街、雲、それからホッキョクグマ ~ Polarbearology & conjectaneum


by polarbearmaniac

プロフィールを見る

南アフリカ・ヨハネスブルグ動物園のポロの不幸な幼年時代 ~ シロお母さん、そして栄子さんの時代

a0151913_225191.jpg
ポロ (現地名ではワン - Wang) 
Photo(C)xfactorbrands.blogpost.com

札幌の円山動物園の4月1日付けの発表によりますと、同園で長く親しまれてきたエゾヒグマ (Ursus arctos yesoensis) の栄子さんが安楽死の処置にて41歳で亡くなったそうです。 「3月31日に安楽死」 というこの日付に私は少々複雑な気持ちをおぼえつつも、栄子さんの病状が極めて悪化していたというのは事実に違いなく、謹んで哀悼の意を表します。
a0151913_2561871.jpg
故・栄子さん Photo(C)円山動物園

さて、札幌在住のブロガーさんがこの栄子さんの繁殖記録を詳しく記事に記載していらっしゃいます。 それを拝見しますと、栄子さんは1981年1月から1996年まで、1994年を例外として毎年出産して生涯で36頭の子供を産んだことになっています。 さて、これからが本投稿で問題の現在南アフリカのヨハネスブルグ動物園に暮らしている円山動物園生まれの28歳の雄のホッキョクグマであるポロ(現地名 ワン - Wang) についてです。

前回、「南アフリカ・ヨハネスブルグ動物園のポロ (札幌・円山動物園生まれ) の近況 ~ 単独展示だった幼少期」という投稿でご紹介しましたが、同園でのポロの幼少期は単独展示であったことを、当時を知る地元のファンの方の証言で知ったわけです。 ポロは人工哺育ではなかったにもかかわらず、何故彼はシロお母さんと一緒に展示されなかったかが問題です。 その方の証言を聞いた時にそれを説明する一つの仮説はすぐに私の頭に浮かんだのですが、そうだと断言するデータに欠けていたわけです。 ここで当時同園で飼育されていたホッキョクグマのシロお母さん (1970年生まれ - 個体番号219) の円山動物園での出産記録 をドイツ(ロストック動物園)側に存在する資料 (つまりロストック動物園が円山動物園から得た情報ということになるでしょう) から得た情報に基づいて以下に記載しておきます。

・1981年12月15日出産(一頭)、その後死亡(死亡日不明)
・1982年12月22日出産(二頭)、その後死亡(死亡日不明)
・1983年12月16日出産(二頭)、その後死亡(死亡日不明)
・1984年12月12日出産(一頭)、その後死亡(死亡日不明)

・1985年12月21日出産(一頭)、その後成育(これがポロ)
・1986年12月28日出産(一頭)、その後死亡(死亡日不明)
・1988年12月16日出産(一頭)、その後死亡(死亡日不明)


さて、上のシロお母さんの出産記録を御覧頂くと何故ポロがシロお母さんから引き離されて単独展示されていたかの理由は一目瞭然かと思われます。 1985年12月21日にポロを産んだシロお母さんは産室内でポロに順調に授乳を行ったわけでした。 その産室内でのシロお母さんと息子のポロの写真を以前同園に勤務していらっしゃった樋泉さんのブログのこのページで再度ご覧下さい。 ところが円山動物園はシロお母さんがポロを出産した翌年の1986年にも雄のポールとの間でのさらなる繁殖を狙ったわけです。 ホッキョクグマの赤ちゃんは通常は生後3か月から100日ほどでお母さんと一緒に産室から出るわけです。 マルルもポロロもそうした時期に一般公開されたわけです。 ところがこのポロは、そういった生後3か月から100日ほどの1986年の春の時期にシロお母さんと一緒に戸外に出るどころか、逆にシロお母さんから引き離されてしまったことに間違いないと思われます。 何故ならシロお母さんはその年1986年の春にさらに繁殖に挑戦させられ、早速雄のポールとの同居が春から開始されたに間違いないからです。 そして繁殖行為があったからこそシロお母さんはポロを産んだ1年後の1986年12月28日に赤ちゃん一頭を出産したわけです。 しかし残念なことにその後に赤ちゃんは死亡したわけでした。 シロお母さんのその出産の10日ほど前の1986年12月18日にポロは札幌に別れを告げて遠い南アフリカに旅立っていたというわけです。
a0151913_2303826.jpg
ポロ Photo(C)Johannesburg Zoo

