街、雲、それからホッキョクグマ ~ Polarbearology & conjectaneum


by polarbearmaniac

プロフィールを見る

カナダ・マニトバ州 ウィニペグのアシニボイン公園動物園の4頭の若いホッキョクグマたちの冬

a0151913_2259308.jpg
オーロラ Photo(C)Assiniboine Park Zoo
a0151913_230233.jpg
カスカ Photo(C)Assiniboine Park Zoo

カナダ・マニトバ州ウィニペクにあるアシニボイン公園動物園にあるホッキョクグマ保護・厚生センター (The International Polar Bear Conservation Centre) で昨年秋に三頭の野生のホッキョクグマを保護されていますが、その3頭に加えてトロント動物園で人工哺育された2歳のハドソンも従来から飼育されていますので、これで同園では4頭もの若年・幼年個体を飼育すると言う豪華な顔ぶれがそろったことになります。 野生出身の3頭とは、人間を襲おうとしたもののスマートフォンの光にたじろいでしまった現在3歳の雄のストーム、チャーチルの空港付近をさまよっていた現在1歳の雌のオーロラ、自然保護官によって誤って母親を射殺されてしまった同じく現在1歳の雌のカスカ、この3頭です。
a0151913_22574712.jpg
ストーム Photo(C)Assiniboine Park Zoo

雄のハドソンとストームは初顔合わせを行い、ハドソンはストームに興味はあるもののストームはハドソンをぴしゃりとたたいたりなどもしたそうで、この2頭はまだ本格的な同居にはなってはいませんが、雌のオーロラとカスカは同居しているそうで、非常に相性が相性良くて12月以来ずっと一緒でいることが多いそうです。 最近のこの4頭の様子を同園の担当者の方の話も交えて見てみることにしましょう。



カナダのウィニペグでも気温は相当に下がっており、そして雪が風に舞うという光景の中で見るホッキョクグマたちの姿は非常に素晴らしいので是非見に来てほしいと同園では市民に呼びかけています。 冬の真っただ中のマニトバ州ですが、こういった気温の低い日にこの4頭のホッキョクグマたちがどのように過ごすかを同園では24時間の監視カメラで観察してみたところ、雄の野生出身のストームは扉が開放されているものの屋内には一切入らず全て戸外で過ごしているそうです。 同じく野生出身の雌のオーロラとカスカは屋内で数時間眠るそうで、人工哺育されたハドソンは屋内と戸外を行ったり来たりという様子だそうです。 ただし、屋内に入ってもそれほど長い時間をそこで過ごすということはないそうです。

今年には新施設である“The Journey to Churchill” が完成する予定だそうで、おそらくこの4頭は2つずつに別のスペースで終日展示になるようです。 雄2頭に雌2頭という申し分のない組み合わせであり、同園における将来の繁殖もかなり有望だと思います。

(資料)
Winnipeg Free Press (Jan.15 2014 - Polar bear cubs settling in at Assiniboine Park Zoo)
Winnipeg Free Press (Jan.16 2014 - City's polar bears thriving in the frigid temperatures)

