街、雲、それからホッキョクグマ ~ Polarbearology & conjectaneum


by polarbearmaniac

プロフィールを見る

ロシア・サンクトペテルブルク、レニングラード動物園のウスラーダ、繁殖成功ならず? ~ 本命総崩れの年

a0151913_1463031.jpg
ウスラーダ Photo(C)Ленинградский зоопарк

今シーズン (2013年) の世界のホッキョクグマ界における繁殖について最もその成否を注目されていたロシア・サンクトペテルブルク、レニングラード動物園の26歳になったばかりの女帝ウスラーダですが、なんと一昨日の同園のSNSのページに、「"Доброе утро !" (おはようございます!)」と言ってその姿を現しました(上の写真)。 ということは、今回は繁殖に成功しなかったということを意味することになるでしょうか。 このウスラーダの出産の可能性については昨年の秋に、「ロシア・サンクトペテルブルク、レニングラード動物園のウスラーダの歩む道 ~ 再説: 繁殖可能年齢上限」という投稿をしていますのでそれを是非ご参照下さい。

私はこのウスラーダの動向をいろいろと追っていたわけですが、1月の今の時期まで姿を見せていないということは、出産に成功して産室に留まっているということを意味しているだろうと考えていましたが、こうしてレニングラード動物園が写真を公開したのは、「繁殖は不成功」だったという、関心を持っている人にだけ理解できる隠れたメッセージを送るためだろうと理解すべきでしょうか。 そもそもこの写真そのものが1月に撮影されたものであるかどうかは全く不明です。 特に雪が全く写っていないという点が不可解であり、この写真は最近のものえはないように思います。 ただしかし、よくこういった手法で動物園がホッキョクグマに出産が無かったことをそれとなく知らせるという手法はアメリカの動物園などにはよくあることです。 さらに昨日になってレニングラード動物園は、” Зима в зоопарке (動物園の冬)” という映像をアップしていますが、その冒頭にウスラーダとメンシコフが登場しています。 この映像は確かに雪の中で二頭が同居している姿ですが、これもこの冬に撮影されたものかどうかには確証はありませんが、しかしこれはどうもここ数日に撮られたもののような気はします。 (やはりメンシコフは素晴らしいです。 どっしりとしていてまさに王者の風格です。)



さて、本当にウスラーダが今シーズン(2013年)に繁殖に成功していないとすれば、とうとう「女帝ウスラーダの時代の終焉」を意味することになる可能性は大きいでしょう。 ただし何と言ってもウスラーダは経験豊かでタフな別格のホッキョクグマですから今年の暮れに27歳で出産する可能性はないわけではありません。「女帝ウスラーダの時代の終焉」を宣言するのには、私はまだもう一年だけ様子を見極めたいと思っています。

今シーズン(2013年)は「本命」の大物お母さんが総倒れといった非常に憂慮すべきシーズンになってしまいました。オランダ・ロッテルダム動物園のオリンカが繁殖に成功しなかったのは不本意でした。 カナダ・サンフェリシアン原生動物園のエサクバクも同様です。オランダ・レネンのアウヴェハンス動物園は今シーズン(2013年)は繁殖はお休みのようで、フリーダムがこの2014年の新しいシーズンに繁殖に挑戦となります。となればフギースの挑戦は来年になるでしょう。 つまりこの2頭は、これは3年サイクルから4年サイクルの繁殖となったということになるわけです。 今年2014年はモスクワのシモーナとムルマ、カザンのマレイシュカ、サンクトペテルブルクのウスラーダ、レネンのフリーダム、ロッテルダムのオリンカ、ニュルンベルクのヴェラ、、カナダのエサクバク、こういった世界の大物お母さんたちが繁殖に挑戦する豪華な年になります。 その他にも有望な雌が何頭も存在しています。 ララはどうしましょうか? 挑戦させますか? 早く決めねばなりません。 挑戦するとしますと、モスクワのシモーナと並んで世界の「大本命」の双璧となるでしょう。 私としては、ここで一年休みを入れて母体を休ませてやったやったほうがいいような気もしますが円山動物園の方針もあるでしょうから何とも言えません。 ただし、極力避けたいのはマルルとポロロの移動先が確保できないために、この二頭をララと引き離して円山動物園内の別の場所に移して飼育し、そしてララに繁殖に挑戦させるという案です。 このやり方で過去の欧米の事例で繁殖に成功した例は極めて稀です。 そもそも欧米では、飼育下のホッキョクグマの繁殖ではこういった発想をしないわけです。 ですからマルルとポロロを他園に一緒に移動させてララに繁殖に挑戦させるか、それとも親子3頭同居をさらに一年続けるか、この二つに一つです。

*(追記)数日前にレニングラード動物園を訪問された方の情報によりますと、ウスラーダは昨年12月に出産はしているようです。 確かに担当飼育員さんのSNSのページ は12月の該当期間と思われる時期に何日間も不自然な空白期間が存在しており、出産はその期間中のことだったかもしれません。 ウスラーダが果たしてその赤ちゃんと無事に春になって産室から出てこれるかに注目したいところです。 心配な点があるとすれば、それはウスラーダの母乳がちゃんと出ているかどうかということです。 人間ならばこの点は問題ないのですが、ホッキョクグマの場合はここに高齢出産の抱える一つの大きな関門があるわけです。(Jan.27 2014)

