街、雲、それからホッキョクグマ ~ Polarbearology & conjectaneum


by polarbearmaniac

プロフィールを見る

バルト海沿岸・エストニアのタリン動物園でホッキョクグマの赤ちゃん誕生!

a0151913_1047344.jpg
フリーダお母さん Photo(C)Delfi.info
a0151913_23315484.jpg
産室内のフリーダお母さん Image : Tallinna Loomaaed

いや、恐れ入りました。 今年は予想もしていなかった場所でホッキョクグマの赤ちゃん誕生のニュースがあるのではないかと思っていましたが、なんとバルト海沿岸のエストニアのタリン動物園でホッキョクグマの赤ちゃん誕生です。
a0151913_182592.jpg
Image : 日本経済新聞

タリン動物園が本日初めて明らかにしたところによりますと、出産したのは11歳になったばかりのフリーダで、タリン動物園のSNSの記事によれば誕生したのは11月24日のことだったそうです。 出産したのは2頭だったそうですが最初に生まれた赤ちゃんは死亡し、一時間後に生まれたもう一頭の赤ちゃんは生存中です。 誕生後、一か月しての発表ですが、タリン動物園はまさに祈るような気持ちでこの一頭の赤ちゃんの元気な成育を祈っているそうです。 フリーダお母さんは昨年も一頭出産したそうですが、すぐに赤ちゃんは死亡してしまったそうで、今回こうして初めて赤ちゃんが無事に何とか一か月生存しているわけで、何とか無事に育ってほしいものです。 フリーダお母さんの出産の瞬間、それからその後の様子を伝える映像が公開されていますので下にご紹介しておきます。 この産室にはチップがないのですね。 それから、なんとなく居心地が良くないようにも見えます。



タリン動物園については是非、過去関連投稿をご参照いただきたいのですが、新ホッキョクグマ飼育展示場の建設のために市民に寄付を募ったりと、それこそ必死の思いで計画を前進させており、今回のホッキョクグマの赤ちゃん誕生のニュースはタリン動物園にとってはそれこそ天恵の慶事であるといえましょう。 赤ちゃんの無事を祈りたいと思います。 それから、今回の赤ちゃんの父親であるノルトはウィーン生まれですが、彼がモスクワ動物園に暮らしていた5年ほど前の時代に私は一度彼に会ったことがありました。 ウランゲリと同居していましたが、まるで蛇ににらまれたカエルのように萎縮しており、ウランゲリは容赦なくノルトが食べている鶏肉を奪い取っていました。 ノルトは当時はもう7歳にもなっていたものの貫録という点ではウランゲリにとても立ち向かえるような雄ではなかったわけです。 しかしその彼ももう12歳になって、とうとうこうして父親になったのかと思うと感慨深いものがあります。 (ちなみにノルトは鹿児島のホクトの甥にあたります。 ノルトの祖母はあのベルリン動物公園のアイカというわけです。)

(資料)
Tallinna Loomaaed (Uudised /Dec.23 2013 - jääkaru Frida sai poja)
Tallinna Loomaaed facebook (Dec.24 2013)

(過去関連投稿)
エストニア・タリン動物園の気骨のホッキョクグマ、フランツの非業の死 ~ 待ち望まれる新施設
エストニア・タリン動物園、ホッキョクグマ舎改築は予算獲得が難問
エストニア・タリン動物園、懸案の新ホッキョクグマ展示場建設に向け募金活動を開始
エストニア・タリン動物園の「ホッキョクグマの日」のイベント ~ 新施設建設計画が動き出すタリン動物園
by polarbearmaniac | 2013-12-24 23:00 | Polarbearology

カテゴリ

全体
Polarbearology
しろくま紀行
異国旅日記
動物園一般
Daily memorabilia
倭国旅日記
しろくまの写真撮影
旅の風景
幻のクーニャ
エッセイ、コラム
街角にて
未分類

最新の記事

アンデルマさん、お元気で! ..
at 2017-07-21 03:30
ペルミ動物園訪問六日目 ~ ..
at 2017-07-21 03:00
ユムカ(ミルカ)は果たして今..
at 2017-07-20 03:45
ペルミ動物園訪問五日目 ~ ..
at 2017-07-20 03:30
「アンデルマお婆ちゃん (バ..
at 2017-07-19 03:45
ペルミ動物園訪問四日目 ~ ..
at 2017-07-19 03:30
ロシア・ホッキョクグマ界の若..
at 2017-07-18 03:45
ペルミ動物園訪問三日目 ~ ..
at 2017-07-18 03:30
カナダ・ウィニペグのアシニボ..
at 2017-07-18 03:15
アンデルマとユムカ(ミルカ)..
at 2017-07-17 03:45

以前の記事

2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月

検索

ブログパーツ

  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。

ライフログ


人生と運命 1


スターリン―青春と革命の時代


モスクワは本のゆりかご


私のモスクワ、心の記憶


自壊する帝国 (新潮文庫)


甦るロシア帝国 (文春文庫)


嘘つきアーニャの真っ赤な真実 (角川文庫)


ロシア 春のソナタ、秋のワルツ-1999-21st


それからのエリス いま明らかになる鴎外「舞姫」の面影


ミチコ・タナカ 男たちへの讃歌 (新潮文庫)


わがユダヤ・ドイツ・ポーランド―マルセル・ライヒ=ラニツキ自伝


ベルリン戦争 (朝日選書)


Hof――ベルリンの記憶


カチンの森――ポーランド指導階級の抹殺


北京烈烈―文化大革命とは何であったか (講談社学術文庫)


慟哭の通州――昭和十二年夏の虐殺事件


主題と変奏―ブルーノ・ワルター回想録 (1965年)


藤田嗣治 異邦人の生涯


Barle's Story: One Polar Bear's Amazing Recovery from Life As a Circus Act


Hotel Adlon: Das Berliner Hotel, in dem die grosse Welt zu Gast war


Ein seltsamer Mann


Alma Rose: Vienna to Auschwitz


St Petersburg: A Cultural History


Gulag


The Guest from the Future: Anna Akhmatova and Isaiah Berlin