(過去関連投稿)
*ストーム関連
カナダ・マニトバ州チャーチルで人を襲った3歳のホッキョクグマがアシニボイン公園動物園で飼育へ
カナダ・チャーチルで人を襲ったホッキョクグマが無事にアシニボイン公園動物園に到着
カナダ・アシニボイン公園動物園で保護されている3歳の雄のホッキョクグマが 「ストーム」 と命名される
カナダ・マニトバ州ウィニペグのアシニボイン公園動物園でハドソンとストームが初顔合わせ
カナダ・マニトバ州ウィニペグのアシニボイン公園動物園で3歳の野生出身の雄のストームが一般公開開始
*オーロラ関連
カナダ・マニトバ州チャーチル付近で野生孤児が保護され、ウィニペグのアシニボイン公園動物園で飼育が決定
カナダ・マニトバ州チャーチル付近で保護された雌の野生孤児がアシニボイン公園動物園に無事到着
カナダ・マニトバ州のアシニボイン公園動物園で保護された雌の野生孤児が「オーロラ」と命名される
カナダ・マニトバ州ウィニペグのアシニボイン公園動物園の野生孤児オーロラが歯科治療手術を受ける
*カスカ関連
カナダ・マニトバ州 チャーチルの街中で2頭のホッキョクグマが自然保護官に射殺される
カナダ・マニトバ州チャーチルで自然保護官に母親を射殺された雌の孤児がアシニボイン公園動物園で保護へ
カナダ・アシニボイン公園動物園で保護中の、自然保護官に母親を射殺された雌の孤児が「カスカ」と命名
カナダ・マニトバ州ウィニペグのアシニボイン公園動物園で保護中の雌の野生孤児カスカが戸外に出る
カナダ・ウィニペグのアシニボイン公園動物園で野生孤児のオーロラとカスカの同居一般公開が開始
*アシニボイン公園動物園関連
カナダ・マニトバ州、アシニボイン公園動物園内に建設中のホッキョクグマ保護・厚生センターについて
カナダ・マニトバ州、アシニボイン公園動物園内にホッキョクグマの保護・厚生施設が完成
カナダ・マニトバ州、アシニボイン公園動物園の新展示場施設の建設  ~  偉大なるデビーの遺したもの
by polarbearmaniac | 2014-01-17 01:00 | Polarbearology

カテゴリ

全体
Polarbearology
しろくま紀行
異国旅日記
動物園一般
Daily memorabilia
倭国旅日記
しろくまの写真撮影
旅の風景
幻のクーニャ
エッセイ、コラム
街角にて
未分類

最新の記事

ベルィ、謙虚さと「大陸的」な..
at 2017-07-23 05:00
快晴の土曜日、ペンザ動物園で..
at 2017-07-23 03:00
ペルミからモスクワ、そしてペ..
at 2017-07-22 04:30
アンデルマさん、お元気で! ..
at 2017-07-21 03:30
ペルミ動物園訪問六日目 ~ ..
at 2017-07-21 03:00
ユムカ(ミルカ)は果たして今..
at 2017-07-20 03:45
ペルミ動物園訪問五日目 ~ ..
at 2017-07-20 03:30
「アンデルマお婆ちゃん (バ..
at 2017-07-19 03:45
ペルミ動物園訪問四日目 ~ ..
at 2017-07-19 03:30
ロシア・ホッキョクグマ界の若..
at 2017-07-18 03:45

以前の記事

2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月

検索

ブログパーツ

  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。

ライフログ


人生と運命 1


スターリン―青春と革命の時代


モスクワは本のゆりかご


私のモスクワ、心の記憶


自壊する帝国 (新潮文庫)


甦るロシア帝国 (文春文庫)


嘘つきアーニャの真っ赤な真実 (角川文庫)


ロシア 春のソナタ、秋のワルツ-1999-21st


それからのエリス いま明らかになる鴎外「舞姫」の面影


ミチコ・タナカ 男たちへの讃歌 (新潮文庫)


わがユダヤ・ドイツ・ポーランド―マルセル・ライヒ=ラニツキ自伝


ベルリン戦争 (朝日選書)


Hof――ベルリンの記憶


カチンの森――ポーランド指導階級の抹殺


北京烈烈―文化大革命とは何であったか (講談社学術文庫)


慟哭の通州――昭和十二年夏の虐殺事件


主題と変奏―ブルーノ・ワルター回想録 (1965年)


藤田嗣治 異邦人の生涯


Barle's Story: One Polar Bear's Amazing Recovery from Life As a Circus Act


Hotel Adlon: Das Berliner Hotel, in dem die grosse Welt zu Gast war


Ein seltsamer Mann


Alma Rose: Vienna to Auschwitz


St Petersburg: A Cultural History


Gulag


The Guest from the Future: Anna Akhmatova and Isaiah Berlin