街、雲、それからホッキョクグマ ~ Polarbearology & conjectaneum


by polarbearmaniac

プロフィールを見る

オランダ・ロッテルダム動物園のオリンカとエリック、欧州の誇る名ペアの新たなる挑戦

a0151913_0401011.jpg
オリンカとエリック Photo(C)LC Photographs

オランダ・ロッテルダム動物園で飼育されている21歳の雌のオリンカと20歳の雄のエリックといえば欧州の誇る名ペアです。雌のオリンカはこのエリックとの間ですでに6頭の子供をもうけており、最近では2007年11月にウィーンのシェーンブルン動物園で産んだ雄の双子であるアルクトス(スコットランド・ハイランド野生公園)とナヌーク(ハノーファー動物園)の双子、そして2010年12月にロッテルダム動物園で産んだ雄のヴィックス(フランス・ミュルーズ動物園)は有名で、彼らについては何度もここでご紹介してきました。 雄のエリックについては彼はベルリン動物公園のアイカの息子であり、そして鹿児島の平川動物公園のホクトの弟、そして姫路のユキ、仙台のポーラの叔父であることで日本との繋がりがある点も以前にご紹介しています。

このペアについてはオリンカが昨年の繁殖シーズンの本命であり暮れに赤ちゃんを出産することが期待されていたものの、結局は繁殖には成功しなかったのが実に期待外れだったわけです。 出産はあったのかもしれまぜんが赤ちゃんが死亡してしまったのかもしれません。 そのあたりの事情をロッテルダム動物園は明らかにした情報に接したことがありません。 実は一昨年10月に一度ロッテルダム動物園から旅立った息子のヴィックスが事情によって昨年5月にまたロッテルダム動物園に戻ってくるということがあったわけですが、まさか別れたはずの息子の臭いや気配を再び感知したことがオリンカの出産に悪影響を与えたとは思えないわけで、本命のホッキョクグマとはいってもやはり繁殖には失敗することもあるといった例でしょう。
a0151913_043305.jpg
オリンカお母さんと息子のヴィックス
(2011年5月3日撮影  於 オランダ・ロッテルダム動物園)

このオリンカとエリックのペアは今年の3月に繁殖行為があり、今年の年末にはまたオリンカの出産が期待されます。今年の3月のオリンカとエリックの繁殖行動を撮った映像がありますのでご紹介しておきます。



このオリンカお母さんというのも泰然自若の素晴らしい母親で、私は2011年5月にロッテルダム動物園を訪問して彼女と息子のヴィックスに会っていますが、彼女は生まれながらの「母親」だという印象を強く受けました(過去関連投稿参照)。 実はこのオリンカお母さんですが生まれ故郷のケルン動物園では父親との同居の体験があるそうで、その点では上野動物園のデアと同じ体験をしているということになります。 これは世界のホッキョクグマ界では「禁じ手」なのですが、稀にこれを試みた動物園があるということですね。 日本の動物園は絶対に真似しない方がよいと思います。 それから昨年暮れにも書きましたが、このオリンカお母さんの今後産むであろう雄は、将来的には札幌に来る可能性もあるように思います。 その雄はマルルかポロロのパートナー、あるいは今後ララお母さんが産むであろう雌のパートナーとなる...そういう可能性があります。しかしそれはあくまでも可能性です。 ですから我々は大物お母さんであるオリンカに今のうちから注目しておかねばならないのです。

