街、雲、それからホッキョクグマ ~ Polarbearology & conjectaneum


by polarbearmaniac

プロフィールを見る

ロシア・ウラル地方、ペルミ動物園でのアンデルマ、ユムカ、セリクの三頭同居の近況 ~ 最新の映像が公開

a0151913_1751391.jpg
ユムカとセリク Photo(C)Properm.ru

ロシア・ウラル地方のペルミ動物園では2012年12月にカザン市動物園に生まれた雌のユムカ(ミルカ・ユーコノヴナ)と2012年暮れに誕生したと推定される野生孤児の雄のセリクの2頭の幼年ペアにアンデルマ(年齢不詳)を加えた3頭同居が昨年12月からか試みられ非常な成功を収めていることはすでにご紹介しています。 こういったケースは飼育下では稀な例で非常に注目されることは言うまでもありません。 これはペルミ動物園の飼育スペースも関係しているわけで、ユムカ(ミルカ・ユーコノヴナ)とセリクをメインの展示場に出してしまうとアンデルマが狭い檻に入らなくてはならなくなってしまうという事情もあるわけですが、やはり出産経験が豊かなアンデルマに幼年個体2頭の後見人(熊)になってもらいたいというペルミ動物園の願いもあるということでしょう。
a0151913_17523096.jpg
ユムカとセリク Photo(C)Properm.ru

ペルミ動物園は一昨日、昨日と最新のこの三頭同居の映像を公開しましたのでご紹介しておきます。 最初の映像は実に驚くべき映像です。 アンデルマというのはもう水には入らなくなったホッキョクグマであり私も彼女がプールで泳ぐのをほとんど見た記憶がありません。 以前テルペイ(現在ロストフ動物園で飼育)がペルミ動物園にいた時代は「活魚のプレゼント」のイベントではテルペイが全て魚を採りアンデルマに献上していたわけでした。 しかし以下の映像ではアンデルマとユムカ(ミルカ・ユーコノヴナ)とセリクの3頭が水の中で遊んでいます。 アンデルマさん、あまり無理しないほうがいいですよ。



次の映像ですが、途中からユムカ(ミルカ・ユーコノヴナ)が展示場の内側の縁に飛び上がって縁歩きをしています。



次ににこれはまた非常に珍しい映像ですが疲れて眠ってしまったアンデルマの乳を吸おうとしているユムカ(ミルカ・ユーコノヴナ)です。 幼年個体はたとえそれが自分の母親でなくとも授乳を求める場合もあるということがわかります。 しかしそれも、アンデルマが発散している母性があればこそでしょう。 やはりアンデルマはこういう点でも別格の存在ということになるでしょう。 これがウスラーダだったらユムカやセリクは授乳を求めることはないと思います。



その他、あと二つの映像が公開されています。 こちらと、それからこちらです。

さて、以前に「動物園でホッキョクグマ1頭を飼育するのにいくらかかるのか?」という投稿をしたことがありました。 日本では一頭当たり年間で100万円強という計算だったはずです。 実はペルミの地元TV局がこの動物園の飼料について報道番組で報じた記事と映像があります。 その映像を見ていただきましょうか。 開始後27秒よりペルミ動物園のホッキョクグマたちが登場しています。



さて、この報道でペルミ動物園のホッキョクグマ一頭当たりの一日の飼料費を1500ルーブルだと報じています。 ということは年間547,500ルーブルとなります。 これを円換算にしますと約160万円となります。 これはけっこうな金額ですね。 どうやって飼料を調達しているか、その相場はいくらかなどという問題があって単純な比較は不可能ですが、では同じロシアでモスクワ動物園と比較してみましょう。 モスクワ動物園の飼料費については「モスクワ動物園の一歳半の三つ子ちゃんの近況 ~ 同園でのホッキョクグマ一頭あたりの飼料費は?」でご紹介したことがありましたが、一頭当たり年間約10,000ドルとなるわけで日本とほぼ同じです。 モスクワ動物園の方がペルミ動物園よりも圧倒的に飼育動物個体数が多いですから飼料調達の単価あたりのコストは下がるはずです。 しかしそれを考慮に入れてもやはりペルミ動物園の飼料費は高いということになりそうです。

