街、雲、それからホッキョクグマ ~ Polarbearology & conjectaneum


by polarbearmaniac

プロフィールを見る

ロシア・ノヴォシビルスク動物園のクラーシン(カイ)の近況 ~ 水浴びの映像がロシアで大人気

a0151913_2350566.jpg
クラーシン(カイ) Photo(C)vlad-gabow2010/yandex

ロシア・西シベリアのノヴォシビルスクではここのところ気温が上昇し最高気温が30℃を超す日も出てきているようです。 こういったなかでノヴォシビルスク動物園の赤ちゃんのシルカの父親である6歳の雄のクラーシン(現在、カイと呼ばれています)は毎週、プールの水を交換してもらう日を首を長くして待っているようです。 水が出てくる音を聞くだけでクラーシン(カイ)は大喜びだそうで早速、まだ水も溜まっていないプールの底に降りていくようです。 先週のこういったクラーシン(カイ)の様子がノヴォシビルスク動物園の来園者によって撮影され、その映像が現在ロシアのネット上で大人気になっています。 その映像をご紹介しておきましょう。 いやはや、これは本当に凄いものです。



このクラーシン(カイ)があの静岡のピョートル(ロッシー)と双子の兄弟であることは今まで何度もご紹介してきました。 このクラーシン(カイ)とピョートル(ロッシー) の共通点はプラスチックのおもちゃを来園者の方向に放り投げ、来園者がそれを投げ返すのを期待するという一種の来園者との交流を求める(求めた)という点です。 ピョートル(ロッシー)はかつてこれで来園者にケガをさせてしまったことすらありました。 クラーシン(カイ)は昨年までこれをやっていましたが、現在はパートナーのゲルダが子育て中ですので彼は一頭で暮らしており、来園者の関心のほとんどがゲルダお母さんと娘のシルカのほうに向かっているためかクラーシン(カイ)の相手をしてくれる来園者がいないのでしょう、最近では非常におとなしい状態のようです。 私の知る限り、こういう形で来園者との交流を図る(図った)ホッキョクグマはクラーシン(カイ)とピョートル(ロッシー) だけ(だった)ようです。 後からこれを真似したのがパートナーのゲルダでした。  こうしたクラーシン(カイ)、そしてゲルダの姿を映した映像を再度またここでご紹介しておきます。



このクラーシン(カイ)とピョートル(ロッシー)の双子兄弟は生後7~8か月ほどでウスラーダお母さんから引き離されてしまったわけですが、その事情についてはごく簡単に「ロシア・西シベリア、ノヴォシビルスク動物園の赤ちゃんの戸外映像 ~ ゲルダとクラーシンの幼年時代」という投稿でご紹介しています。 私は間違いなくこういったことが影響してクラーシン(カイ)とピョートル(ロッシー)がこういった形で来園者の反応を期待するような行動に向かわせた原因だろうと考えています。 レニングラード動物園の非が、何の罪もないウスラーダやクラーシン(カイ)とピョートル(ロッシー)の双子に大きな厄災をもたらせたのでした。

レニングラード動物園時代のクラーシン(カイ)とピョートル(ロッシー)の双子兄弟ですが、クラーシン(カイ)が大胆で積極的、ピョートル(ロッシー) が控えめで遠慮気味という性格の違いがあったそうです。 先の映像の姿を見ても、このクラーシン(カイ)は逞しさを感じさせる大物のホッキョクグマだと思います。 欧州のホッキョクグマや日本のララファミリーとはかなり肌合いの異なるホッキョクグマの若年個体でしょう。 ノヴォシビルスク動物園のクラーシン(カイ)の姿はライブカメラのこちらでご覧になれます。

(*追記 - 今回の件のTVニュース映像をご紹介しておきます。)



