街、雲、それからホッキョクグマ ~ Polarbearology & conjectaneum


by polarbearmaniac

プロフィールを見る

ドイツ・ミュンヘン、ヘラブルン動物園の双子の赤ちゃんの性別判定が行われる ~ 雄・雌と判明

a0151913_1374612.jpg
飼育員さんと雌の赤ちゃん Photo(C)Tierpark Hellabrunn

ミュンヘンのヘラブルン動物園で昨年12月9日にジョヴァンナお母さんから誕生した双子の赤ちゃんが昨日21日の朝に初めてジョヴァンナお母さんから5分間だけ離され、2名の獣医さんと園長さんらによって体重測定と性別判定が行われたそうです 。産室の外にメロンを置くとジョヴァンナお母さんはそれにつられて赤ちゃんたちから離れたそうで、その隙に扉を閉めてジョヴァンナお母さんと赤ちゃんたちを遮断し、そして手早くこの検査が行われたようです。 生後74日が経過した時点となります。
a0151913_1382751.jpg
園長さんと双子の赤ちゃん Photo(C)Tierpark Hellabrunn

ヘラブルン動物園が当初から予想していたように、この双子の赤ちゃんは雄と雌の赤ちゃんだそうで、驚くべきことに雄の赤ちゃんの体重が4.6キロで雌の赤ちゃんが5.4キロだったそうです。 現時点においては雌の赤ちゃんの方が体重が重かったということですね。 その後に性別識別のチップが付けられたそうです。

さて、一昨日にもマスコミの報道内容でご紹介していましたが、ヘラブルン動物園はHPで公式的に、この2頭とジョヴァンナお母さん、そして父親のヨギの「家族同居」を行うことを視野に入れている方針であることを明らかにしました。 ただしそれにはジョヴァンナお母さんの立ち振る舞いを十分に考慮してから決めたい意向のようです。 仮に本当に「家族同居」が実現すれば、一昨年の暮れに誕生した幼年個体と母親、そして父親の「家族同居」が昨年からまた行われているイタリア・ファザーノのサファリ動物園と並んで、世界のホッキョクグマ界の常識を破るやり方となるでしょう。

(資料)
Tierpark Hellabrunn (Feb.21 2014 - Erste Vorsorgeuntersuchung bei den Eisbärenbabys)
Abendzeitung München (Feb.21 2014 - Eisbärenbabys: Ein Bub und ein Mädchen !)
Mittelbayerische (Feb.21 2014 - Eisbärenbabys: Ein Junge und ein Mädchen)
tz online (Feb.21 2014 - Eisbär-Mädchen: Schaut her, ich bin schon sooo groß !)
Merkur Online (Feb.21 2014 - Eisbär-Mädchen: Schaut her, ich bin schon sooo groß !)
DIE WELT (Feb.21 2014 - Süße Eisbärbabys sind Brüderchen und Schwesterchen)
FOCUS Online (Feb.21 2014 - Münchner Eisbärbabys sind Brüderchen und Schwesterchen)

