街、雲、それからホッキョクグマ ~ Polarbearology & conjectaneum


by polarbearmaniac

プロフィールを見る

ロシア連邦ウドムルト共和国、イジェフスク動物園の赤ちゃんの追加映像

a0151913_2333524.jpg
Photo(C)Ижевский зоопарк

ロシア連邦・ウドムルト共和国の首都であるイジェフスクの動物園で昨年12月12日にドゥムカお母さんから生まれた一頭の赤ちゃんがとうとう戸外に出て公開された件については「ロシア連邦ウドムルト共和国、イジェフスク動物園の赤ちゃん、遂に戸外に登場し公開される」という投稿でご紹介しています。 雄ではないかとの現地でのもっぱらの予想のようですが、前回ご紹介した映像で見る限りやはり雄が正解かなと思います。 ドゥムカお母さんとこの赤ちゃんの写真と映像がまた新たに入ってきていますのでいくつかご紹介しておきましょう。
a0151913_2384767.jpg
a0151913_2385991.jpg
Photo(C)Izhlife,ru

画像は良くないですが一つだけ映像もご紹介しておきます。 なかなか冒険心を発揮しているようです。



このドゥムカお母さんですが、2005年の春に生後3~4か月のときに野生孤児として保護され、モスクワ動物園で飼育された後に2008年にイジェフスク動物園に移動しています。この赤ちゃんの父親のノルドはシモーナお母さんの息子として2005年11月にモスクワ動物園で生まれ、ドゥムカと共にイジェフスク動物園に移動してきました。 このノルドの権利は依然としてモスクワ動物園にあるというわけです。

さあ、これで昨年暮れに世界の6つの動物園で7頭誕生した赤ちゃんのうち6頭がお披露目になりました。 残るはサンクトペテルブルクのウスラーダの16番目の赤ちゃんだけとなりました。 今までご紹介してきた5つの動物園の5頭のお母さんたちはみな育児初体験という変わったシーズンだったわけです。 昨シーズンは大物お母さんが出産をする順番の年回りではなかったわけですが、それにしても7頭は少ないですね。 ホッキョクグマの赤ちゃんはそう簡単には生まれてこないということです。 その他に昨シーズンはカナダのトロント動物園と白浜のアドベンチャーワールドで人工哺育の赤ちゃんの合計2頭が誕生しています。 これらを合計したとしても全部で9頭にしかならないわけです。

(資料)
Радио - Инвест (Apr.15 2014 - Недавно родившийся в Ижевском зоопарке белый медвежонок вышел на прогулку)
Ижевский зоопарк (Новости Apr.11 2014 - Долгожданное чудо в зоопарке)

(過去関連投稿)
ロシア連邦 ・ ウドムルト共和国 イジェフスク動物園でホッキョクグマの赤ちゃん誕生!
ロシア連邦 ・ ウドムルト共和国 イジェフスク動物園で誕生の赤ちゃんの産室内映像が初めて公開
ロシア連邦 ・ ウドムルト共和国 イジェフスク動物園で誕生の赤ちゃんは順調に成育中
ロシア連邦ウドムルト共和国、イジェフスク動物園の赤ちゃんの近況 ~ ロシア国内の個体の権利関係
ロシア連邦ウドムルト共和国、イジェフスク動物園の赤ちゃん、遂に戸外に登場し公開される
by polarbearmaniac | 2014-04-15 23:30 | Polarbearology

カテゴリ

全体
Polarbearology
しろくま紀行
異国旅日記
動物園一般
Daily memorabilia
倭国旅日記
しろくまの写真撮影
旅の風景
幻のクーニャ
エッセイ、コラム
街角にて
未分類

最新の記事

アメリカ・トレド動物園のホー..
at 2017-09-26 10:00
ロシア北東部の内陸をさまよう..
at 2017-09-26 03:00
ウクライナ・ハリコフ動物園の..
at 2017-09-25 03:00
ロシア北東部サハ共和国で北極..
at 2017-09-23 22:00
ロシア・ペルミ動物園が間もな..
at 2017-09-23 00:30
大阪・天王寺動物園がゴーゴの..
at 2017-09-22 01:00
ロシア・西シベリア、ボリシェ..
at 2017-09-21 01:00
アメリカ・オレゴン動物園のノ..
at 2017-09-21 00:30
ピョートル(ロッシー)とクラ..
at 2017-09-20 06:00
ロシアのサーカス団の4頭のホ..
at 2017-09-20 00:30

以前の記事

2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月

検索

ブログパーツ

  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。

ライフログ


人生と運命 1


スターリン―青春と革命の時代


モスクワは本のゆりかご


私のモスクワ、心の記憶


自壊する帝国 (新潮文庫)


甦るロシア帝国 (文春文庫)


嘘つきアーニャの真っ赤な真実 (角川文庫)


ロシア 春のソナタ、秋のワルツ-1999-21st


それからのエリス いま明らかになる鴎外「舞姫」の面影


ミチコ・タナカ 男たちへの讃歌 (新潮文庫)


わがユダヤ・ドイツ・ポーランド―マルセル・ライヒ=ラニツキ自伝


ベルリン戦争 (朝日選書)


Hof――ベルリンの記憶


カチンの森――ポーランド指導階級の抹殺


北京烈烈―文化大革命とは何であったか (講談社学術文庫)


慟哭の通州――昭和十二年夏の虐殺事件


主題と変奏―ブルーノ・ワルター回想録 (1965年)


藤田嗣治 異邦人の生涯


Barle's Story: One Polar Bear's Amazing Recovery from Life As a Circus Act


Lenin's Tomb: The Last Days of the Soviet Empire


Resurrection: The Struggle for a New Russia


Hotel Adlon: Das Berliner Hotel, in dem die grosse Welt zu Gast war


Ein seltsamer Mann


Alma Rose: Vienna to Auschwitz


St Petersburg: A Cultural History


Gulag