(資料)
Комсомольская правда (Jun.29 2014 - Видео, как белому медведю Каю из Новосибирского зоопарка дали воду, стало хитом Интернета)
Life News (Jun.29 2014 - Купающийся медведь из новосибирского зоопарка стал звездой Интернета)
(*追加資料)
Телерадиокомпания «Петербург» (Jun.30 2014 - Белый медведь Кай из Новосибирского зоопарка прославился в сети)

(過去関連投稿)
ピョートル(ロッシー)とクラーシンの双子兄弟の産室での映像
腕白小僧ロッシーの性格の変化?
ロッシー(日本平動物園)の双子の兄弟クラーシンの驚異的なジャンプ力!
ロシア・ノヴォシビルスク動物園のクラーシンのポリ容器遊び
ロシア・ノヴォシビルスク動物園のクラーシン(ロッシーの双子の兄弟)、順調な生育で地元の人気者に!
ロシア・ノヴォシビルスク動物園のクラーシン (ロッシーの双子の兄弟) の近況 ~ déjà-vu の光景
ロシアのノヴォシビルスク動物園、来園者のホッキョクグマへの勝手な食べ物投げ入れに業を煮やす
ロシア・ノヴォシビルスク動物園のライブカメラが高精細度(HD)映像となる ~ クラーシンの近況
ロシア・西シベリア、ノヴォシビルスク動物園の赤ちゃんの戸外映像 ~ ゲルダとクラーシンの幼年時代
ロシア・サンクトペテルブルク、レニングラード動物園の女帝ウスラーダの15頭の子供たちの姿
by polarbearmaniac | 2014-06-30 01:00 | Polarbearology

カテゴリ

全体
Polarbearology
しろくま紀行
異国旅日記
動物園一般
Daily memorabilia
倭国旅日記
しろくまの写真撮影
旅の風景
幻のクーニャ
エッセイ、コラム
街角にて
未分類

最新の記事

ムルマ (Белая мед..
at 2017-07-26 05:45
スネジンカ (Белая м..
at 2017-07-26 05:30
二年振りに訪問のモスクワ動物..
at 2017-07-26 05:00
夜も更けたアルバート通りを歩..
at 2017-07-25 05:45
ペンザからモスクワへ ~ ホ..
at 2017-07-25 02:00
ペンザの「メイエルホリドの家..
at 2017-07-24 05:00
ペンザ動物園訪問二日目 ~ ..
at 2017-07-24 04:00
ベルィ、謙虚さと「大陸的」な..
at 2017-07-23 05:00
快晴の土曜日、ペンザ動物園で..
at 2017-07-23 03:00
ペルミからモスクワ、そしてペ..
at 2017-07-22 04:30

以前の記事

2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月

検索

ブログパーツ

  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。

ライフログ


人生と運命 1


スターリン―青春と革命の時代


モスクワは本のゆりかご


私のモスクワ、心の記憶


自壊する帝国 (新潮文庫)


甦るロシア帝国 (文春文庫)


嘘つきアーニャの真っ赤な真実 (角川文庫)


ロシア 春のソナタ、秋のワルツ-1999-21st


それからのエリス いま明らかになる鴎外「舞姫」の面影


ミチコ・タナカ 男たちへの讃歌 (新潮文庫)


わがユダヤ・ドイツ・ポーランド―マルセル・ライヒ=ラニツキ自伝


ベルリン戦争 (朝日選書)


Hof――ベルリンの記憶


カチンの森――ポーランド指導階級の抹殺


北京烈烈―文化大革命とは何であったか (講談社学術文庫)


慟哭の通州――昭和十二年夏の虐殺事件


主題と変奏―ブルーノ・ワルター回想録 (1965年)


藤田嗣治 異邦人の生涯


Barle's Story: One Polar Bear's Amazing Recovery from Life As a Circus Act


Hotel Adlon: Das Berliner Hotel, in dem die grosse Welt zu Gast war


Ein seltsamer Mann


Alma Rose: Vienna to Auschwitz


St Petersburg: A Cultural History


Gulag


The Guest from the Future: Anna Akhmatova and Isaiah Berlin