街、雲、それからホッキョクグマ ~ Polarbearology & conjectaneum


by polarbearmaniac

プロフィールを見る

ロシア・スタロースコルィスク動物園のラパとセードフ司令官が黒海沿岸のゲレンジーク・サファリパークへ

a0151913_3571282.jpg
ゲレンジーク・サファリパークでのセードフ司令官
Photo(C)Сафари-парк Геленджик

非常に嬉しいニュースが入ってきました。 長年にわたって氷上サーカス団でスケートの演技を行っていた雌のラパがサーカスを引退してロシア西部ベルゴロド州の都市であるスタールイ・オスコル市にあるスタロースコルィスク動物園で余生を送ることになり、そのパートナーとしてシベリア中部の都市であるクラスノヤルスク動物園のセードフ司令官がスタロースコルィスク動物園に移動した件について昨年何度か詳しく投稿しています(過去関連投稿参照)。 このスタロースコルィスク動物園のホッキョクグマ舎の飼育施設は非常にお粗末なものであってかなり心配していたわけですが、コムソモリスカヤプラウダ紙の最新の報道によりますと、このラパとセードフ司令官の二頭が約一か月前にロシア南部クラスノダール地方にある黒海沿岸のリゾート都市であるゲレンジーク (Геленджи́к) のサファリパーク (Сафари-парк Геленджик) に移動し、検疫期間が終了したために一般公開が開始されることが報じられました。
a0151913_4273560.jpg
黒海沿岸のゲレンジーク (Геленджи́к)
a0151913_3593692.jpg
ゲレンジーク・サファリパークでのラパ
Photo(C)Сафари-парк Геленджик

報道によればこのゲレンジークのサファリパークにはホッキョクグマ飼育のために温度がマイナスにもなる大きな飼育部屋があるそうで、プールの水も非常に温度の低い設定ができるそうです。 屋外にもプールがあるそうで、この飼育場に移るや否やセードフ司令官は大喜びで早速プールに飛び込んだそうです。 しかしラパは長年サーカス団にいたために泳ぎは苦手なようで、セードフ司令官によって水に落とされたようですがラパは泳ぎができないような状態で獣医さんは大慌てしたそうですが、なんとか床に上がったラパに対してセードフ司令官は泳ぎを教えるかのようにラパの体を何度も水に押したそうで、こういったことが何回か続いたのちに翌日になってラパは水に慣れたとのことです。 この二頭は新しい環境に非常に喜んでいる様子だそうですが、写真で見たあのスタロースコルィスク動物園のホッキョクグマ舎の様子を考えれば、それは当然のことでしょう。 以下をクリックしていただいて開いたページでセードフ司令官の泳ぐ姿をご覧下さい。 二つ目の映像では上にほうにいるのがラパだと思います。


(*追記 - 地元のTV局が一般公開の始まった様子をニュース番組で報じていますので下をワンクリックしていただいて開いたページで様子をご覧下さい。 これはロシアにしてはなかなか素晴らしい施設ですね。)
a0151913_16241089.jpg

(*追記2 - その後このニュースはyoutubeでもアップされましたので下にご紹介しておきます。)



報道では今まではっきりしなかったラパの出自についても触れられていました。 ラパは北極圏で野生孤児として保護された個体だそうで、その後にサンクトペテルブルクに送られてそこのサーカス団に加えられたそうです。 以前に何度もご紹介しましたが彼女はサーカスでは長年にわたって氷上のスケートの演技をしていたわけですが、絶滅のおそれのある野生生物に対してサーカスで演技することを禁じる提案が政府より出され、それによってラパはサーカスを引退した(させられた)ということだったようです。 彼女の引退先のスタロースコルィスク動物園は新しいホッキョクグマ飼育展示場を建設するような状況ではなく、このゲレンジークのサファリパークにセードフ司令官と共に移動となったというのが真相だそうです。

実は昨年からタロースコルィスク動物園で暮らすこの二頭がどのように暮らしているかについてその後の情報を集めてはいましたが、ほとんど成果がなかったわけで、セードフ司令官が飼育環境の悪化によって元気が無くなっているというわずかな情報があったのみで非常に心配していたわけですが、今回の報道でホッとしたという感じです。サーカス出身のラパについては、その演技の様子も過去関連投稿でご紹介しています。 また、セードフ司令官については、彼はあのサンクトペテルブルクの女帝ウスラーダが産んだ三つ子の一頭であることは今更あらためて言うまでもありません。 さて、ここでこのサファリパークとゲレンジーク市の映像をご紹介しておきます。 ロープウェイからの景色が素晴らしいようですね。



スタールイ・オスコルに行くのは非常に難しかったわけですが、このゲレンジークに行くのは比較的簡単なようです。 可能ならば是非行ってみたいと思っています。

(*後記 - その後、このゲレンジーク ・サファリパーク が映像で公式にセードフ司令官とラパの姿を紹介しましたので以下にご紹介しておきます。)


