街、雲、それからホッキョクグマ ~ Polarbearology & conjectaneum


by polarbearmaniac

プロフィールを見る

ロシア・イジェフスク動物園の雄の赤ちゃんの名前が 「ニッサン (Ниссан)」 に決まる

a0151913_10584562.jpg
ドゥムカお母さんと雄の赤ちゃん
Photo(C)Комсомольская правда

昨年12月12日にロシア連邦・ウドムルト共和国のイジェフスク動物園でドゥムカお母さんから生まれた一頭の赤ちゃんについては、キリル文字の ”Н” すなわちアルファベットの ”N” で始まるという条件でその名前の公募が始められた件はすでに投稿していました。 この雄の赤ちゃんの名前ですが、12歳と10歳の子供が応募した「ニッサン (Ниссан)」に決定したそうです。 「ニッサン」というのはあの日産自動車の「ニッサン」であり、イジェフスクの自動車工場(イジェ・アフト)で日産車の製造が始まっていることがこの名前が選ばれた大きな理由ではないかと思われます。 ロシア語の発音としては「ニサン」に近いですが、日産自動車が由来ですので「ニッサン」と表記しておくことにします。 企業の名前がそのままホッキョクグマの名前となるケースは珍しいですね。 オランダ・ロッテルダム動物園で生まれたヴィックス(Vicks) ぐらいでしょうか。

その他の候補名としては「ニノク (Нинок)」、「ネルソン (Нельсон)」、「ノイコ (Нойко)」 などもあったそうです。 今回決まった「ニッサン」も含めて、これらの候補名は-а で終止していませんので全て雄の名前を示しています。 血統登録その他の書類上は全て「ニッサン (Ниссан)」 で行われるそうです。 赤ちゃんの名前のお披露目式にはイジェフスクの日産自動車の代表も出席する予定だそうです。 さて、また最近のこの赤ちゃん、「ニッサン」の様子を映像で見てみましょう。



イジェフスク動物園ではこの「ニッサン (Ниссан)」という名前が非常に気に入っていると言っていますが、やは日産自動車からの寄付が欲しいのかなとも邪推してしまいますね。 いや、ひょっとしておそらくもう寄付があったのかもしれません。 ともかくも、この名前にはあまり感心できません。

(資料)
Комсомольская правда (Jun.16 2014 - Белого медвежонка из зоопарка Ижевска назвали Ниссан)
ИА Глазов.Ру (Jun.16 2014 - Белого медвежонка из ижевского зоопарка назвали Ниссаном)
Я люблю Ижевск (Jun.16 2014 - Белому медвежонку из Ижевского зоопарка дали кличку в честь японского автомобиля)
ロシアの声 (Feb.5 2014 - イジェフスク自動車工場、極秘体制で日産車の組み立てに取り組む

(過去関連投稿)
ロシア連邦 ・ ウドムルト共和国 イジェフスク動物園でホッキョクグマの赤ちゃん誕生!
ロシア連邦 ・ ウドムルト共和国 イジェフスク動物園で誕生の赤ちゃんの産室内映像が初めて公開
ロシア連邦 ・ ウドムルト共和国 イジェフスク動物園で誕生の赤ちゃんは順調に成育中
ロシア連邦ウドムルト共和国、イジェフスク動物園の赤ちゃんの近況 ~ ロシア国内の個体の権利関係
ロシア連邦ウドムルト共和国、イジェフスク動物園の赤ちゃん、遂に戸外に登場し公開される
ロシア連邦ウドムルト共和国、イジェフスク動物園の赤ちゃんの追加映像
ロシア連邦・ウドムルト共和国、イジェフスク動物園の赤ちゃんの性別は雄と判明 ~ 名前公募が開始
ロシア連邦・ウドムルト共和国、イジェフスク動物園の雄の赤ちゃんの近況 ~ 泳ぎ始めた赤ちゃん
ロシア・イジェフスク動物園のドゥムカお母さんは母親としての力量不足か? ~ 母親の力量を考える
by polarbearmaniac | 2014-06-17 11:00 | Polarbearology

カテゴリ

全体
Polarbearology
しろくま紀行
異国旅日記
動物園一般
Daily memorabilia
倭国旅日記
しろくまの写真撮影
旅の風景
幻のクーニャ
エッセイ、コラム
街角にて
未分類

最新の記事

チェコ・ブルノ動物園のノリア..
at 2017-12-18 17:30
アメリカ・シンシナティ動物園..
at 2017-12-18 00:30
アラスカ最北部のバロー(ユト..
at 2017-12-17 06:00
イギリスのヨークシャー野生動..
at 2017-12-17 01:00
ロシア・ペンザ動物園のベルィ..
at 2017-12-17 00:15
ロシア・イジェフスク動物園の..
at 2017-12-16 00:30
アメリカ・フィラデルフィア動..
at 2017-12-15 15:30
ロシア・イジェフスク動物園で..
at 2017-12-14 22:30
ベルリン動物公園で誕生の赤ち..
at 2017-12-14 20:30
ドイツ・ハノーファー動物園の..
at 2017-12-14 20:00

以前の記事

2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月

検索

ブログパーツ

  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。

ライフログ


人生と運命 1


スターリン―青春と革命の時代


モスクワは本のゆりかご


私のモスクワ、心の記憶


自壊する帝国 (新潮文庫)


甦るロシア帝国 (文春文庫)


嘘つきアーニャの真っ赤な真実 (角川文庫)


ロシア 春のソナタ、秋のワルツ-1999-21st


それからのエリス いま明らかになる鴎外「舞姫」の面影


ミチコ・タナカ 男たちへの讃歌 (新潮文庫)


わがユダヤ・ドイツ・ポーランド―マルセル・ライヒ=ラニツキ自伝


ベルリン戦争 (朝日選書)


Hof――ベルリンの記憶


カチンの森――ポーランド指導階級の抹殺


北京烈烈―文化大革命とは何であったか (講談社学術文庫)


慟哭の通州――昭和十二年夏の虐殺事件


主題と変奏―ブルーノ・ワルター回想録 (1965年)


藤田嗣治 異邦人の生涯


Barle's Story: One Polar Bear's Amazing Recovery from Life As a Circus Act


Lenin's Tomb: The Last Days of the Soviet Empire


Resurrection: The Struggle for a New Russia


Hotel Adlon: Das Berliner Hotel, in dem die grosse Welt zu Gast war


Ein seltsamer Mann


Alma Rose: Vienna to Auschwitz


St Petersburg: A Cultural History


Gulag