当時の円山動物園でホッキョクグマの幼年個体が単独展示されていたのを目撃された地元の方の証言は記憶の間違いなどではなく、まさに事実であるということを上のデータは見事に示しているわけです。 同園で初めてホッキョクグマの自然繁殖に成功したにもかかわらず、その赤ちゃんを生後三か月ほどで母親から引き離し、そしてその直後にその母親を間髪入れず雄と同居させて繁殖行為を促し、そしてその年の暮れの出産を狙うなどというのは今の感覚で言えば狂気の沙汰だと言えましょう。 今でこそホッキョクグマの繁殖に実績を有している円山動物園ですが、1980年代ではホッキョクグマの繁殖、そして動物福祉 (Animal welfare) に関してはまだそんな程度の認識だったということになります。 私は今更、同園を批判する気などは毛頭ありません。 日本の動物園の1980年代はまだそういう時代だったということです。 しかし、生後三か月ほどの親子の強制的な別れに必死になって扉を叩いて抵抗したであろうシロお母さんや、泣き叫んだであろうポロのことを思うと心の底から彼らに深く同情せざるを得ません。

さて、1986年に同園内で単独飼育されていた一歳にもならないポロの姿を目撃されたその地元の方は、確かその時にポロはヒグマの幼年個体と隣り合わせの場所にいたとおっしゃっていたように私は記憶しています。 ポロの隣の檻の中にいたその(エゾ)ヒグマの幼年個体、これこそまさに今回亡くなった栄子さんが1986年1月27日に産んだ子供であったに違いありません。 栄子さんも毎年のように出産していたわけで、このエゾヒグマの栄子さんとホッキョクグマのシロお母さんは円山動物園で共に1981年から繁殖を担わされていたわけで、まさに同時代の雌熊同士だったというわけです。 野生のヒグマの赤ちゃんがどれだけ母親と一緒に暮らすかを調べてみましたら Wikipedia では以下のように記述しています。

“Cubs remain with their mother from two to four years
(exceptionally to 4 and a half years), during which time they
learn survival techniques, such as which foods have the
highest nutritional value and where to obtain them; how to
hunt, fish, and defend themselves; and where to den.”


ホッキョクグマよりもその期間は若干長いようです。 しかし栄子さんは毎年出産していたわけで、要するに栄子さんのケースも無理やり子供を栄子さんから引き離して栄子さんを毎年繁殖させたということを意味しています。 (エゾ)ヒグマもホッキョクグマも、要するに毎年繁殖させるのだという同園の方針だったということになります。  2年サイクルですら極めて疑問が大きく、3年サイクルを繁殖の基本としている近年の欧米のホッキョクグマの繁殖ですから、少なくとも(エゾ)ヒグマで1年サイクルの繁殖というのも動物福祉 (Animal welfare)上、極めて大きな問題に違いありません。 そういった動物学の知識を背景としていなかったのが当時の日本の動物園だったわけです。 そして、シロお母さんと栄子さんは、そういった時代を共に生きたクマだったということなのです。 再度繰り返しますが私は今になって当時の円山動物園を非難する気は毛頭ありません。 当時はそういう時代だったということです。 しかし、シロお母さんとポロ、そして栄子さんの不幸は記憶しておかねばならないだろうと考えます。 ここで最近のポロの姿をまた見てみましょう。 冒頭にCMが入る場合があります。



これはやや飛躍した考え方ですが、このポロが26年も連れ添ったパートナーのギービーの死に関してこれだけ落胆していることが報じられる理由は、彼が札幌でまだ別れなくともよい時期に無理やり母親と引き離されたために、南アフリカでその後ずっと一緒だったパートナーのギービーに格別の思い入れがあったからではないかと私は考えたくなるのです。
a0151913_2351499.jpg
ポロ(左)と故ギービー(右)  Photo(C)Johannesburg Zoo

(*追記 - ポロはシロお母さんから見えない場所にいたにせよ同一敷地内のそれほど遠くない場所にいたわけで、ホッキョクグマの嗅覚ならばシロお母さんはポロの存在を嗅覚で認識できたでしょう。 それにもかかわらずシロお母さんは発情してポールとの間の繁殖行為に至ったわけです。 それだからこそその年の1986年12月に出産したわけです。 それを考えると、マルルとポロロを同園内に留めて飼育し続けてもララの今年の繁殖挑戦は可能であるはずだという考え方は当然有り得たでしょう。 そう考え得るもう一つの根拠は、ピリカが現在キャンディの飼育されている場所にいたときに、ララお母さんはピリカが自分の娘であることを認識していたことは以前に投稿したことがあります。 にもかかわらず、ララはそういった環境でデナリと繁殖行為に至ってアイラが誕生したわけです。 ならば、「世界の熊館」の端と端にララとマルル、ポロロを分けてしまえばララの今年の繁殖挑戦もやはり可能だったと考えることは一応は言えたかもしれません。 ただしかしこれは、ララお母さんの性格を考えると難しい可能性があったと思われます。 こういったことの全ては仮定の話にならざるを得ませんが、やはりリスクは大きかったように思います。)

