街、雲、それからホッキョクグマ ~ Polarbearology & conjectaneum


by polarbearmaniac

プロフィールを見る

ウクライナのムィコラーイウ動物園にモスクワ動物園のシモーナの三つ子の一頭の雌のジフィルカが到着

a0151913_633863.jpg
モスクワ動物園から到着した雌のジフィルカ Photo(C)NikLife

昨年の秋にすでに「モスクワ動物園のシモーナお母さんの三つ子の一頭の雌がウクライナ・ムィコラーイウ動物園に移動へ」という投稿でご紹介していましたが、2011年11月にモスクワ動物園でシモーナお母さんの産んだ三つ子のうちの一頭である雌がウクライナのムィコラーイウ動物園に移動となる件についてでした。 とうとう昨日土曜日にこの2歳4ヶ月になるこの雌の幼年個体がムィコラーイウ動物園に到着したそうです。 名前はすでにモスクワ動物園によって 「ジフィルカ (Зефирка)」 と命名されているようです。 “Зефирка”のе にはアクセントがありませんから、これはи(イ)と発音しますので「ゼフィルカ」ではなく 「ジフィルカ」 となるわけです。 (*レニングラード動物園の帝王であるメンシコフは “Меньшиков” と綴りますが еにアクセントがありますのでこの場合に е は通常ではエ、又はィエと発音するわけで、これは「メンシコフ」と表記し、一方で “Зефирка” は「ゼフィルカ」ではなく「ジフィルカ」と表記するのが正しいわけです。 細かいことですが、最初に表記を正しく定めておきませんといけないわけです。) 
a0151913_64554.jpg
Photo(C)NikLife

ムィコラーイウ動物園のトプチェ園長はモスクワ動物園とホッキョクグマの入手について四年越しで膝を屈するような交渉をしてきたそうで、その交渉の過程ではムィコラーイウ市のチャイカ市長も加わりモスクワ市長とも交渉したようです。 カナダ政府ともホッキョクグマの入手について交渉したことがあるそうですが、全く不可能だったそうで、それは当然のことでしょう。 こういったムィコラーイウ動物園のホッキョクグマ入手への必死の交渉の過程でムィコラーイウ市のチャイカ市長は亡くなり、そのことがきっかけでモスクワ動物園の園長であり EARAZA (Euro-Asian Regional Association of Zoos and Aquariums - ユーラシア地域動物園水族館協会) の会長でもあるヴラディーミル・スピツィン氏がこのチャイカ市長の死を非常に悼んだことが契機となり、この雌の幼年個体であるジフィルカをムィコラーイウ動物園に送ることが決まったそうです。
a0151913_642941.jpg
a0151913_655418.jpg
a0151913_66514.jpg
Photo(C)NikLife

条件としてはすでに昨年ご紹介しています通り「条件付無償契約」であり、このジフィルカの所有権も将来の繁殖によって誕生した個体の所有権も全てモスクワ動物園が保持するという契約だそうです。 ホッキョクグマ一頭の市場価格は少なくとも15万ドルもするため、ムィコラーイウ動物園のトプチェ園長は今回のジフィルカの来園について、モスクワ動物園との友好の賜物だとその意義を語っています。 このジフィルカがムィコラーイウ動物園に到着した際の映像をご紹介しておきます。



さて、現在ウクライナの動物園は危機的な状態にあるわけで動物たちの飼料の確保さえ資金不足でままならない状況です。 そのような動物園に貴重な雌の幼年個体を移動させるということが果たして正しいことなのかは大いに疑問なのですが、その一方でやはりスラヴ圏における「友情」とか「他者との繋がり」というものには我々からはわかりにくい独特のものがあるわけで、そういったことは飼育環境とか動物園の資金力とかいったようなことを超えて一つの契機をもたらすもののようです。 2012年の春と秋に私がモスクワ動物園でさんざん観察してきた三つ子の一頭の雌、つまりそれは「甘えっ子ちゃん」であるはずの個体ですが、こうしてひとまずはウクライナのムィコラーイウ動物園で飼育されることになったわけです。 私としてはかなり複雑な気持ちです。

ここで私自身が撮ったこのジフィルカのモスクワ動物園での映像をご紹介しておきます。 まずこの下は2012年3月31日の映像で、シモーナお母さんの体の下に入っているのが「甘えっ子ちゃん」、つまりジフィルカに間違いありません。