(過去関連投稿)
オランダ・ロッテルダム動物園でホッキョクグマの赤ちゃん誕生!
オランダ・ロッテルダム動物園で誕生の赤ちゃんの産室内の映像(追加)
オランダ・ロッテルダム動物園の赤ちゃん、産室から一歩を踏み出す
オランダ・ロッテルダム動物園の赤ちゃん、とうとう戸外に姿を現す!
オランダ・ロッテルダム動物園のヴィックスの性別への地元ファンの関心 ~ 要求された奇妙な写真
オランダ・ロッテルダム動物園、オリンカ親子の姿 ~ 発散するヴィックスの魅力
オランダ・ロッテルダム動物園で昨年12月に誕生したヴィックスの順調な成長 ~ 最近の映像より
オランダ、ロッテルダム動物園のヴィックスの1歳の映像
オランダ・ロッテルダム動物園のヴィックス、石でプール観客側のガラスを割る!
オランダ・ロッテルダム動物園のヴィックスが9月に他園へ旅立ち
オランダからスウェーデンへ ~ ヴィックスとセシの新ペアとしての旅立ちの日ついに来る
オランダ・ロッテルダム動物園のヴィックスの同園での最後の一日 ~ 最終移動先はウィーンか?
スウェーデンのオルサ・グレンクリットのベアパークに到着後のヴィックスとセシ
スウェーデン、オルサ・グレンクリットのベアパークのヴィックスが再び生まれ故郷のロッテルダム動物園へ
オランダ・ロッテルダム動物園のヴィックスの近況 ~ 故郷へ帰還の背景とオリンカお母さんの母性
フランス東部 ミュルーズ動物園でのヴィックスとセシの近況 ~ 優先されるオランダの若年個体のペア形成
フランス、ミュルーズ動物園の新施設 “l'Espace Grand Nord” が4月開館 ~ ヴィックスとセシの近況
(*2011年ロッテルダム動物園訪問記)
ロッテルダム動物園へ!
親子3頭の同居? ~ 常識に挑戦したロッテルダム動物園の方法
泰然自若のオリンカお母さん、その貫禄の子育て
お母さんの庇護の下で自由を謳歌するヴィックス
by polarbearmaniac | 2014-06-30 23:45 | Polarbearology

カテゴリ

全体
Polarbearology
しろくま紀行
異国旅日記
動物園一般
Daily memorabilia
倭国旅日記
しろくまの写真撮影
旅の風景
幻のクーニャ
エッセイ、コラム
街角にて
未分類

最新の記事

ムルマ (Белая мед..
at 2017-07-26 05:45
スネジンカ (Белая м..
at 2017-07-26 05:30
二年振りに訪問のモスクワ動物..
at 2017-07-26 05:00
夜も更けたアルバート通りを歩..
at 2017-07-25 05:45
ペンザからモスクワへ ~ ホ..
at 2017-07-25 02:00
ペンザの「メイエルホリドの家..
at 2017-07-24 05:00
ペンザ動物園訪問二日目 ~ ..
at 2017-07-24 04:00
ベルィ、謙虚さと「大陸的」な..
at 2017-07-23 05:00
快晴の土曜日、ペンザ動物園で..
at 2017-07-23 03:00
ペルミからモスクワ、そしてペ..
at 2017-07-22 04:30

以前の記事

2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月

検索

ブログパーツ

  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。

ライフログ


人生と運命 1


スターリン―青春と革命の時代


モスクワは本のゆりかご


私のモスクワ、心の記憶


自壊する帝国 (新潮文庫)


甦るロシア帝国 (文春文庫)


嘘つきアーニャの真っ赤な真実 (角川文庫)


ロシア 春のソナタ、秋のワルツ-1999-21st


それからのエリス いま明らかになる鴎外「舞姫」の面影


ミチコ・タナカ 男たちへの讃歌 (新潮文庫)


わがユダヤ・ドイツ・ポーランド―マルセル・ライヒ=ラニツキ自伝


ベルリン戦争 (朝日選書)


Hof――ベルリンの記憶


カチンの森――ポーランド指導階級の抹殺


北京烈烈―文化大革命とは何であったか (講談社学術文庫)


慟哭の通州――昭和十二年夏の虐殺事件


主題と変奏―ブルーノ・ワルター回想録 (1965年)


藤田嗣治 異邦人の生涯


Barle's Story: One Polar Bear's Amazing Recovery from Life As a Circus Act


Hotel Adlon: Das Berliner Hotel, in dem die grosse Welt zu Gast war


Ein seltsamer Mann


Alma Rose: Vienna to Auschwitz


St Petersburg: A Cultural History


Gulag


The Guest from the Future: Anna Akhmatova and Isaiah Berlin