街、雲、それからホッキョクグマ ~ Polarbearology & conjectaneum


by polarbearmaniac

プロフィールを見る

ロシア・サンクトペテルブルク、レニングラード動物園のウスラーダの16頭目の赤ちゃん、10月に移動か?

a0151913_2422677.jpg
ウスラーダの16頭目の赤ちゃん 
(2014年5月3日撮影 於 サンクトペテルブルク、レニングラード動物園)

昨年12月6日にロシア・サンクトペテルブルクのレニングラード動物園でウスラーダお母さんから誕生した16頭目の赤ちゃんですが、明日金曜日からその名前の公募開始の発表があるそうで、この赤ちゃんの性別もその時に明らかにされる模様です。 今回はウスラーダお母さんの赤ちゃんに対するガードが相当に厳しくて獣医さんやスタッフが性別判定のために赤ちゃんをウスラーダから一時引き離す作業がなかなか思うようにいかなかったようです。 このレニングラード動物園での赤ちゃんの性別判定作業については4年前に投稿したことがあり、要するに赤ちゃんが戸外に出てウスラーダお母さんがまだ室内にいるタイミングを見計らって扉を閉めて引き離してしまうという、ごく古典的で簡単な手法でなされるわけですが、今回はウスラーダお母さんがなかなかそういう隙を見せなかったということなのでしょう。
a0151913_3271950.jpg
ウスラーダ親子 
(2014年5月3日撮影 於 サンクトペテルブルク、レニングラード動物園)

さて、実は地元サンクトペテルブルクの一つの報道がレニングラード動物園からの情報として、この赤ちゃんがウスラーダお母さんのもとに一緒にいられるのは9月までで、その後はロシア国内の他の動物園に移動する予定だと報じています。 どの動物園に移動するかはこの赤ちゃんの性別によって決まるとも報じられています。 しかし、仮にこの赤ちゃんが考えられているように雌だったとしても同年代でパートナーを組める幼年・若年個体はロシア国内ではほとんどありません。 強いて言えばペンザ動物園の野生出身の3歳の雄のベルィ ですが、ペンザ動物園はホッキョクグマの新飼育展示場を建設しようとしているものの諸事情でそれがうまく進行していない状況です。 そしてベルィの他にもう一頭ホッキョクグマを飼育するスペースの確保は難しいでしょう。 しかし何と言ってもベルィは野生出身ですから血統的な面で言えばメリットは極めて大きいと考えられます。 仮にこの赤ちゃんが雄だったとして、これもまた相当に難しいですね。 同年代の雌としてはロストフ動物園の一歳半のコメタがいますが、このコメタの祖母は他ならぬウスラーダというわけですから問題です。 かなり以前の投稿で、モスクワ動物園 (すなわちEARAZA と言い換えてもよいでしょう) では人間で言えば五親等離れればペアとして許容可能と考えているらしいことを述べましたが (*追記 - これをララファミリーに当てはめますと、ツヨシの孫とピリカの子供ならばペアとして許容可能であるということになります。 ただしこの場合、ツヨシのパートナー、ピリカのパートナー、ツヨシの子供のパートナー、これらが別の同一血族の個体ではないということが条件になってきますが)、そうなるとそれに合致するのは唯一エストニア・タリン動物園のノラ(五親等)ですが、エストニアはロシアとは別の国ですので対象外でしょう。 私はこの今回のウスラーダの16頭目の赤ちゃんは80~90% の確率で雌ではないかと考えていますので、そうなるとこの今回の赤ちゃんのパートナーは、やはりペンザ動物園のベルィが本命となるのかなと考えるしかありません。 いずれにせよ、明日の金曜日に性別が発表されるだろうと思います。
a0151913_2425924.jpg
ウスラーダ親子 
(2014年5月3日撮影 於 サンクトペテルブルク、レニングラード動物園)

さて、いつも思うのですがホッキョクグマに関してロシアの動物園は子供を親と引き離す時期がいつも非常に早いのが気になります。 これについては是非、以前の投稿である 「『ホッキョクグマ飼育マニュアル(Care Manual)』 よりの考察(11) ~ 母子をいつ引き離すか」 をご参照いただきたいのですが、ロシアの動物園は伝統的に二年サイクルでの繁殖を維持しているわけで、この点では札幌・円山動物園も同じです。 近年 (約25~30年ほど前から)、欧州と北米の動物園が三年サイクルでの繁殖を採用することになったのは自然下における繁殖での離乳期 (Weaning) の概念を飼育下にも導入することが動物福祉 (Animal Welfare) の点で望ましいと考えてのことであり、それはまさに動物学の知識を根拠とした合理性を背景としています。 ところがロシアのような国では伝統的に幼年個体を基本的には国外に売却することがなされ続けてきたわけで、それが二年サイクルの繁殖は当たり前のことだという考え方を維持させている理由でしょう。 ともかくこのウスラーダの16頭目の赤ちゃんがウスラーダお母さんと一緒に9月までしかサンクトペテルブルクにいないというレニングラード動物園の見通しを伝える報道の内容が正しいとすれば、私も尻に火がついてきたように感じます。 9月までにあと何回レニングラード動物園に行けるか、これが勝負ですね。 なんだか忙しい年になってしまいそうです。

