街、雲、それからホッキョクグマ ~ Polarbearology & conjectaneum


by polarbearmaniac

プロフィールを見る

アルゼンチン・メンドーサ動物園のアルトゥーロ、同園に留まることが決定 ~ 専門家会議の結論出る

a0151913_2234498.jpg
アルトゥーロ Photo(C)AFP

アルゼンチンのメンドーサ動物園で飼育されている28歳の雄のホッキョクグマであるアルトゥーロ (Arturo) の飼育環境を批判してカナダ・マニトバ州のアシニボイン公園動物園に移動させようという動物保護活動団体を中心とした運動はアルゼンチン国内で関心を集め、その推移は注目されていたところでした。 このアルトゥーロの受け入れを申し出ていたアシニボイン公園動物園はメンドーサ動物園が過去3年間のアルトゥーロの正式な健康記録 (Medical Record) を保持していなければカナダでのアルトゥーロの「輸入許可 (Import Permit)」を得る可能性がない事実、及びンドーサ動物園がそういう記録をもっていないことを今になって把握するに至り、これを理由に本件については断念する旨を表明したというのが前回までご紹介してきたこの事件の経緯です。
a0151913_22363667.jpg
Photo(C)Delfo Rodríguez/Clarin

さて、これとは全く別にアルゼンチンのメンドーサ市で昨日、アルゼンチン国内だけではなくカナダなどの外国も含めた獣医などの専門家会議が開催され、このアルトゥーロの移動の是非について討議が行われました。 結論としては、24~48時間の麻酔が必要となるカナダへの移送は彼の年齢では危険が伴うということと、彼は年齢から考えて健康状態は非常に良好であり、すでに20年間暮らしているメンドーサ動物園に馴染んでいることを理由に出席者の全員一致の意見でカナダへの移送を否定する評決を下しました。 アルトゥーロの飼育環境は35㎡のエアコン付空調スペース、そしてプールもある総面積500㎡の飼育展示場は劣悪とは言えないという判断も背景にあったようです。 完璧とは言えない飼育展示場ではあっても彼が20年にわたって慣れ親しんだ場所であり、健康状態は非常に良好ではあるにせよ、28歳のホッキョクグマに24~48時間の効力のある麻酔をかけてまでカナダに移動させることはリスクが非常に大きいということですね。 今回のこの専門家会議の結論は、仮にカナダにおいて「輸入許可 (Import Permit)」 が得られたにせよ、アルトゥーロはアルゼンチンに留まるのが正しい結論であることを示したことになります。
a0151913_22382990.jpg
Photo(C)Cristian Lozano/Sitio Andino

「高齢だから移動させるべきではない」 という運動ならともかく、「移動させたほうがよい」という運動だったわけですから方向性に捻じれがあったとも言えます。 しかしカナダへの移送に本当に24~48時間もの長時間効力のある麻酔が必要なものかどうかは少々微妙にも思います。 私自身の考えでは、カナダの「輸入許可」の問題が仮になかったとすれば、彼は高齢とはいえそれほど長時間効力のある麻酔を使用せずに移動させることは可能なのではないかと思うのですが、今回は専門家の方々の一致した判断ですので、それが正しいのだろうと思います。 こうしてメンドーサ動物園の面目は一応は保たれ、そしてアシニボイン公園動物園の側としてはカナダの輸入法令を理由に受け入れが不可能となるなど、両園にとってはこの問題は結論は明確に出たことになるわけです。 あとはメンドーサ動物園がアシニボイン公園動物園の助言を入れてどう飼育環境を向上させていくかという点に絞られたということになります。

(資料)
AFP (Feb.7 2014 - Experts nix Canada move for sad Argentine polar bear)
Clarín (Feb.7 2014 - Pese a los reclamos, el oso Arturo se quedará en el zoo de Mendoza)
Los Andes (Feb.7 2014 - El oso Arturo se queda en el zoo de Mendoza y no será trasladado a Canadá)
Diario Uno (Feb.7 2014 - Arturo se quedará en Mendoza por recomendación de la Junta Médica)
Sitio Andino (Feb,7 2014 - Veterinarios visitaron al oso Arturo y dictaminarán si hay que trasladarlo o se queda en el zoo)

(過去関連投稿)
南米アルゼンチン・メンドーサ動物園のペルサ逝く
アルゼンチン・ブエノスアイレス動物園のウィネル、真夏の気温上昇による高熱症で亡くなる
南米アルゼンチン・メンドーサ動物園のアルトゥーロ ~ 同国唯一となったホッキョクグマの健康への配慮
カナダ・アシニボイン公園動物園がアルゼンチン・メンドーサ動物園のアルトゥーロを引き取る交渉を開始
アルゼンチン・メンドーサ動物園がアルトゥーロの引き取りについてのカナダ側の申し出を断る
アルゼンチン・メンドーサ動物園のアルトゥーロのカナダ移送に現実味 ~ カナダ側の獣医チーム受け入れ
アルゼンチン・メンドーサ動物園のアルトゥーロのカナダ移送が不可能となる ~ “The case is closed.”
by polarbearmaniac | 2014-02-09 01:00 | Polarbearology

カテゴリ

全体
Polarbearology
しろくま紀行
異国旅日記
動物園一般
Daily memorabilia
倭国旅日記
しろくまの写真撮影
旅の風景
幻のクーニャ
エッセイ、コラム
街角にて
未分類

最新の記事

ウクライナ・ムィコラーイウ動..
at 2017-03-25 13:00
ロシア北東部・サハ共和国、ヤ..
at 2017-03-24 15:00
ドイツ・ミュンヘン、ヘラブル..
at 2017-03-23 20:00
男鹿水族館のクルミと豪太のペ..
at 2017-03-22 23:30
ハンガリー・ブダペスト動物園..
at 2017-03-21 20:00
ロシア・ノヴォシビルスク動物..
at 2017-03-21 18:00
ロシア・ノヴォシビルスク市の..
at 2017-03-20 19:00
デンマーク・オールボー動物園..
at 2017-03-19 20:30
チェコ・ブルノ動物園の「国際..
at 2017-03-19 00:30
ドイツ・ミュンヘン、ヘラブル..
at 2017-03-18 11:00

以前の記事

2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月

検索

ブログパーツ

  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。

ライフログ


人生と運命 1


スターリン―青春と革命の時代


モスクワは本のゆりかご


私のモスクワ、心の記憶


自壊する帝国 (新潮文庫)


甦るロシア帝国 (文春文庫)


嘘つきアーニャの真っ赤な真実 (角川文庫)


ロシア 春のソナタ、秋のワルツ-1999-21st


それからのエリス いま明らかになる鴎外「舞姫」の面影


ミチコ・タナカ 男たちへの讃歌 (新潮文庫)


わがユダヤ・ドイツ・ポーランド―マルセル・ライヒ=ラニツキ自伝


ベルリン戦争 (朝日選書)


Hof――ベルリンの記憶


カチンの森――ポーランド指導階級の抹殺


北京烈烈―文化大革命とは何であったか (講談社学術文庫)


慟哭の通州――昭和十二年夏の虐殺事件


主題と変奏―ブルーノ・ワルター回想録 (1965年)


藤田嗣治 異邦人の生涯


Barle's Story: One Polar Bear's Amazing Recovery from Life As a Circus Act


Hotel Adlon: Das Berliner Hotel, in dem die grosse Welt zu Gast war


Ein seltsamer Mann


Alma Rose: Vienna to Auschwitz


St Petersburg: A Cultural History


Gulag


The Guest from the Future: Anna Akhmatova and Isaiah Berlin