街、雲、それからホッキョクグマ ~ Polarbearology & conjectaneum


by polarbearmaniac

プロフィールを見る

ロシア・サンクトペテルブルク、レニングラード動物園のウスラーダの16頭目の赤ちゃんは雌(メス)と判明

a0151913_0361357.jpg
ウスラーダの16頭目の赤ちゃん 
(2014年5月3日撮影 於 サンクトペテルブルク、レニングラード動物園)

ロシア・サンクトペテルブルクのレニングラード動物園で昨年12月6日にウスラーダお母さんから誕生した16頭目の赤ちゃんですが本日の金曜日にレニングラード動物園より正式発表があり、性別は雌(メス)とのことです。 それから同時にこの赤ちゃんの名前の公募についてその応募方法も発表しています。 同園のホッキョクグマ展示場に箱を設置して、この赤ちゃんの名前と応募した人の連絡先を書いた用紙を入れてもらうという、ごく平凡なやりかたです。 私はこれが一番いいだろうと思います。 やはり実際にこの赤ちゃんを自分の目で見て、そしてそこで名前を応募するというのが自然でしょう。 ネットでの応募というのは私はあまり賛成できません。 本日6月27日から7月11日まで受け付けるとのことです。
a0151913_036531.jpg
(2014年5月3日撮影 於 サンクトペテルブルク、レニングラード動物園)

さて、やはり雌(メス)だったかという感じです。 私は赤ちゃんの顔つきや体つきなどよりも、その赤ちゃんの行動、そして母親がどうその赤ちゃんに接するかによって性別を予想するということに最近では非常に凝っています。 昨年の札幌でのマルルとポロロについても、ララお母さんがどうこの双子に接するかということに注意を集中して見ていたわけですが、ララの場合はマルルとポロロに対して母親としての権威を振りかざすのではなく、どこかまるで友達か仲間であるようにこの双子に接していたのを見て、これは母親が息子ではなく娘に接するやり方なのだろうという考え方に至ったというわけでした。 ですからマルルとポロロの行動の違いは性別の違いではなく性格の違いから生じているということもわかったわけで、案の定あの双子は雌の双子だったというわけでした。 このウスラーダの16頭目の赤ちゃんについては私は5月初めに実際に現地に飛んでよく観察できたのですが、その時に性別の予想というものに焦点を当てて投稿したのが「ウスラーダの16頭目の赤ちゃんの行動が示すその性別の予想」という投稿でした。 この今回の赤ちゃんの性別予想は比較的簡単だったと思っています。
a0151913_0361962.jpg
ウスラーダ親子 
(2014年5月3日撮影 於 サンクトペテルブルク、レニングラード動物園)

さて、この赤ちゃんが一般公開される直前の投稿で私は今までの15頭のウスラーダの子供たちの姿を全てご紹介したことがありました(「ロシア・サンクトペテルブルク、レニングラード動物園の女帝ウスラーダの15頭の子供たちの姿」)。 この15頭の子供たちのうちで今まで雌は3頭だけだったわけです。 その雌の3頭については「女帝ウスラーダとシモーナ、コーラ、リアの三頭の娘たち ~ 偉大な母親たちの三代の系譜」という投稿をご参照下さい。 ウスラーダは年齢を重ねるにつれて「男腹」となったように思いましたが、とうとう13年ぶりに雌を生んだというわけです。 今までの三頭の娘たち、つまりシモーナ、コーラ、リアはいずれも繁殖に成功しています。 特に長女シモーナ(モスクワ動物園)は、今や母親としての最絶頂期にあるわけで育児の技量としては自らの母親であるウスラーダをいくつもの点で凌駕するにまでに至り、世界最高の母親の一頭であるといっても過言ではないほど偉大なホッキョクグマとなっているわけです。 この点については以前の投稿である「モスクワ動物園のシモーナ、過去の映像に見るその母親像の 『絶対的』 かつ 『不動』 の存在の安定感」をご参照下さい。 このシモーナについてもその他に今まで私は多くの投稿を行ってきました。 今回のこのウスラーダの16頭目の赤ちゃんは久方ぶりのウスラーダの娘であり、やはり偉大なる母への道を歩むことは十分に期待できるでしょう。 この雌の赤ちゃん、いったいどの動物園に行くことになるかに注目が集まります。 個人的にはこのサンクトペテルブルクにできる新動物園でウスラーダの後継熊になってほしいと思っています。 しかし私はそんなことよりも、今年は現地でさらに可能な限りこのウスラーダ親子に会っておきたいと考えています。
a0151913_0362618.jpg
レニングラード動物園のホッキョクグマ展示場を見つめる来園者
(2014年5月3日撮影 於 サンクトペテルブルク、レニングラード動物園)

(資料)
Ленинградский зоопарк (Новости / Jun.27 2014 - Конкурс на лучшее имя для белого медвежонка)
Mail.Ru (Jun.27 2014 - Белый медвежонок в Ленинградском зоопарке оказался самочкой, теперь ей ищут имя)
Медиа-Диалог (Jun.27 2014 - В Ленинградском зоопарке определили пол белого медвежонка)