(資料)
Комсомольская правда (Jun.17 2014 - Белые медведи теперь живут в Геленджике)
(*追加資料)
Девятый канал (Jun.18 2014 - В геленджикском «Сафари-парке» появились белые медведи)
Живая Кубань (Jun.18 2014 - В Геленджике в "Сафари-парк" привезли двух белых медведей)
ГТРК Кубань (Jun.18 2014 - В геленджикском «Сафари-парке» поселились белые медведи)

(過去関連投稿)
(*ラパ関連)
サーカス団(ロシア)のホッキョクグマの訓練風景
ロシアの氷上サーカスでスケート演技をするホッキョクグマのラパ ~ その引退の日は遠し
ロシアの氷上サーカスのホッキョクグマ ~ 現役で活躍するラパ、そして引退したホッキョクグマたちの余生
ロシアの氷上サーカスのホッキョクグマのラパ、ベラルーシ公演でも大好評となる
ロシアの氷上サーカスに出演のホッキョクグマたち、元気に公演を続ける
ロシアの氷上サーカスに出演のラパたち5頭のホッキョクグマの最近の様子
ロシアの氷上サーカス団のホッキョクグマたち、モスクワのボリショイサーカスに出演し大好評
ロシアの氷上サーカス団でスケート演技をするラパに遂に引退の日来る ~ スタロースコルィスク動物園へ

(*セードフ司令官関連)
ロシア・クラスノヤルスク動物園の2頭の伊達男たち ~ 華麗なる独身生活を謳歌?
ロシア・クラスノヤルスク動物園のプール開き
ロシア・クラスノヤルスク動物園の夏の始まり ~ プールを雌2頭に占領されてしまったセードフ司令官閣下
ロシア・シベリア中部、クラスノヤルスク動物園のプール開き
ロシア・シベリア中部のクラスノヤルスク動物園のセードフ司令官の10歳のお誕生会 ~ 行方不明の兄弟たち
ロシア・シベリア中部、クラスノヤルスク動物園のセードフ司令官の希望無き恋 ~ 野生出身の雌は高嶺の花
ロシア・シベリア中部、クラスノヤルスク動物園のセードフ司令官が今週末に同園を出発し新天地へ
ロシア・シベリア中部 クラスノヤルスク動物園のセードフ司令官が同園を出発し、五千キロの移動の旅へ
ロシア・クラスノヤルスク動物園のセードフ司令官が陸路5日間で無事にスタロースコルィスク動物園に到着
ロシア西部、スタロースコルィスク動物園でのラパとセードフ司令官の近況 ~ ラパの健康状態への危惧
ロシア西部、スタールイ・オスコル市のスタロースコルィスク動物園で、ラパとセードフ司令官の同居が始まる
by polarbearmaniac | 2014-06-18 06:00 | Polarbearology

カテゴリ

全体
Polarbearology
しろくま紀行
異国旅日記
動物園一般
Daily memorabilia
倭国旅日記
しろくまの写真撮影
旅の風景
幻のクーニャ
エッセイ、コラム
街角にて
未分類

最新の記事

ロシア北東部・サハ共和国、ヤ..
at 2017-03-24 15:00
ドイツ・ミュンヘン、ヘラブル..
at 2017-03-23 20:00
男鹿水族館のクルミと豪太のペ..
at 2017-03-22 23:30
ハンガリー・ブダペスト動物園..
at 2017-03-21 20:00
ロシア・ノヴォシビルスク動物..
at 2017-03-21 18:00
ロシア・ノヴォシビルスク市の..
at 2017-03-20 19:00
デンマーク・オールボー動物園..
at 2017-03-19 20:30
チェコ・ブルノ動物園の「国際..
at 2017-03-19 00:30
ドイツ・ミュンヘン、ヘラブル..
at 2017-03-18 11:00
フランス・ミュルーズ動物園で..
at 2017-03-18 00:30

以前の記事

2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月

検索

ブログパーツ

  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。

ライフログ


人生と運命 1


スターリン―青春と革命の時代


モスクワは本のゆりかご


私のモスクワ、心の記憶


自壊する帝国 (新潮文庫)


甦るロシア帝国 (文春文庫)


嘘つきアーニャの真っ赤な真実 (角川文庫)


ロシア 春のソナタ、秋のワルツ-1999-21st


それからのエリス いま明らかになる鴎外「舞姫」の面影


ミチコ・タナカ 男たちへの讃歌 (新潮文庫)


わがユダヤ・ドイツ・ポーランド―マルセル・ライヒ=ラニツキ自伝


ベルリン戦争 (朝日選書)


Hof――ベルリンの記憶


カチンの森――ポーランド指導階級の抹殺


北京烈烈―文化大革命とは何であったか (講談社学術文庫)


慟哭の通州――昭和十二年夏の虐殺事件


主題と変奏―ブルーノ・ワルター回想録 (1965年)


藤田嗣治 異邦人の生涯


Barle's Story: One Polar Bear's Amazing Recovery from Life As a Circus Act


Hotel Adlon: Das Berliner Hotel, in dem die grosse Welt zu Gast war


Ein seltsamer Mann


Alma Rose: Vienna to Auschwitz


St Petersburg: A Cultural History


Gulag


The Guest from the Future: Anna Akhmatova and Isaiah Berlin