続いて2012年9月23日の映像で、シモーナお母さん横にいて水に入ったタイヤを上から必死で取り戻そうとしているのが「甘えっ子ちゃん」、つまりジフィルカです。



ムィコラーイウ動物園でのジフィルカの一般公開は火曜日からのようです。

(資料)
NikLife (Mar.29 2014 - Москва передала белого медведя Николаевскому зоопарку в память о мэре Чайке ВИДЕО)
Комсомольская правда в Украине (Mar.29 2014 - В Николаев привезли белого медведя из Москвы)
Сегодня (Киев) (Mar.29 2014 - В Николаевский зоопарк привезли медведицу)
Mukola.net (Mar.29 2014 - Николаевский зоопарк принял Зефирку: теперь у нас будет жить московская гостья)
НикВести - новости николаева (Mar. 29 2014 - В Николаевский зоопарк привезли белую медведицу из Москвы)
Преступности.Нет (Mar.29 2014 - B Hикoлaeвcкий зooпapк пpивeзли бeлyю мeдвeдицy из Mocквы, кoтopaя здecь бyдeт ждaть ceбe пapy из Чexии)
(*追加資料)
Московский Комсомолец (Mar.31 2014 - Украинскому зоопарку подарили московскую медведицу)
Вечерний Николаев (Mar.31 2014 - Из Москвы – с Зефиркой)

(過去関連投稿)
モスクワ動物園のシモーナお母さんの三つ子の一頭の雌がウクライナ・ムィコラーイウ動物園に移動へ
ウクライナ、ムィコラーイウ動物園がホッキョクグマの輸入許可を取得するものの立ちはだかった難題

(*2012年3月、9月 モスクワ動物園訪問記)
モスクワ動物園の三つ子ちゃん、はじめまして!
三つ子の世話はシモーナお母さんにとっても大仕事 ~ 3頭の性格の違いは?
小雪降るモスクワ動物園 ~ 三つ子ちゃん元気に遊ぶ
モスクワ動物園の三つ子ちゃん、その多彩な表情
みぞれ混りの雪が降り続いたモスクワ動物園 ~ 長時間のお昼寝の後の三つ子ちゃん
シモーナお母さん、その絶頂期の輝きに満ちた母親像
冷雨のモスクワ動物園、ホッキョクグマ一家の情景
モスクワ動物園の三つ子ちゃんの元気一杯の土曜日
シモーナお母さんと三つ子ちゃん,その多彩な表情 ~ 三つ子の撮影の難しさは予想以上だった!
モスクワ動物園の三つ子ちゃんとの半年振りの再会 ~ シモーナお母さん、育児に大奮闘中
シモーナお母さんと三つ子の子供たちの姿 ~ 今日 (9月20日) のアルバムより ~ 主役たちの魅力
シモーナお母さんと三つ子の子供たちの姿 ~ 今日 (9月21日) のアルバムより ~ 多彩な表情
シモーナお母さんと三つ子の子供たちの姿 ~ 今日 (9月22日) のアルバムより ~ 行動の力学
シモーナお母さんと三つ子の子供たちの姿 ~ 今日 (9月23日) のアルバムより ~ お元気で!
by polarbearmaniac | 2014-03-30 07:00 | Polarbearology

カテゴリ

全体
Polarbearology
しろくま紀行
異国旅日記
動物園一般
Daily memorabilia
倭国旅日記
しろくまの写真撮影
旅の風景
幻のクーニャ
エッセイ、コラム
街角にて
未分類

最新の記事

気ままに歩くオールボー旧市街..
at 2017-07-28 05:00
モスクワからコペンハーゲン、..
at 2017-07-28 03:00
ノヴォデヴィチ墓地 (Нов..
at 2017-07-27 05:30
モスクワ、ノヴォデヴィチ修道..
at 2017-07-27 05:00
モスクワのクドリンスカヤから..
at 2017-07-26 05:40
モスクワの「チェーホフの家博..
at 2017-07-26 05:30
ムルマ (Белая мед..
at 2017-07-26 05:20
スネジンカ (Белая м..
at 2017-07-26 05:10
二年振りに訪問のモスクワ動物..
at 2017-07-26 05:00
夜も更けたアルバート通りを歩..
at 2017-07-25 05:45

以前の記事

2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月

検索

ブログパーツ

  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。

ライフログ


人生と運命 1


スターリン―青春と革命の時代


モスクワは本のゆりかご


私のモスクワ、心の記憶


自壊する帝国 (新潮文庫)


甦るロシア帝国 (文春文庫)


嘘つきアーニャの真っ赤な真実 (角川文庫)


ロシア 春のソナタ、秋のワルツ-1999-21st


それからのエリス いま明らかになる鴎外「舞姫」の面影


ミチコ・タナカ 男たちへの讃歌 (新潮文庫)


わがユダヤ・ドイツ・ポーランド―マルセル・ライヒ=ラニツキ自伝


ベルリン戦争 (朝日選書)


Hof――ベルリンの記憶


カチンの森――ポーランド指導階級の抹殺


北京烈烈―文化大革命とは何であったか (講談社学術文庫)


慟哭の通州――昭和十二年夏の虐殺事件


主題と変奏―ブルーノ・ワルター回想録 (1965年)


藤田嗣治 異邦人の生涯


Barle's Story: One Polar Bear's Amazing Recovery from Life As a Circus Act


Hotel Adlon: Das Berliner Hotel, in dem die grosse Welt zu Gast war


Ein seltsamer Mann


Alma Rose: Vienna to Auschwitz


St Petersburg: A Cultural History


Gulag


The Guest from the Future: Anna Akhmatova and Isaiah Berlin