(過去関連投稿)
女帝ウスラーダとシモーナ、コーラ、リアの三頭の娘たち ~ 偉大な母親たちの三代の系譜
ロシア・サンクトペテルブルク、レニングラード動物園のウスラーダの歩む道 ~ 再説: 繁殖可能年齢上限
ロシア・サンクトペテルブルク、レニングラード動物園で26歳の女帝ウスラーダが16頭目の赤ちゃんを出産!
ロシア・サンクトペテルブルク、レニングラード動物園のウスラーダの赤ちゃんの産室内映像が公開される
ロシア・サンクトペテルブルクのレニングラード動物園がウスラーダの赤ちゃんの産室内映像を一挙に公開
ロシア・サンクトペテルブルク、レニングラード動物園の女帝ウスラーダの15頭の子供たちの姿
ロシア・サンクトペテルブルク、レニングラード動物園のウスラーダの16頭目の赤ちゃんが遂に戸外へ!
グランド・ホテル・ヨーロッパからレニングラード動物園へ ~ ウスラーダの一家との再会
帝王メンシコフ、その偉大さへの限りなき称賛
ウスラーダの16頭目の赤ちゃんの行動が示すその性別の予想
ウスラーダの母性とは何か? ~ 魅せられる芯の強さと筋の一本通った強靭なる母親の姿
ロシア・サンクトペテルブルクに記録的な暑さ到来 ~ 果物を楽しむホッキョクグマたち
ロシア・サンクトペテルブルク、レニングラード動物園のウスラーダ親子の関係に深く切り込んだ映像
ロシア・サンクトペテルブルク、レニングラード動物園のウスラーダの16頭目の赤ちゃん、10月に移動か?

(*以下シモーナ関連)
モスクワ動物園のシモーナ(1) ~ 偉大なる母の娘、やはり偉大なる母となる!
モスクワ動物園のシモーナ(2) ~ その初産への道のり
モスクワ動物園のシモーナ(3) ~ 豊かなる母性の輝き
モスクワ動物園のシモーナ(4) ~ 消息不明の息子は何処に? (上)
モスクワ動物園のシモーナ(5) ~ 消息不明の息子は何処に? (中)
モスクワ動物園のシモーナ(6) ~ 消息不明の息子は何処に? (下)
ホッキョクグマ親子達の昼寝姿 (3) ~ シモーナ親子
シモーナの夏の日の午後 ~ くつろいだ日常の姿
シモーナ、その姿の変わらぬ端麗さ
モスクワ動物園の「良妻賢母」シモーナ ~ 母親のウスラーダに似た顔立ち
秋の日のモスクワ動物園のシモーナとウランゲリ ~ 再び期待されるこのペアの繁殖
モスクワ動物園のシモーナの夏
モスクワ動物園のシモーナとウランゲリ、冬の日の同居映像
モスクワ動物園のシモーナ、その日常の姿(1) ~ 遠征での映像より
モスクワ動物園のシモーナ、その日常の姿(2) ~ 遠征での映像より
「情愛型」 と 「理性型」、「対象関与型」 と 「対象非関与型」 のそれぞれの母親像の違いを探る
理性のウスラーダと情愛のシモーナ ~ 偉大なるホッキョクグマ母娘の性格の違い
by polarbearmaniac | 2014-06-27 23:15 | Polarbearology

カテゴリ

全体
Polarbearology
しろくま紀行
異国旅日記
動物園一般
Daily memorabilia
倭国旅日記
しろくまの写真撮影
旅の風景
幻のクーニャ
エッセイ、コラム
街角にて
未分類

最新の記事

いよいよ今年2017年のホッ..
at 2017-10-19 01:00
ドイツ・ロストック動物園が来..
at 2017-10-18 18:30
ロシア・シベリア中部、クラス..
at 2017-10-18 00:30
ベルリン動物公園がトーニャの..
at 2017-10-17 20:00
オーストラリア・ゴールドコー..
at 2017-10-17 00:30
モスクワ動物園 ヴォロコラム..
at 2017-10-16 18:00
オランダ・エメン動物園で成功..
at 2017-10-15 18:00
ロシア極東・ハバロフスク動物..
at 2017-10-14 22:00
ロシア・ロストフ動物園のコメ..
at 2017-10-13 20:00
モスクワ動物園 ヴォロコラム..
at 2017-10-12 18:57

以前の記事

2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月

検索

ブログパーツ

  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。

ライフログ


人生と運命 1


スターリン―青春と革命の時代


モスクワは本のゆりかご


私のモスクワ、心の記憶


自壊する帝国 (新潮文庫)


甦るロシア帝国 (文春文庫)


嘘つきアーニャの真っ赤な真実 (角川文庫)


ロシア 春のソナタ、秋のワルツ-1999-21st


それからのエリス いま明らかになる鴎外「舞姫」の面影


ミチコ・タナカ 男たちへの讃歌 (新潮文庫)


わがユダヤ・ドイツ・ポーランド―マルセル・ライヒ=ラニツキ自伝


ベルリン戦争 (朝日選書)


Hof――ベルリンの記憶


カチンの森――ポーランド指導階級の抹殺


北京烈烈―文化大革命とは何であったか (講談社学術文庫)


慟哭の通州――昭和十二年夏の虐殺事件


主題と変奏―ブルーノ・ワルター回想録 (1965年)


藤田嗣治 異邦人の生涯


Barle's Story: One Polar Bear's Amazing Recovery from Life As a Circus Act


Lenin's Tomb: The Last Days of the Soviet Empire


Resurrection: The Struggle for a New Russia


Hotel Adlon: Das Berliner Hotel, in dem die grosse Welt zu Gast war


Ein seltsamer Mann


Alma Rose: Vienna to Auschwitz


St Petersburg: A Cultural History


Gulag