街、雲、それからホッキョクグマ ~ Polarbearology & conjectaneum


by polarbearmaniac

プロフィールを見る

ロシア・シベリア中部、クラスノヤルスク動物園の「プール開き」 ~ 夏に向けたフェリックスとオーロラの姿

a0151913_112361.jpg
フェリックス Photo(C)Красноярский зоопарк

我々が日本にいてホッキョクグマ関連の行事で最も想像しにくいのがロシア、特にシベリアの動物園の 「プール開き」 というイベントです。 札幌でララの赤ちゃんが初めて水に親しむイベントを 「プール開き」 と呼んだことはあったと思いますが、それはあくまで赤ちゃんの成長の節目としての位置付けだったわけですが、ロシアの動物園で 「プール開き」 というと一つの季節の始まりを象徴する特別なイベントとなっているようです。 特に冬の寒さの厳しいシベリアの動物園ではそのようです。
a0151913_12447.jpg
シベリア中部の都市であるクラスノヤルスクの動物園では今年は昨日4日にこの 「プール開き」 が祝われました。 同園で現在飼育されている8歳の雄のフェリックスと4歳の雌のオーロラ(本名ヴィクトリア)は共に野生出身の個体であり将来の繁殖が非常に期待されるペアとなっていることは前回の投稿である「ロシア・シベリア中部、クラスノヤルスク動物園の野生出身の新ペアの繁殖への期待 ~ 日本は果実を狙え」をご参照下さい。
a0151913_1125859.jpg
オーロラ(別名ヴィクトリア) Photo(C)Красноярский зоопарк

クラスノヤルスク動物園のホッキョクグマの飼育展示場は狭く、そして格子の内側にあるのですが、それでもプールを作ってもらってホッキョクグマたちは「プール開き」の日には大いに来園者を楽しませてくれるようです。 昨日の「プール開き」における雄のフェリックスと雌のオーロラの様子を見てみることにしましょう。

まず雄のフェリックスです。



次に雌のオーロラ(別名ヴィクトリア)です。 これは前日に撮られた映像のようですね。



シベリアは冬の寒さは非常に厳しいですが、夏もまた結構温度が高くなります。 フェリックスもオーロラもそうした暑い季節に向けて、ますますプールに入る時間は多くなるでしょう。

(資料)
Красноярский зоопарк (Новости / Apr.4 2014 - Аврора и Феликс открывают купальный сезон.)
НГС.Красноярск (Apr.4 2014 - Белые медведи открыли сезон купания в зоопарке)
Комсомольская правда в Красноярске (Apr.4 2014 - В красноярском зоопарке белые медведи открыли купальный сезон)
Sibnovosti – Красноярск (Apr.4 2014 - Белые медведи в «Роевом ручье» открывают купальный сезон)
Yarsk.ru (Apr.4 2014 - В «Роевом ручье» открывается сезон купания белых медведей)
Mail.Ru (Apr.4 2014 - Белые медведи в «Роевом ручье» открывают купальный сезон)

(過去関連投稿)
(*オーロラ関連)
ロシア極北・タイミール半島でホッキョクグマの2頭の赤ちゃんを保護!
ロシア・タイミール半島で保護された赤ちゃん孤児の続報
ロシア・クラスノヤルスク動物園の2頭の赤ちゃん孤児、同市に留まり同居の継続が決定!
ロシア・クラスノヤルスク動物園で暮らすタイミール半島で保護された双子の孤児の名前が決まる
ロシア・ウドムルト共和国のイジェフスク動物園 ~ 「さすらいのホッキョクグマ」ピムの安住の地となるか
モスクワ動物園がカザン市動物園に1頭のホッキョクグマを贈与 ~ 帰属意識と権利関係の狭間で
ロシア・クラスノヤルスク動物園で保護の双子の孤児に別れの時来る ~ オーロラがイジェフスク動物園へ
(*フェリックス関連)
ロシア・クラスノヤルスク動物園の2頭の伊達男たち ~ 華麗なる独身生活を謳歌?
ロシア・クラスノヤルスク動物園のプール開き
ロシア・シベリア中部、クラスノヤルスク動物園のプール開き

ロシア・シベリア中部、クラスノヤルスク動物園の野生出身の新ペアの繁殖への期待 ~ 日本は果実を狙え
by polarbearmaniac | 2014-04-05 02:00 | Polarbearology

カテゴリ

全体
Polarbearology
しろくま紀行
異国旅日記
動物園一般
Daily memorabilia
倭国旅日記
しろくまの写真撮影
旅の風景
幻のクーニャ
エッセイ、コラム
街角にて
未分類

最新の記事

アメリカ・オレゴン動物園を去..
at 2017-05-28 23:50
ロシア・ペルミ動物園でセリク..
at 2017-05-27 23:50
ズーパラダイス八木山の二日目..
at 2017-05-26 23:50
ズーパラダイス八木山のホッキ..
at 2017-05-25 23:50
ポーラに迫りつつある正念場 ..
at 2017-05-25 23:30
ラダゴル(カイ)に備わってき..
at 2017-05-25 23:10
国内最高齢の32歳になったナ..
at 2017-05-25 23:00
ドイツ・ミュンヘン、ヘラブル..
at 2017-05-25 01:00
アメリカ・トレド動物園のホー..
at 2017-05-24 18:30
フランス・ミュルーズ動物園の..
at 2017-05-24 01:00

以前の記事

2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月

検索

ブログパーツ

  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。

ライフログ


人生と運命 1


スターリン―青春と革命の時代


モスクワは本のゆりかご


私のモスクワ、心の記憶


自壊する帝国 (新潮文庫)


甦るロシア帝国 (文春文庫)


嘘つきアーニャの真っ赤な真実 (角川文庫)


ロシア 春のソナタ、秋のワルツ-1999-21st


それからのエリス いま明らかになる鴎外「舞姫」の面影


ミチコ・タナカ 男たちへの讃歌 (新潮文庫)


わがユダヤ・ドイツ・ポーランド―マルセル・ライヒ=ラニツキ自伝


ベルリン戦争 (朝日選書)


Hof――ベルリンの記憶


カチンの森――ポーランド指導階級の抹殺


北京烈烈―文化大革命とは何であったか (講談社学術文庫)


慟哭の通州――昭和十二年夏の虐殺事件


主題と変奏―ブルーノ・ワルター回想録 (1965年)


藤田嗣治 異邦人の生涯


Barle's Story: One Polar Bear's Amazing Recovery from Life As a Circus Act


Hotel Adlon: Das Berliner Hotel, in dem die grosse Welt zu Gast war


Ein seltsamer Mann


Alma Rose: Vienna to Auschwitz


St Petersburg: A Cultural History


Gulag


The Guest from the Future: Anna Akhmatova and Isaiah Berlin