(過去関連投稿)
ドイツ・ミュンヘンのヘラブルン動物園でホッキョクグマの双子の赤ちゃん誕生!
ドイツ・ミュンヘンのヘラブルン動物園でジョヴァンナお母さんの出産の瞬間の画期的なカラー映像が公開
ドイツ・ミュンヘンのヘラブルン動物園で誕生の双子の赤ちゃんの産室内映像 ~ 及び出産映像完全版
ドイツ・ミュンヘンのヘラブルン動物園の産室内カラー映像の秘密 ~ 赤外線映像のカラー化処理か?
ドイツ・ミュンヘンのヘラブルン動物園で誕生の双子の赤ちゃん、いとも簡単に最初の関門を突破
ドイツ・ミュンヘンのヘラブルン動物園で誕生の双子の赤ちゃん、誕生9日目の産室内映像が公開
ドイツ・ミュンヘンのヘラブルン動物園で誕生の双子の赤ちゃん、誕生9日目の追加の産室内映像が公開
ドイツ・ミュンヘンのヘラブルン動物園で誕生の双子の赤ちゃん、順調に生後2週間が経過
ドイツ・ミュンヘンのヘラブルン動物園で誕生の双子の赤ちゃん、順調に生後3週間が経過
ドイツ・ミュンヘンのヘラブルン動物園で誕生の双子の赤ちゃん、無事に生後一か月が経過
ドイツ・ミュンヘンのヘラブルン動物園で誕生の双子の赤ちゃん、生後一か月を経て眼が開き始める
ドイツ・ミュンヘンのヘラブルン動物園の双子の赤ちゃんの生後36日目の映像
ドイツ・ミュンヘンのヘラブルン動物園の双子の赤ちゃん、順調に生後40日が経過
ドイツ・ミュンヘン、ヘラブルン動物園の双子の赤ちゃん、順調に赤ちゃんが生後52日が経過
ドイツ・ミュンヘン、ヘラブルン動物園の双子の赤ちゃん生後2ヶ月が経過 ~ 父親同居をも狙う同園
上野動物園の女神デア、その神性の宿るところ ~ 父親との同居成功という稀有の体験が語るもの
イタリア・ファザーノ、サファリ動物園で誕生の幼年個体の近況 ~ 父親との同居は今回も実現の模様
by polarbearmaniac | 2014-02-22 01:30 | Polarbearology

カテゴリ

全体
Polarbearology
しろくま紀行
異国旅日記
動物園一般
Daily memorabilia
倭国旅日記
しろくまの写真撮影
旅の風景
幻のクーニャ
エッセイ、コラム
街角にて
未分類

最新の記事

ロシア北東部・サハ共和国、ヤ..
at 2017-03-24 15:00
ドイツ・ミュンヘン、ヘラブル..
at 2017-03-23 20:00
男鹿水族館のクルミと豪太のペ..
at 2017-03-22 23:30
ハンガリー・ブダペスト動物園..
at 2017-03-21 20:00
ロシア・ノヴォシビルスク動物..
at 2017-03-21 18:00
ロシア・ノヴォシビルスク市の..
at 2017-03-20 19:00
デンマーク・オールボー動物園..
at 2017-03-19 20:30
チェコ・ブルノ動物園の「国際..
at 2017-03-19 00:30
ドイツ・ミュンヘン、ヘラブル..
at 2017-03-18 11:00
フランス・ミュルーズ動物園で..
at 2017-03-18 00:30

以前の記事

2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月

検索

ブログパーツ

  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。

ライフログ


人生と運命 1


スターリン―青春と革命の時代


モスクワは本のゆりかご


私のモスクワ、心の記憶


自壊する帝国 (新潮文庫)


甦るロシア帝国 (文春文庫)


嘘つきアーニャの真っ赤な真実 (角川文庫)


ロシア 春のソナタ、秋のワルツ-1999-21st


それからのエリス いま明らかになる鴎外「舞姫」の面影


ミチコ・タナカ 男たちへの讃歌 (新潮文庫)


わがユダヤ・ドイツ・ポーランド―マルセル・ライヒ=ラニツキ自伝


ベルリン戦争 (朝日選書)


Hof――ベルリンの記憶


カチンの森――ポーランド指導階級の抹殺


北京烈烈―文化大革命とは何であったか (講談社学術文庫)


慟哭の通州――昭和十二年夏の虐殺事件


主題と変奏―ブルーノ・ワルター回想録 (1965年)


藤田嗣治 異邦人の生涯


Barle's Story: One Polar Bear's Amazing Recovery from Life As a Circus Act


Hotel Adlon: Das Berliner Hotel, in dem die grosse Welt zu Gast war


Ein seltsamer Mann


Alma Rose: Vienna to Auschwitz


St Petersburg: A Cultural History


Gulag


The Guest from the Future: Anna Akhmatova and Isaiah Berlin