(資料)
札幌市・円山動物園 (Apr. 1 2014 - エゾヒグマの「栄子」が亡くなりました
札幌・円山動物園 「双子の白クマ赤ちゃん通信
(Mar. 3 2010 - 「誰?」  「きっとまた会える」
CNN (Mar. 21 2014 - Wang, Africa's last polar bear, heartbroken over death of companion)
eNews Channel Africa (Jan.15 2014 - Joburg zoo's only surviving polar bear in mourning)

(過去関連投稿)
1985年に札幌で生まれたホッキョクグマの消息
南アフリカで今も元気に暮らす札幌生まれのホッキョクグマ
1985年札幌・円山動物園生まれのポロの南アフリカでの近況 ~ 樋泉さんのブログの記録的価値
南アフリカ・ヨハネスブルグ動物園のギービー逝く ~ 円山動物園生まれのポロ(ワン)のパートナーの死
南アフリカ・ヨハネスブルグ動物園のポロ (札幌・円山動物園生まれ)、パートナーの死への悲嘆
南アフリカ・ヨハネスブルグ動物園のポロ (札幌・円山動物園生まれ) にバレンタインデーのプレゼント
南アフリカ・ヨハネスブルグ動物園のポロ (札幌・円山動物園生まれ) の近況 ~ 単独展示だった幼少期
by polarbearmaniac | 2014-04-03 03:00 | Polarbearology

カテゴリ

全体
Polarbearology
しろくま紀行
異国旅日記
動物園一般
Daily memorabilia
倭国旅日記
しろくまの写真撮影
旅の風景
幻のクーニャ
エッセイ、コラム
街角にて
未分類

最新の記事

ロシア北東部・サハ共和国、ヤ..
at 2017-08-22 17:00
ロシア・ノヴォシビルスク動物..
at 2017-08-21 01:30
ロシア・西シベリア、セヴェル..
at 2017-08-20 15:00
ロシア・ヴォルガ川流域のペン..
at 2017-08-19 02:00
ロシア・西シベリア、ボリシェ..
at 2017-08-18 02:00
ロシアのクラスノヤルスク環境..
at 2017-08-17 01:30
チェコ・プラハ動物園のホッキ..
at 2017-08-16 01:30
ロシア・サンクトペテルブルク..
at 2017-08-15 01:30
ロシア・ウラル地方、エカテリ..
at 2017-08-14 01:30
大阪・天王寺動物園のシルカ ..
at 2017-08-13 01:30

以前の記事

2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月

検索

ブログパーツ

  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。

ライフログ


人生と運命 1


スターリン―青春と革命の時代


モスクワは本のゆりかご


私のモスクワ、心の記憶


自壊する帝国 (新潮文庫)


甦るロシア帝国 (文春文庫)


嘘つきアーニャの真っ赤な真実 (角川文庫)


ロシア 春のソナタ、秋のワルツ-1999-21st


それからのエリス いま明らかになる鴎外「舞姫」の面影


ミチコ・タナカ 男たちへの讃歌 (新潮文庫)


わがユダヤ・ドイツ・ポーランド―マルセル・ライヒ=ラニツキ自伝


ベルリン戦争 (朝日選書)


Hof――ベルリンの記憶


カチンの森――ポーランド指導階級の抹殺


北京烈烈―文化大革命とは何であったか (講談社学術文庫)


慟哭の通州――昭和十二年夏の虐殺事件


主題と変奏―ブルーノ・ワルター回想録 (1965年)


藤田嗣治 異邦人の生涯


Barle's Story: One Polar Bear's Amazing Recovery from Life As a Circus Act


Hotel Adlon: Das Berliner Hotel, in dem die grosse Welt zu Gast war


Ein seltsamer Mann


Alma Rose: Vienna to Auschwitz


St Petersburg: A Cultural History


Gulag


The Guest from the Future: Anna Akhmatova and Isaiah Berlin