街、雲、それからホッキョクグマ ~ Polarbearology & conjectaneum


by polarbearmaniac

プロフィールを見る

ロシア・西シベリア、ノヴォシビルスク動物園の雌の赤ちゃんの名前が 「シルカ」 に決定

a0151913_23591234.jpg
シルカ Photo(C)Сибирское Агентство Новостей

ロシア・西シベリアのノヴォシビルスク動物園で昨年12月11日にゲルダお母さんから誕生した雌の赤ちゃんの名前が公募され、そして第二次選考として9つの名前から一つを選ぶという段階になっていたことはすでにご紹介していました。本日ノヴォシビルスク動物園が明らかにしたところによりますと、この赤ちゃんの名前が "Шилка" (シルカ) に決定したとのことです。 このシルカには31.6%の支持があり次点は30.6% の支持を獲得したオリンピアだったそうです。 かなりの僅差ですね。 三位は16.5%の支持のあったリュカダということだそうです。 将来外国の動物園に移動してもその名前の響きが良くてその名前のまま呼んでもらえるようにすることが一つの条件と考えられていたようで、その点においてシルカは、なかなか良い響きのように感じます。

このシルカというのはノヴォシビルスク動物園の名物園長さんの名前が由来だそうで、このロスティスラフ・シロ (Ростислав Шило) 園長は73歳にもなっているそうですが、もう40年間このノヴォシビルスク動物園の園長をしていてノヴォシビルスク市の名誉市民でもあり、野生の希少種の飼育と繁殖に多大な功績のある方だそうです。 やはり人望があるということなのでしょう、こうしてホッキョクグマの名前にまでこの園長さんの名前の票が入るとはたいしたものです。
a0151913_13201994.jpg
シロ園長 Photo(C)Михаила Перикова

さて、ここでやや以前の映像ですが一つご紹介しておきましょう。 これは4月初頭に撮影されたもののようです。ゲルダお母さんはプールに張った氷が解けてきたので早速水に入りますが、赤ちゃん(つまりシルカ)は恐ろしがって茫然と見ているだけです。



要するに赤ちゃんはこうした状態では水には入れません。 なにかこういうところがこのゲルダお母さんはまだまだ下手なのです。 これがウスラーダだったら(などということはあまり言ってはいけませんが)赤ちゃんが水に入るのは危険だと考えて自分も入らないわけですから赤ちゃんは上で適当に遊んでいるわけです。 この赤ちゃんはお母さんの水の中での姿を見て恐ろしがっているわけで、ゲルダお母さんが水に入ることは全く意味のないことですね。

(資料)
ИТАР-ТАСС (May.11 2014 - Белого медвежонка, родившегося в Новосибирске, назвали в честь директора зоопарка)
Комсомольская правда (May.11 2014 - Ми-ми-мишку из новосибирского зоопарка назвали Шилкой)
Новосибирские новости (May.11 2014 - Белого медвежонка в Новосибирском зоопарке решили назвать Шилкой)
НГС - Независимые Городские Сайты (May.11 2014 - Маленькую белую медведицу назвали Шилкой)
(*追加資料)
Новосибирские новости (May.11 2014 - «Я считаю себя крестным отцом не только медвежонка Шилки, но и всего зоопарка»)

(過去関連投稿)
ロシア、ノヴォシビルスク動物園でホッキョクグマの赤ちゃん誕生! ~ ロッシーの双子兄弟が父親となる
ロシア・西シベリア、ノヴォシビルスク動物園で誕生の赤ちゃん、ゲルダお母さんと共に初めて戸外へ!
ロシア・西シベリア、ノヴォシビルスク動物園で戸外に登場したゲルダお母さんと赤ちゃんの追加画像
ロシア・西シベリア、ノヴォシビルスク動物園の赤ちゃんの戸外映像 ~ ゲルダとクラーシンの幼年時代
ロシア・西シベリア、ノヴォシビルスク動物園の赤ちゃんの戸外映像追加 ~ 絵になる親子
ロシア・西シベリア、ノヴォシビルスク動物園で誕生の赤ちゃんの性別は雌(メス)と判明
ロシア・西シベリア、ノヴォシビルスク動物園のゲルダお母さんと雌の赤ちゃんの週末
ロシア・西シベリア、ノヴォシビルスク動物園の雌の赤ちゃんの名前の公募始まる
ロシア・西シベリア、ノヴォシビルスク動物園の雌の赤ちゃんの近況  ~ 名前公募の一次募集が終了
ロシア、ノヴォシビルスク動物園の赤ちゃんの選考候補名が決まる ~ なんと"ミユキ" (美雪)も候補に
ロシア・西シベリア、ノヴォシビルスク動物園の赤ちゃんの命名決定投票の中間結果が発表される
by polarbearmaniac | 2014-05-11 23:45 | Polarbearology

カテゴリ

全体
Polarbearology
しろくま紀行
異国旅日記
動物園一般
Daily memorabilia
倭国旅日記
しろくまの写真撮影
旅の風景
幻のクーニャ
エッセイ、コラム
街角にて
未分類

最新の記事

ウクライナ・ムィコラーイウ動..
at 2017-03-25 13:00
ロシア北東部・サハ共和国、ヤ..
at 2017-03-24 15:00
ドイツ・ミュンヘン、ヘラブル..
at 2017-03-23 20:00
男鹿水族館のクルミと豪太のペ..
at 2017-03-22 23:30
ハンガリー・ブダペスト動物園..
at 2017-03-21 20:00
ロシア・ノヴォシビルスク動物..
at 2017-03-21 18:00
ロシア・ノヴォシビルスク市の..
at 2017-03-20 19:00
デンマーク・オールボー動物園..
at 2017-03-19 20:30
チェコ・ブルノ動物園の「国際..
at 2017-03-19 00:30
ドイツ・ミュンヘン、ヘラブル..
at 2017-03-18 11:00

以前の記事

2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月

検索

ブログパーツ

  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。

ライフログ


人生と運命 1


スターリン―青春と革命の時代


モスクワは本のゆりかご


私のモスクワ、心の記憶


自壊する帝国 (新潮文庫)


甦るロシア帝国 (文春文庫)


嘘つきアーニャの真っ赤な真実 (角川文庫)


ロシア 春のソナタ、秋のワルツ-1999-21st


それからのエリス いま明らかになる鴎外「舞姫」の面影


ミチコ・タナカ 男たちへの讃歌 (新潮文庫)


わがユダヤ・ドイツ・ポーランド―マルセル・ライヒ=ラニツキ自伝


ベルリン戦争 (朝日選書)


Hof――ベルリンの記憶


カチンの森――ポーランド指導階級の抹殺


北京烈烈―文化大革命とは何であったか (講談社学術文庫)


慟哭の通州――昭和十二年夏の虐殺事件


主題と変奏―ブルーノ・ワルター回想録 (1965年)


藤田嗣治 異邦人の生涯


Barle's Story: One Polar Bear's Amazing Recovery from Life As a Circus Act


Hotel Adlon: Das Berliner Hotel, in dem die grosse Welt zu Gast war


Ein seltsamer Mann


Alma Rose: Vienna to Auschwitz


St Petersburg: A Cultural History


Gulag


The Guest from the Future: Anna Akhmatova and Isaiah Berlin