街、雲、それからホッキョクグマ ~ Polarbearology & conjectaneum


by polarbearmaniac

プロフィールを見る

ドイツ・ミュンヘン、ヘラブルン動物園のネラとノビの双子の人気衰えず ~ ドイツと日本の意識の違い

a0151913_16471355.jpg
ネラとノビ Photo(C)muenchen.de

昨年12月9日に南ドイツ、ミュンヘンのヘラブルン動物園でジョヴァンナお母さんから誕生した雌のネラ と雄のノビの双子の赤ちゃんですが、ここのところこのブログでその様子はご紹介していなかったものの相変わらず地元では大人気のようです。 昨日6月12日に入園者が今年の百万人目を数え、その家族連れに花束と年間パスの贈呈が行われたそうです。 ヘラブルン動物園としては設立以来の最速で入園者百万人を達成し、これは昨年よりも六週間早いペースだとのことです。 ヘラブルン動物園の年間入園者数は2012年には約162万人、2013年には約172万人だったそうで、今年はこのままのペースでいけば200万人にどれだけ迫れるかといった数になるのではないでしょうか。 こういった今年の入園者増の原因を同園では第一に天候の良好さ、そしてなんといってもホッキョクグマの双子の赤ちゃんの一般公開にその理由を求めていますが、それは納得のいくところでしょう。 このホッキョクグマの赤ちゃんの人気の理由ですが、仮にマスコミにマイクを向けられて理由を聞かれたとすれば即答には困りそうな気がします。 さて、ここで最近のネラとノビの双子の映像を見てみましょう。





それから、ドイツ人のファンと我々日本人のファンとの間にあるホッキョクグマの赤ちゃんに対する感じ方の違い...これは間違いなくあるように私には感じられます。 それを推し量る材料はネット上に存在する動画でしょう。私は以前からドイツのファンの方々が撮られた多くの映像を丹念に見ていますが、我々日本人のファンにとってホッキョクグマの赤ちゃんは、要するに「Xお母さんとYとZの双子の赤ちゃん」という位置付けであるのに対してドイツ人のファンは「YとZの双子の赤ちゃん」というのが基本的な意識と認識なのではないでしょうか。 つまり我々日本のファンは母親の存在というものをドイツのファンよりも意識しているということに尽きるように思います。 それは仮に赤ちゃんを映した動画の映像に母親の姿が多く登場するかそうでないかといった単純な問題ではないように思います。
a0151913_17102197.jpg
ネラとノビ Photo(C)Sonja Bogisch/Tierpark Hellabrunn

日本のファンの撮ったホッキョクグマの赤ちゃんの映像には、母親が多く映っていようがいまいが、映像の奥のどこかに母親の存在の影を感じ取ることができます。 ところがドイツのファンの方々の撮った映像には仮に母親が多く映っていようが焦点と主役は赤ちゃんたちである...私にはそう感じます。 ですから個々の撮影者の技術の問題は別にしてドイツの場合はマスコミの撮った映像は別にしてもファンの方々の撮る映像は「赤ちゃんの成長」といったものを我々日本人よりも明確に捉える傾向が強いように思います。 人間社会でもドイツの子供たちは日本の子供たちよりも「乳離れ」がはっきりとしており、成人になれば親とは全く別の単位の個人として存在するのに対し日本では成人になってもどこかに「家族単位」の考え方が色濃く残るといった社会背景もこうしたものの感じ取り方の後ろにありそうな気がします。
a0151913_17162139.jpg
Photo(C)muenchen.de

さて、「ホッキョクグマの赤ちゃん」の登場に対するこうしたドイツと日本のファンの間に存在する意識の微妙な違いを私は感じ取り、そして熱心にホッキョクグマの赤ちゃんの姿を映像に記録されているドイツのファンの方々に大きな敬意を払いつつも、赤ちゃんたちが一般公開され、そして旅立っていった後になって振り返ってみるとやはり 「YとZの双子のドラマ」 の本当の主人公は誰だったかと考えれば、それは実は母親Xではなかったかという考え方が正しいだろうと思っています。 そういう視点に立って私の体験で日本以外の国、たとえばロシアでウスラーダやシモーナやムルマと彼女たちの赤ちゃんたちの姿を観察してみた時に、そこから得るものが非常に大きく感じられるということです。 ですから、「YとZの双子」の成長を主眼に追いかけるよりも、「母親XとY,Zの双子」という単位でその関係と変化を時間の推移で捉えた方が興味深いものが多く見えてくるという考えを私は実感として持っています。
a0151913_17165426.jpg
Photo(C)muenchen.de

今回のミュンヘンのジョヴァンナお母さんはいったいどういう母親なのか、ブレーマーハーフェンのヴァレスカお母さんの母親像とはどういうものなのかについてネット上に多く存在する映像はあまり多くのものを語っていないように私の眼には見えてきてしまいます。 それが映像で語られてこそ本当のおもしろさがあるように私には思うのですが...。

(資料)
Tierpark Hellabrunn (Jun.12 2014 - Der millionste Besucher 2014)
tz online (Jun.12 2014 - Tierpark: Eine Million Besucher – so früh wie nie!)
muenchen.de (Eisbären-Babys in Tierpark Hellabrunn - So süß sind die Münchner Eisbären-Babys)

