街、雲、それからホッキョクグマ ~ Polarbearology & conjectaneum


by polarbearmaniac

プロフィールを見る

ウクライナ、ムィコラーイウ動物園がホッキョクグマの輸入許可を取得するものの立ちはだかった難題

a0151913_0525596.jpg
モスクワ動物園生まれの三つ子のうち雌
(2012年9月20日撮影 於 モスクワ動物園)

ウクライナよりの報道によりますと、以前に「モスクワ動物園のシモーナお母さんの三つ子の一頭の雌がウクライナ・ムィコラーイウ動物園に移動へ」という投稿でご紹介していた通り、ムィコラーイウ動物園はモスクワ動物園より2歳の雌の幼年個体を導入することが決まり昨年契約を締結したわけですが、このたび同園はホッキョクグマ輸入許可書を政府から発給を受けたそうです。 事実上これで法令に関しては全てクリアと運びとなったわけですが、ところがまた問題が生じているようです。
a0151913_175171.jpg
それはなんと、ムィコラーイウ動物園はこの雌の幼年個体をモスクワからムィコラーイウに運送する費用の負担ができずにスポンサー探しをしなければならないという困った状態だそうです。 運送費用は総額で6~7万フルィーウニャ(邦貨で60~70万円)だそうですが、それにしてもこれは本当に情けない話です。 そもそもモスクワ動物園の契約条件の提示時点から受け渡し条件は明らかにされていたはずなのにウクライナ・ムィコラーイウ動物園は運送費用の予算計上なしにこのホッキョクグマ導入を計ろうとしていたということでしょうか。 実にお粗末な話ですね。 この程度の費用を捻出するためにさえスポンサー探しを行うというのでは、これから先々も本当にお寒い話です。 たとえこの雌の幼年個体がムィコラーイウ動物園で飼育されるようになったにしても、この動物園のこうした台所事情では満足な飼育ができるのかさえ心もとない話です。
a0151913_055350.jpg
シモーナお母さん (2012年9月20日撮影 於 モスクワ動物園) 

ウクライナという国は昨今の政権崩壊でもわかる通り政情は不安であり国家財政もデフォルトの深刻な危機に直面しています。 対外債務は三兆円もの額になっており外国からの援助がなければ立ちいかない状況です。 明るい見通しなど全くないなかで、さらに地方都市のムィコラーイウ市とて財政が豊かとは程遠い状態ですので動物園に対して援助を増額する余裕など全くないでしょう。 ホッキョクグマを飼育したいという理想は結構ですが現実は実に厳しいということです。 そうしたムィコラーイウ動物園に行かねばならないモスクワ動物園生まれの三つ子の一頭は本当に気の毒だと思います。 この話、なんとか潰れてくれないものでしょうか。 日本の動物園関係者がモスクワ動物園に行きホッキョクグマの入手を図ろうとしたことがありましたが、「モスクワ動物園は相手側の飼育条件の良いところにホッキョクグマを売却する方針である。」 という感想を抱いたようです。 しかしそれは全く事実ではないことがこの一件を見てもわかるわけです。 (もっとも、今回の件は売却ではありませんが。)
a0151913_0553812.jpg
シモーナお母さんと三つ子(2012年9月20日撮影 於 モスクワ動物園) 

EUとIMFはウクライナの新政権に対して金融支援を行う条件として構造改革を求めていますが、これには相当の痛みを伴うもので、EUとの関係強化、そして将来的にEUへの加盟を夢見ている親欧米派にとっては決して甘くない状況になるでしょう。 私は結果的にはウクライナは何らかの形で分裂せざるを得ないだろうと見ています。 EUは表向きは新政権を歓迎するような態度を見せていますが、内心ではとんでもないものを抱え込むことになることに大きな不安を感じているでしょう。

(資料)
Николаевские новости (Feb.25 2014 - Николаевский зоопарк получил разрешение на ввоз белой медведицы. Теперь надо найти средства)
Вечерний Николаев (Feb.25 2014 - Нашему зоопарку разрешили завезти медведицу)

