街、雲、それからホッキョクグマ ~ Polarbearology & conjectaneum


by polarbearmaniac

プロフィールを見る

ドイツ・ヴッパータール動物園のアノーリがFIFAワールドカップで「予言ダコのパウル君」の後継となるか

a0151913_21432358.jpg
対ポルトガル戦でドイツチームの勝利を予言したアノーリ
Photo(C)Westdeutsche Zeitung/Stefan Fries

2014年FIFAワールドカップが始まっています。 前回2010年の南アフリカでの大会ではドイツの水族館で飼育されていたマダコのパウル君がドイツ代表の7試合と決勝戦の計8試合の勝敗を全て予言で的中させ話題になりました。 さて、今回の大会ですがドイツでは前回の予言ダコのパウル君の役割をホッキョクグマにさせようということになったらしく、ヴッパータール動物園で2012年1月4日にヴィルマお母さんから誕生した雌のホッキョクグマであるアノーリが、大会五日目の16日(日本時間の17日)に行われる「ドイツ対ポルトガル」の試合結果の予言を行うことになったそうです。 その様子を見ていただきましょう。 アノーリは本当に大きくなりました。



ドイツとポルトガルの国旗の色が付けられた二個のボールがプールに投げ入れられています。 水に飛び込んだアノーリは最初にドイツ国旗の色のボールに触ったことから、勝利はドイツであるという予言となったようです。 途中で雄のルカが邪魔しに水に入ってきますがアノーリは結局ドイツ国旗のボールを守り抜いたようです。 ドイツのサッカーファンが大喜びしたのは間違いないでしょう。

仮に「ドイツ対ポルトガル」の試合でドイツが勝利すれば、アノーリはその次のドイツが登場する試合結果の予言も行うことになるでしょう。 しかしこういうことを動物園でホッキョクグマにやらせてよいものでしょうか。 いささか度が過ぎているようにも思いますが、おもちゃであるボールを取るために水に飛び込むだけだから問題はないということなのでしょう。 何かこういうところがドイツという国のわからないところでもあります。 さて、前回の大会の決勝戦でのスペインのオランダに対する勝利を予言したパウル君の予言を見てみましょう。 確かにスペイン国旗を選択しています。



(資料)
Westdeutsche Zeitung (Jun.16 2014 - WM-Orakel: Unser Paul heißt Anori)

(過去関連投稿)
ドイツ・ヴッパータール動物園でホッキョクグマの赤ちゃん誕生!
ドイツ・ヴッパータール動物園で誕生の赤ちゃんの性別を過去のデータで予想する
ドイツ・ヴッパータール動物園で誕生の赤ちゃん、アノーリの近況 ~ 産室内映像の初公開
ドイツ・ヴッパータール動物園の赤ちゃんのアノーリ、生後5週間が経過し両目が開く
ドイツ・ヴっパータール動物園の赤ちゃん・アノーリがいよいよ一般公開へ ~ 性別は雌と同動物園が発表
ドイツ・ヴッパータール動物園の赤ちゃん・アノーリ、ついに一般公開
ドイツ・ヴッパータール動物園の赤ちゃん、アノーリが大きな人気
ドイツ・ヴッパータール動物園でのアノーリ誕生の瞬間を捉えた映像
ドイツ・ヴッパータール動物園の赤ちゃん、アノーリが水に親しみ始める
ドイツ・ヴッパータール動物園の赤ちゃん、アノーリの近況
ドイツ・ヴッパータール動物園のアノーリの一歳のお誕生会
オランダ・レネン、アウヴェハンス動物園のルカがドイツ・ヴッパータール動物園へ ~ EEPは足踏み状態?
ドイツ・ヴッパータール動物園のヴィルマが娘アノーリに別れを告げ、生まれ故郷のロストック動物園へ帰還
by polarbearmaniac | 2014-06-16 22:00 | Polarbearology

カテゴリ

全体
Polarbearology
しろくま紀行
異国旅日記
動物園一般
Daily memorabilia
倭国旅日記
しろくまの写真撮影
旅の風景
幻のクーニャ
エッセイ、コラム
街角にて
未分類

最新の記事

エストニア・タリン動物園、新..
at 2017-11-20 01:00
仙台・八木山動物公園、苦心す..
at 2017-11-19 00:30
ロシア・イジェフスク動物園が..
at 2017-11-18 01:30
南フランス・アンティーブ、マ..
at 2017-11-18 00:30
チェコ・ブルノ動物園のライブ..
at 2017-11-17 00:30
札幌・円山動物園で完成の「ホ..
at 2017-11-16 15:00
アメリカ・コロンバス動物園の..
at 2017-11-15 14:30
ロシア・サンクトペテルブルク..
at 2017-11-15 00:30
ロシア・サハ共和国、ヤクーツ..
at 2017-11-14 01:00
アメリカ・テネシー州 メンフ..
at 2017-11-13 01:00

以前の記事

2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月

検索

ブログパーツ

  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。

ライフログ


人生と運命 1


スターリン―青春と革命の時代


モスクワは本のゆりかご


私のモスクワ、心の記憶


自壊する帝国 (新潮文庫)


甦るロシア帝国 (文春文庫)


嘘つきアーニャの真っ赤な真実 (角川文庫)


ロシア 春のソナタ、秋のワルツ-1999-21st


それからのエリス いま明らかになる鴎外「舞姫」の面影


ミチコ・タナカ 男たちへの讃歌 (新潮文庫)


わがユダヤ・ドイツ・ポーランド―マルセル・ライヒ=ラニツキ自伝


ベルリン戦争 (朝日選書)


Hof――ベルリンの記憶


カチンの森――ポーランド指導階級の抹殺


北京烈烈―文化大革命とは何であったか (講談社学術文庫)


慟哭の通州――昭和十二年夏の虐殺事件


主題と変奏―ブルーノ・ワルター回想録 (1965年)


藤田嗣治 異邦人の生涯


Barle's Story: One Polar Bear's Amazing Recovery from Life As a Circus Act


Lenin's Tomb: The Last Days of the Soviet Empire


Resurrection: The Struggle for a New Russia


Hotel Adlon: Das Berliner Hotel, in dem die grosse Welt zu Gast war


Ein seltsamer Mann


Alma Rose: Vienna to Auschwitz


St Petersburg: A Cultural History


Gulag