(過去関連投稿)
ドイツ・ミュンヘンのヘラブルン動物園でホッキョクグマの双子の赤ちゃん誕生!
ドイツ・ミュンヘンのヘラブルン動物園でジョヴァンナお母さんの出産の瞬間の画期的なカラー映像が公開
ドイツ・ミュンヘンのヘラブルン動物園で誕生の双子の赤ちゃんの産室内映像 ~ 及び出産映像完全版
ドイツ・ミュンヘンのヘラブルン動物園の産室内カラー映像の秘密 ~ 赤外線映像のカラー化処理か?
ドイツ・ミュンヘンのヘラブルン動物園で誕生の双子の赤ちゃん、いとも簡単に最初の関門を突破
ドイツ・ミュンヘンのヘラブルン動物園で誕生の双子の赤ちゃん、誕生9日目の産室内映像が公開
ドイツ・ミュンヘンのヘラブルン動物園で誕生の双子の赤ちゃん、誕生9日目の追加の産室内映像が公開
ドイツ・ミュンヘンのヘラブルン動物園で誕生の双子の赤ちゃん、順調に生後2週間が経過
ドイツ・ミュンヘンのヘラブルン動物園で誕生の双子の赤ちゃん、順調に生後3週間が経過
ドイツ・ミュンヘンのヘラブルン動物園で誕生の双子の赤ちゃん、無事に生後一か月が経過
ドイツ・ミュンヘンのヘラブルン動物園で誕生の双子の赤ちゃん、生後一か月を経て眼が開き始める
ドイツ・ミュンヘンのヘラブルン動物園の双子の赤ちゃんの生後36日目の映像
ドイツ・ミュンヘンのヘラブルン動物園の双子の赤ちゃん、順調に生後40日が経過
ドイツ・ミュンヘン、ヘラブルン動物園の双子の赤ちゃん、順調に赤ちゃんが生後52日が経過
ドイツ・ミュンヘン、ヘラブルン動物園の双子の赤ちゃん生後2ヶ月が経過 ~ 父親同居をも狙う同園
ドイツ・ミュンヘン、ヘラブルン動物園の双子の赤ちゃんの性別判定が行われる ~ 雄・雌と判明
ドイツ・ミュンヘン、ヘラブルン動物園の双子の赤ちゃん、元気に生後10週間が経過
ドイツ・ミュンヘン、ヘラブルン動物園のジョヴァンナお母さん、野菜サラダで本格的給餌再開への準備
ドイツ・ミュンヘン、ヘラブルン動物園で誕生の双子の赤ちゃん、ジョヴァンナお母さんと共に戸外に初登場
ドイツ・ミュンヘン、ヘラブルン動物園で誕生の双子の赤ちゃんの初公開の模様がドイツからライブ中継
ドイツ・ミュンヘン、ヘラブルン動物園の双子の赤ちゃんが一般公開後に大人気 ~ 人気の秘密は何か?
ドイツ・ミュンヘン、ヘラブルン動物園の双子の赤ちゃんの人気で、園内売店でグッズが爆発的な売れ行き
ドイツ・ミュンヘン、ヘラブルン動物園の双子の赤ちゃんを見守る人々
ドイツ・ミュンヘン、ヘラブルン動物園の双子の赤ちゃんの名前が 「ネラ」 と 「ノビ」 に決まる
by polarbearmaniac | 2014-06-13 18:00 | Polarbearology

カテゴリ

全体
Polarbearology
しろくま紀行
異国旅日記
動物園一般
Daily memorabilia
倭国旅日記
しろくまの写真撮影
旅の風景
幻のクーニャ
エッセイ、コラム
街角にて
未分類

最新の記事

フランス・ミュルーズ動物園の..
at 2017-03-26 22:00
ハンガリー・ブダペスト動物園..
at 2017-03-25 21:00
ウクライナ・ムィコラーイウ動..
at 2017-03-25 13:00
ロシア北東部・サハ共和国、ヤ..
at 2017-03-24 15:00
ドイツ・ミュンヘン、ヘラブル..
at 2017-03-23 20:00
男鹿水族館のクルミと豪太のペ..
at 2017-03-22 23:30
ハンガリー・ブダペスト動物園..
at 2017-03-21 20:00
ロシア・ノヴォシビルスク動物..
at 2017-03-21 18:00
ロシア・ノヴォシビルスク市の..
at 2017-03-20 19:00
デンマーク・オールボー動物園..
at 2017-03-19 20:30

以前の記事

2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月

検索

ブログパーツ

  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。

ライフログ


人生と運命 1


スターリン―青春と革命の時代


モスクワは本のゆりかご


私のモスクワ、心の記憶


自壊する帝国 (新潮文庫)


甦るロシア帝国 (文春文庫)


嘘つきアーニャの真っ赤な真実 (角川文庫)


ロシア 春のソナタ、秋のワルツ-1999-21st


それからのエリス いま明らかになる鴎外「舞姫」の面影


ミチコ・タナカ 男たちへの讃歌 (新潮文庫)


わがユダヤ・ドイツ・ポーランド―マルセル・ライヒ=ラニツキ自伝


ベルリン戦争 (朝日選書)


Hof――ベルリンの記憶


カチンの森――ポーランド指導階級の抹殺


北京烈烈―文化大革命とは何であったか (講談社学術文庫)


慟哭の通州――昭和十二年夏の虐殺事件


主題と変奏―ブルーノ・ワルター回想録 (1965年)


藤田嗣治 異邦人の生涯


Barle's Story: One Polar Bear's Amazing Recovery from Life As a Circus Act


Hotel Adlon: Das Berliner Hotel, in dem die grosse Welt zu Gast war


Ein seltsamer Mann


Alma Rose: Vienna to Auschwitz


St Petersburg: A Cultural History


Gulag


The Guest from the Future: Anna Akhmatova and Isaiah Berlin