(過去関連投稿)
モスクワ動物園のシモーナお母さんの三つ子の一頭の雌がウクライナ・ムィコラーイウ動物園に移動へ
(*2012年3月、9月 モスクワ動物園訪問記)
モスクワ動物園の三つ子ちゃん、はじめまして!
三つ子の世話はシモーナお母さんにとっても大仕事 ~ 3頭の性格の違いは?
小雪降るモスクワ動物園 ~ 三つ子ちゃん元気に遊ぶ
モスクワ動物園の三つ子ちゃん、その多彩な表情
みぞれ混りの雪が降り続いたモスクワ動物園 ~ 長時間のお昼寝の後の三つ子ちゃん
シモーナお母さん、その絶頂期の輝きに満ちた母親像
冷雨のモスクワ動物園、ホッキョクグマ一家の情景
モスクワ動物園の三つ子ちゃんの元気一杯の土曜日
シモーナお母さんと三つ子ちゃん,その多彩な表情 ~ 三つ子の撮影の難しさは予想以上だった!
モスクワ動物園の三つ子ちゃんとの半年振りの再会 ~ シモーナお母さん、育児に大奮闘中
シモーナお母さんと三つ子の子供たちの姿 ~ 今日 (9月20日) のアルバムより ~ 主役たちの魅力
シモーナお母さんと三つ子の子供たちの姿 ~ 今日 (9月21日) のアルバムより ~ 多彩な表情
シモーナお母さんと三つ子の子供たちの姿 ~ 今日 (9月22日) のアルバムより ~ 行動の力学
シモーナお母さんと三つ子の子供たちの姿 ~ 今日 (9月23日) のアルバムより ~ お元気で!
by polarbearmaniac | 2014-02-27 01:08 | Polarbearology

カテゴリ

全体
Polarbearology
しろくま紀行
異国旅日記
動物園一般
Daily memorabilia
倭国旅日記
しろくまの写真撮影
旅の風景
幻のクーニャ
エッセイ、コラム
街角にて
未分類

最新の記事

ロシア・西シベリア、セヴェル..
at 2017-06-22 23:00
ロシア・中部シベリアに記録的..
at 2017-06-21 18:30
アメリカ・フィラデルフィア動..
at 2017-06-20 23:50
デンマーク・オールボー動物園..
at 2017-06-19 22:00
オーストラリア・ゴールドコー..
at 2017-06-19 20:30
モスクワ動物園・ヴォロコラム..
at 2017-06-18 21:00
フランス・ミュルーズ動物園の..
at 2017-06-17 23:00
エストニア・タリン動物園の雄..
at 2017-06-16 23:55
ロシア・西シベリア、ボリシェ..
at 2017-06-15 23:55
ロシア・ウラル地方 ペルミ動..
at 2017-06-14 23:55

以前の記事

2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月

検索

ブログパーツ

  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。

ライフログ


人生と運命 1


スターリン―青春と革命の時代


モスクワは本のゆりかご


私のモスクワ、心の記憶


自壊する帝国 (新潮文庫)


甦るロシア帝国 (文春文庫)


嘘つきアーニャの真っ赤な真実 (角川文庫)


ロシア 春のソナタ、秋のワルツ-1999-21st


それからのエリス いま明らかになる鴎外「舞姫」の面影


ミチコ・タナカ 男たちへの讃歌 (新潮文庫)


わがユダヤ・ドイツ・ポーランド―マルセル・ライヒ=ラニツキ自伝


ベルリン戦争 (朝日選書)


Hof――ベルリンの記憶


カチンの森――ポーランド指導階級の抹殺


北京烈烈―文化大革命とは何であったか (講談社学術文庫)


慟哭の通州――昭和十二年夏の虐殺事件


主題と変奏―ブルーノ・ワルター回想録 (1965年)


藤田嗣治 異邦人の生涯


Barle's Story: One Polar Bear's Amazing Recovery from Life As a Circus Act


Hotel Adlon: Das Berliner Hotel, in dem die grosse Welt zu Gast war


Ein seltsamer Mann


Alma Rose: Vienna to Auschwitz


St Petersburg: A Cultural History


Gulag


The Guest from the Future: Anna Akhmatova and Isaiah Berlin