(過去関連投稿)
ケンピンスキーホテルからレニングラード動物園へ ~ ウスラーダとメンシコフとの再会へ!
ウスラーダお母さんにスイカのプレゼント
世界で最も偉大なる母、ウスラーダの素顔
世界で最も偉大なる男、メンシコフの雄姿 ~ 彼こそ「男の中の男」という言葉にふさわしい!
ウスラーダとメンシコフの夏 ~ 日曜日の昼下がりの光景
至高のホッキョクグマ、メンシコフとの再会 ~ 来園者を魅了する偉大なる雄姿
メンシコフ閣下の充実した時間 ~ 肉のプレゼント
ウスラーダの赤ちゃんの登場を待つサンクトペテルブルクのレニングラード動物園
秋晴れのサンクトペテルブルクでウスラーダ一家と再会 ~ ロモノーソフ君、はじめまして!
ウスラーダの15番目の子供、ロモノーソフの素顔 ~ 一人っ子の温和な性格か?
ウスラーダお母さん、堂々たる貫禄を見せつける理知的な母性の発露
帝王メンシコフ、人々を魅了する美しき威厳
夕方から満を持して登場のウスラーダとロモノーソフの親子
ウスラーダさん、メンシコフさん、ロモノーソフ君、お元気で! ~ ホッキョクグマ体験の至福の3日間
理性のウスラーダと情愛のシモーナ ~ 偉大なるホッキョクグマ母娘の性格の違い
ロシア・サンクトペテルブルク、レニングラード動物園のロモノーソフのヤクーツク動物園への移動が決定
息子との間近の別れを予感しているウスラーダお母さん ~ 冬の日のサンクトペテルブルクの親子の情景
ロモノーソフとウスラーダお母さんの親子最後の一日 ~ サンクトペテルブルクでの別れ
ロモノーソフ、無事にヤクーツク動物園に到着 ~ そして息子の去った日のウスラーダお母さんの姿
仙台・八木山動物公園のカイのロシア時代の写真
ウスラーダお母さんの10番目の子供、カイ (八木山動物公園 / ロシア名 : ラダゴル )のロシア時代の姿
ロシアのマスコミ、カイ(仙台)とロッシー(静岡)の地震・津波からの無事を大きく報じる
カイ (仙台・八木山動物公園 / ロシア名:ラダゴル) とウスラーダお母さんの物語
モスクワ動物園の「良妻賢母」シモーナ ~ 母親のウスラーダに似た顔立ち
ロシア・サンクトペテルブルク、レニングラード動物園での「国際ホッキョクグマの日」のイベント
ロシア・サンクトペテルブルク、レニングラード動物園の名ペア、ウスラーダとメンシコフの新たなる挑戦
ロシア ・ サンクトペテルブルク建都310年の記念ポスターに登場したメンシコフ ~ 偉大な男が祝った街
女帝ウスラーダとシモーナ、コーラ、リアの三頭の娘たち ~ 偉大な母親たちの三代の系譜
ロシア・サンクトペテルブルク、レニングラード動物園のウスラーダの歩む道 ~ 再説: 繁殖可能年齢上限
by polarbearmaniac | 2014-01-25 02:00 | Polarbearology

カテゴリ

全体
Polarbearology
しろくま紀行
異国旅日記
動物園一般
Daily memorabilia
倭国旅日記
しろくまの写真撮影
旅の風景
幻のクーニャ
エッセイ、コラム
街角にて
未分類

最新の記事

オーストラリア・ゴールドコー..
at 2017-05-30 14:30
デンマーク・オールボー動物園..
at 2017-05-29 23:30
アメリカ・オレゴン動物園を去..
at 2017-05-28 23:50
ロシア・ペルミ動物園でセリク..
at 2017-05-27 23:50
ズーパラダイス八木山の二日目..
at 2017-05-26 23:50
ズーパラダイス八木山のホッキ..
at 2017-05-25 23:50
ポーラに迫りつつある正念場 ..
at 2017-05-25 23:30
ラダゴル(カイ)に備わってき..
at 2017-05-25 23:10
国内最高齢の32歳になったナ..
at 2017-05-25 23:00
ドイツ・ミュンヘン、ヘラブル..
at 2017-05-25 01:00

以前の記事

2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月

検索

ブログパーツ

  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。

ライフログ


人生と運命 1


スターリン―青春と革命の時代


モスクワは本のゆりかご


私のモスクワ、心の記憶


自壊する帝国 (新潮文庫)


甦るロシア帝国 (文春文庫)


嘘つきアーニャの真っ赤な真実 (角川文庫)


ロシア 春のソナタ、秋のワルツ-1999-21st


それからのエリス いま明らかになる鴎外「舞姫」の面影


ミチコ・タナカ 男たちへの讃歌 (新潮文庫)


わがユダヤ・ドイツ・ポーランド―マルセル・ライヒ=ラニツキ自伝


ベルリン戦争 (朝日選書)


Hof――ベルリンの記憶


カチンの森――ポーランド指導階級の抹殺


北京烈烈―文化大革命とは何であったか (講談社学術文庫)


慟哭の通州――昭和十二年夏の虐殺事件


主題と変奏―ブルーノ・ワルター回想録 (1965年)


藤田嗣治 異邦人の生涯


Barle's Story: One Polar Bear's Amazing Recovery from Life As a Circus Act


Hotel Adlon: Das Berliner Hotel, in dem die grosse Welt zu Gast war


Ein seltsamer Mann


Alma Rose: Vienna to Auschwitz


St Petersburg: A Cultural History


Gulag


The Guest from the Future: Anna Akhmatova and Isaiah Berlin