultural History


Gulag


The Guest from the Future: Anna Akhmatova and Isaiah Berlin