街、雲、それからホッキョクグマ ~ Polarbearology & conjectaneum


by polarbearmaniac

プロフィールを見る

ドイツ・ミュンヘンのヘラブルン動物園の産室内カラー映像の秘密 ~ 赤外線映像のカラー化処理か?

a0151913_2214168.jpg
ジョヴァンナお母さん
Photo(C)Süddeutsche Zeitung/Stephan Rumpf

12月9日にミュンヘンのヘラブルン動物園でホッキョクグマの双子の赤ちゃんが誕生した件についてはすでにご紹介していますが、現在ドイツではホットな話題になっており現地のTV局も特集の形でこれを伝えたりしているようです。 産室内の鮮明なカラー映像のインパクトの大きさには驚きを感じます。 誕生してからまだ4日間しか経過していないのにもかかわらず、もう何日も前に生まれていたような印象を持ってしまいます。 ヘラブルン動物園はまたここで一つ最新の映像を公開しましたのでご紹介しておきます。これは12月11日夜(日本時間では12日朝)の映像です。 ジョヴァンナお母さんが赤ちゃんをしっかり抱いているのがわかります。



このジョヴァンナお母さんは初産であるものの実に落ち着いているように見えます。 見ていて安定感を感じます。 なかなか大物お母さんですね。 こうしてまた欧州に一頭、素晴らしいお母さんが登場したわけです。

それから、今回の産室のような光の無い場所でなぜこのようなカラー撮影が可能だったかですが、実は産業技術総合研究所がすでに高精細な赤外線カラー暗視撮影技術を開発しており、同研究所もしくは同じ技術を開発していた別の機関がそれをヘラブルン動物園に試験用として納入していたのではないかと思われます。 実はこういった新しい技術の機材を無償で欧州の関係機関に納入して試験的に使ってもらうというのは比較的よくあるケースなのです。 どういう技術かといいますと産業技術総合研究所によれば、「暗闇にある被写体に赤外線を照射し、被写体から反射してきた赤外線を独自の高感度赤外線撮影技術により検出し、弱いながらも存在する物体の可視光領域における反射特性と赤外線領域における反射特性の相関関係に基づいて、表色処理を行うことによって可視光下での被写体の色と同一かそれに近い色によるカラー動画を得る、これまでにない新しい撮影技術」 ということだそうです。 実はすでに、かなり暗い場所でもカラー映像を撮影できるBMC SG860C-8M という白色LEDライトを搭載した機種はすでにあるのですが、私はさすがにホッキョクグマの産室では白色LEDライトの使用は万が一のリスクが大きくて使用されていないように思います。 ですので、「赤外線投光器で赤外線を投射して赤外線映像を撮影し、カメラ内部の画像処理系によりカラー化する」 といったように最終的な画像処理の段階でのカラー化という最新の技術が使用されているのだろうと考えます。 BMC SG860C-8Mやその他の同種の機種では今回のようなジョヴァンナお母さんの体毛の一本一本まで見えるような精密なHD画像は無理です。 それに、このヘラブルン動物園の産室内の映像を見ますと全体が一様な明るさに見えることから、あくまでも画像の最終処理の段階でカラー化したと考えざるを得ません。
a0151913_22433289.jpg
Photo(C)独立行政法人 産業技術総合研究所

(資料)
独立行政法人 産業技術総合研究所 (高精細な赤外線カラー暗視撮影技術を開発

(過去関連投稿)
ドイツ・ミュンヘンのヘラブルン動物園でホッキョクグマの双子の赤ちゃん誕生!
ドイツ・ミュンヘンのヘラブルン動物園でジョヴァンナお母さんの出産の瞬間の画期的なカラー映像が公開
ドイツ・ミュンヘンのヘラブルン動物園で誕生の双子の赤ちゃんの産室内映像 ~ 及び出産映像完全版
by polarbearmaniac | 2013-12-14 00:30 | Polarbearology

カテゴリ

全体
Polarbearology
しろくま紀行
異国旅日記
動物園一般
Daily memorabilia
倭国旅日記
しろくまの写真撮影
旅の風景
幻のクーニャ
エッセイ、コラム
街角にて
未分類

最新の記事

ロシア・ロストフ動物園のコメ..
at 2017-04-29 22:30
ドイツ・ブレーマーハーフェン..
at 2017-04-28 22:30
フィンランド・ラヌア動物園の..
at 2017-04-28 02:00
アメリカ・コロンバス動物園の..
at 2017-04-27 11:00
ロシア極東・沿海州、ハバロフ..
at 2017-04-27 00:30
チェコ・ブルノ動物園の一歳半..
at 2017-04-26 00:30
ベルリン動物園 (Zoo B..
at 2017-04-25 00:30
モスクワ動物園の二歳半の雄(..
at 2017-04-24 01:30
ロシア・西シベリア、ボリシェ..
at 2017-04-24 00:30
オランダ・ヌエネン、「動物帝..
at 2017-04-23 00:30

以前の記事

2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月

検索

ブログパーツ

  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。

ライフログ


人生と運命 1


スターリン―青春と革命の時代


モスクワは本のゆりかご


私のモスクワ、心の記憶


自壊する帝国 (新潮文庫)


甦るロシア帝国 (文春文庫)


嘘つきアーニャの真っ赤な真実 (角川文庫)


ロシア 春のソナタ、秋のワルツ-1999-21st


それからのエリス いま明らかになる鴎外「舞姫」の面影


ミチコ・タナカ 男たちへの讃歌 (新潮文庫)


わがユダヤ・ドイツ・ポーランド―マルセル・ライヒ=ラニツキ自伝


ベルリン戦争 (朝日選書)


Hof――ベルリンの記憶


カチンの森――ポーランド指導階級の抹殺


北京烈烈―文化大革命とは何であったか (講談社学術文庫)


慟哭の通州――昭和十二年夏の虐殺事件


主題と変奏―ブルーノ・ワルター回想録 (1965年)


藤田嗣治 異邦人の生涯


Barle's Story: One Polar Bear's Amazing Recovery from Life As a Circus Act


Hotel Adlon: Das Berliner Hotel, in dem die grosse Welt zu Gast war


Ein seltsamer Mann


Alma Rose: Vienna to Auschwitz


St Petersburg: A Cultural History


Gulag


The Guest from the Future: Anna Akhmatova and Isaiah Berlin