街、雲、それからホッキョクグマ ~ Polarbearology & conjectaneum


by polarbearmaniac

プロフィールを見る

S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

ウクライナ・ムィコラーイウ動物園に来園したジフィルカの近況 ~ 場当たり的なEARAZAの繁殖計画か?

a0151913_333041.jpg
ジフィルカ Photo(C)Кремко Александр/Николаевские новости

モスクワ動物園からシモーナお母さんが2011年11月27日に産んだ三つ子の一頭である雌のジフィルカ (Зефирка) が3月29日に無事にウクライナのムィコラーイウ動物園に到着した件についてはすでに「ウクライナのムィコラーイウ動物園にモスクワ動物園のシモーナの三つ子の一頭の雌のジフィルカが到着」、及び「ウクライナ・ムィコラーイウ動物園にモスクワ動物園から到着したジフィルカを伝えるニュース映像が公開」という2つの投稿でご紹介していました。 
a0151913_3104630.jpg
Photo(C)Кремко Александр/Николаевские новости

このジフィルカですが、ムィコラーイウ動物園に到着した映像をさらにもう二つ、そしてその後にジフィルカが飼育展示場に出た様子がウクライナのTVのニュース映像で公開されましたので、それらをご紹介しておきます。 やはり最初は非常に警戒的ですね。





さて、先日のロシアのロストフ動物園にチェコのブルノ動物園から到着したコメタについても言えることですが、果たして本当に繁殖計画に裏打ちされた形でジフィルカやコメタといった雌の幼年個体の移動がなされているかは、やはりかなり疑問だと言えましょう。 もともとこれらは EARAZA (Евроазиатская региональная ассоциация зоопарков и аквариумов / Еuro-Аsian Regional Аssociation of Zoos and Аquariums - ユーラシア地域動物園水族館協会) を牛耳っているモスクワ動物園が描いたスキームによる複数多園間での複数種の交換移動の一環によって来園したわけで、そのスキームそのものが繁殖計画とはやや異なる観点によって組み立てられているわけです。 ジフィルカやコメタといった貴重な雌の幼年個体が、その飼育環境に疑問の余地が大いにある動物園に移動しているといった現実については、その背後に存在している意図を読み取らねばならないわけで、これは本ロシアやウクライナの地方都市の動物園のホッキョクグマの飼育展示を充実させようという意図は間違いなくあるにせよ、そこには何か不透明な事情の存在を否定するのは難しいように思います。 ロストフ動物園に来たコメタの繁殖上のパートナーを同園はイョシやテルペイだと今頃になって言い出したり、ムィコラーイウ動物園のジフィルカのパートナーとしてブルノ動物園のナヌクが来園するとかいったような場当たり的なプランがあったりなど、どうもこれは、移動のスキームとしては大変鮮やかだったにせよ「繁殖計画」としてはあまり深く考えられていないスキームであって、実はもっと別の要素の存在を前提として理解するべきものと思われます。 こういった点においてスラヴ文化圏の社会構造や社会背景を考慮しなければならないわけで、限られた情報で真相を探っていくには洞察力が不可欠であるように思います。
a0151913_3144895.jpg
ジフィルカ Photo(C)Кремко Александр/Николаевские новости

いずれにせよ、このシモーナの産んだ三つ子の一頭のムィコラーイウ動物園のジフィルカについては今後もその動向を注目していかねばならないでしょう。 なにしろウクライナの政治状況は非常に不安定化しており、動物園では動物たちへの飼料の確保すら非常に苦労しているのが現状です。

さて、このシモーナの産んだ三つ子のうち一頭(雄)のヴァロージャはドイツのベルリン動物公園へ、そして一頭(雌)のジフィルカはこうしてこのウクライナのムィコラーイウ動物園へと移動しましたが、あと一頭の雄はどこへ行くのでしょうか? 間もなく2歳5か月になるわけで、はたしてその一頭はロシア国外に出ることになるでしょうか? その行先に注目が集まります。(*後記 - この投稿がなされた時点で残る一頭は実はモスクワで死亡していたということが後日判明しています。)