(資料)
Пермский зоопарк (Новости/ May.12 2014 - Новые видеоролики про белых медвежат)
Vetta (Apr.3 2014 - Во сколько обходится содержание животных в пермском зоопарке)
РИМ (Dec.5 2013 - В пермском зоопарке белые медвежата переехали к бабушке.)
Expert.ru (Mar.21 2014 - Роснефть хочет «усыновить» белых медведей Пермского зоопарка)

(過去関連投稿)
ロシア・ペルミ動物園におけるセリクとユムカの近況 ~ テルペイがロストフ動物園に移動か?
ロシア・ペルミ動物園でのセリクとユムカの初顔合わせは不調に終わる
ロシア・ウラル地方 ペルミ動物園でアンデルマが気の強いユムカに手を焼く ~ 大物に挑みかかる小娘
ロシア・ウラル地方、ペルミ動物園のユムカと野生孤児のセリクとの関係が良好となる
ロシア・ウラル地方、ペルミ動物園でアンデルマとユムカ、そして野生孤児セリクの3頭同居は順調な滑り出し
ロシア・ウラル地方、ペルミ動物園でのアンデルマ、ユムカ、セリクの三頭同居は大きな成果を上げる
*2013年ペルミ動物園訪問記
小雨のペルミ動物園へ ~ 偉大なるアンデルマとの再会、そして野生孤児のセリクとの出会い
ペルミ動物園で保護されている野生孤児セリクの素顔 ~ まだ順応できない環境の激変
アンデルマ、その至高のホッキョクグマの色褪せることなき永遠の伝説
ペルミ動物園訪問2日目 ~ ペルミに初雪の舞った日のホッキョクグマたち
アンデルマさん、お元気で! ~  「日本に暮らす我が息子たち、孫たち、曾孫のホッキョクグマへ...」
by polarbearmaniac | 2014-05-13 18:30 | Polarbearology

カテゴリ

全体
Polarbearology
しろくま紀行
異国旅日記
動物園一般
Daily memorabilia
倭国旅日記
しろくまの写真撮影
旅の風景
幻のクーニャ
エッセイ、コラム
街角にて
未分類

最新の記事

チェコ・ブルノ動物園の一歳半..
at 2017-04-26 00:30
ベルリン動物園 (Zoo B..
at 2017-04-25 00:30
モスクワ動物園の二歳半の雄(..
at 2017-04-24 01:30
ロシア・西シベリア、ボリシェ..
at 2017-04-24 00:30
オランダ・ヌエネン、「動物帝..
at 2017-04-23 00:30
ベルリン動物公園で死亡した赤..
at 2017-04-22 01:00
ロシア・シベリア中部、クラス..
at 2017-04-22 00:30
アメリカ・コロンバス動物園の..
at 2017-04-21 12:00
アメリカ・コロンバス動物園の..
at 2017-04-20 15:00
ロシア・サハ共和国、ヤクーツ..
at 2017-04-20 14:30

以前の記事

2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月

検索

ブログパーツ

  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。

ライフログ


人生と運命 1


スターリン―青春と革命の時代


モスクワは本のゆりかご


私のモスクワ、心の記憶


自壊する帝国 (新潮文庫)


甦るロシア帝国 (文春文庫)


嘘つきアーニャの真っ赤な真実 (角川文庫)


ロシア 春のソナタ、秋のワルツ-1999-21st


それからのエリス いま明らかになる鴎外「舞姫」の面影


ミチコ・タナカ 男たちへの讃歌 (新潮文庫)


わがユダヤ・ドイツ・ポーランド―マルセル・ライヒ=ラニツキ自伝


ベルリン戦争 (朝日選書)


Hof――ベルリンの記憶


カチンの森――ポーランド指導階級の抹殺


北京烈烈―文化大革命とは何であったか (講談社学術文庫)


慟哭の通州――昭和十二年夏の虐殺事件


主題と変奏―ブルーノ・ワルター回想録 (1965年)


藤田嗣治 異邦人の生涯


Barle's Story: One Polar Bear's Amazing Recovery from Life As a Circus Act


Hotel Adlon: Das Berliner Hotel, in dem die grosse Welt zu Gast war


Ein seltsamer Mann


Alma Rose: Vienna to Auschwitz


St Petersburg: A Cultural History


Gulag


The Guest from the Future: Anna Akhmatova and Isaiah Berlin