(資料)
Общественный контроль (Jun.26 2014 - Петербуржцы сами придумают имя белому медвежонку)
Новости Петербурга News SPB (Jun.26 2014 - Ленинградский зоопарк предложит выбрать имя для белого медвежонка)
Интервью Агентство (Jun.26 2014 - Ленинградский зоопарк объявит конкурс на имя белого медвежонка)

(過去関連投稿)
女帝ウスラーダとシモーナ、コーラ、リアの三頭の娘たち ~ 偉大な母親たちの三代の系譜
ロシア・サンクトペテルブルク、レニングラード動物園のウスラーダの歩む道 ~ 再説: 繁殖可能年齢上限
ロシア・サンクトペテルブルク、レニングラード動物園で26歳の女帝ウスラーダが16頭目の赤ちゃんを出産!
ロシア・サンクトペテルブルク、レニングラード動物園のウスラーダの赤ちゃんの産室内映像が公開される
ロシア・サンクトペテルブルクのレニングラード動物園がウスラーダの赤ちゃんの産室内映像を一挙に公開
ロシア・サンクトペテルブルク、レニングラード動物園の女帝ウスラーダの15頭の子供たちの姿
ロシア・サンクトペテルブルク、レニングラード動物園のウスラーダの16頭目の赤ちゃんが遂に戸外へ!
グランド・ホテル・ヨーロッパからレニングラード動物園へ ~ ウスラーダの一家との再会
帝王メンシコフ、その偉大さへの限りなき称賛
ウスラーダの16頭目の赤ちゃんの行動が示すその性別の予想
ウスラーダの母性とは何か? ~ 魅せられる芯の強さと筋の一本通った強靭なる母親の姿
ロシア・サンクトペテルブルクに記録的な暑さ到来 ~ 果物を楽しむホッキョクグマたち
ロシア・サンクトペテルブルク、レニングラード動物園のウスラーダ親子の関係に深く切り込んだ映像
「ホッキョクグマ飼育マニュアル(Care Manual)」よりの考察(11) ~ 母子をいつ引き離すか
by polarbearmaniac | 2014-06-26 18:00 | Polarbearology

カテゴリ

全体
Polarbearology
しろくま紀行
異国旅日記
動物園一般
Daily memorabilia
倭国旅日記
しろくまの写真撮影
旅の風景
幻のクーニャ
エッセイ、コラム
街角にて
未分類

最新の記事

ロシア北東部・サハ共和国、ヤ..
at 2017-03-24 15:00
ドイツ・ミュンヘン、ヘラブル..
at 2017-03-23 20:00
男鹿水族館のクルミと豪太のペ..
at 2017-03-22 23:30
ハンガリー・ブダペスト動物園..
at 2017-03-21 20:00
ロシア・ノヴォシビルスク動物..
at 2017-03-21 18:00
ロシア・ノヴォシビルスク市の..
at 2017-03-20 19:00
デンマーク・オールボー動物園..
at 2017-03-19 20:30
チェコ・ブルノ動物園の「国際..
at 2017-03-19 00:30
ドイツ・ミュンヘン、ヘラブル..
at 2017-03-18 11:00
フランス・ミュルーズ動物園で..
at 2017-03-18 00:30

以前の記事

2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月

検索

ブログパーツ

  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。

ライフログ


人生と運命 1


スターリン―青春と革命の時代


モスクワは本のゆりかご


私のモスクワ、心の記憶


自壊する帝国 (新潮文庫)


甦るロシア帝国 (文春文庫)


嘘つきアーニャの真っ赤な真実 (角川文庫)


ロシア 春のソナタ、秋のワルツ-1999-21st


それからのエリス いま明らかになる鴎外「舞姫」の面影


ミチコ・タナカ 男たちへの讃歌 (新潮文庫)


わがユダヤ・ドイツ・ポーランド―マルセル・ライヒ=ラニツキ自伝


ベルリン戦争 (朝日選書)


Hof――ベルリンの記憶


カチンの森――ポーランド指導階級の抹殺


北京烈烈―文化大革命とは何であったか (講談社学術文庫)


慟哭の通州――昭和十二年夏の虐殺事件


主題と変奏―ブルーノ・ワルター回想録 (1965年)


藤田嗣治 異邦人の生涯


Barle's Story: One Polar Bear's Amazing Recovery from Life As a Circus Act


Hotel Adlon: Das Berliner Hotel, in dem die grosse Welt zu Gast war


Ein seltsamer Mann


Alma Rose: Vienna to Auschwitz


St Petersburg: A Cultural History


Gulag


The Guest from the Future: Anna Akhmatova and Isaiah Berlin