(資料)
Николаевские новости (Apr.7 2014 - В Николаевском зоопарке встретили весну с медведицей Зефиркой)
112.ua (Apr.2 2014 - В Николаевский зоопарк из Москвы доставили белую медведицу Зефирку)
112.ua (Apr.2 2014 - Белая медведица Зефирка доставлена в зоопарк Николаева)

(過去関連投稿)
モスクワ動物園のシモーナお母さんの三つ子の一頭の雌がウクライナ・ムィコラーイウ動物園に移動へ
ウクライナ、ムィコラーイウ動物園がホッキョクグマの輸入許可を取得するものの立ちはだかった難題
ウクライナのムィコラーイウ動物園にモスクワ動物園のシモーナの三つ子の一頭の雌のジフィルカが到着
ウクライナ・ムィコラーイウ動物園にモスクワ動物園から到着したジフィルカを伝えるニュース映像が公開
ウクライナ・ムィコラーイウ動物園にモスクワ動物園から到着したジフィルカが元気に展示場に登場
ロシア南部・ロストフ動物園とウクライナ・キエフ動物園との間の紛争 ~ 「ホッキョクグマ詐欺」事件の概要
チェコ・ブルノ動物園のコメタがロシア・ロストフ動物園へ ~ ブルノ、モスクワ、ロストフの巧妙な三角関係
by polarbearmaniac | 2014-04-09 06:00 | Polarbearology

カテゴリ

全体
Polarbearology
しろくま紀行
異国旅日記
動物園一般
Daily memorabilia
倭国旅日記
しろくまの写真撮影
旅の風景
幻のクーニャ
エッセイ、コラム
街角にて
未分類

最新の記事

ベルリン動物公園で誕生の赤ち..
at 2017-12-12 00:15
大阪・天王寺動物園のシルカの..
at 2017-12-11 01:30
エストニア・タリン動物園のノ..
at 2017-12-11 00:30
カザフスタン・アルマトイ動物..
at 2017-12-10 00:30
ロシア・サンクトペテルブルク..
at 2017-12-09 00:30
ベルリン動物公園でホッキョク..
at 2017-12-08 18:00
ロシア・ノヴォシビルスク動物..
at 2017-12-08 01:00
カナダ・マニトバ州チャーチル..
at 2017-12-08 00:15
ロシア・サンクトペテルブルク..
at 2017-12-07 00:30
エストニア・タリン動物園のノ..
at 2017-12-07 00:15

以前の記事

2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月

検索

ブログパーツ

  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。

ライフログ


人生と運命 1


スターリン―青春と革命の時代


モスクワは本のゆりかご


私のモスクワ、心の記憶


自壊する帝国 (新潮文庫)


甦るロシア帝国 (文春文庫)


嘘つきアーニャの真っ赤な真実 (角川文庫)


ロシア 春のソナタ、秋のワルツ-1999-21st


それからのエリス いま明らかになる鴎外「舞姫」の面影


ミチコ・タナカ 男たちへの讃歌 (新潮文庫)


わがユダヤ・ドイツ・ポーランド―マルセル・ライヒ=ラニツキ自伝


ベルリン戦争 (朝日選書)


Hof――ベルリンの記憶


カチンの森――ポーランド指導階級の抹殺


北京烈烈―文化大革命とは何であったか (講談社学術文庫)


慟哭の通州――昭和十二年夏の虐殺事件


主題と変奏―ブルーノ・ワルター回想録 (1965年)


藤田嗣治 異邦人の生涯


Barle's Story: One Polar Bear's Amazing Recovery from Life As a Circus Act


Lenin's Tomb: The Last Days of the Soviet Empire


Resurrection: The Struggle for a New Russia


Hotel Adlon: Das Berliner Hotel, in dem die grosse Welt zu Gast war


Ein seltsamer Mann


Alma Rose: Vienna to Auschwitz


St Petersburg: A Cultural History


Gulag