街、雲、それからホッキョクグマ ~ Polarbearology & conjectaneum


by polarbearmaniac

プロフィールを見る

白浜のアドベンチャーワールドで昨年誕生の雄の赤ちゃんの七夕のイベントが開催される

a0151913_029236.jpg
Photo(C)紀伊民報

昨年11月21日に南紀白浜のアドベンチャーワールドで誕生し人工哺育で育てられている雄の赤ちゃんですが、7日に七夕のイベントがあったそうです。 この日に合わせて「海獣館」に引っ越したそうで、これからは本格的に水に慣れさせようということなのでしょう。 ニュース映像をご紹介しておきます。



やはり母親がいれば水に慣れるのは早いと思いますね。 しかしともかく、あまり「泳ぎ」、「泳ぎ」と意識させない方が良いのではないでしょうか。 気長に構えてほしいと思います。

それから、この下はこの今回の赤ちゃんの人工哺育についても紹介している番組の映像です。 関西のTV局の制作だと思います。 テーマは「ホッキョクグマの繁殖」ということのようで、その中でこの赤ちゃんのことが紹介されているということです。 「ホッキョクグマの繁殖」についての一般向けの啓蒙的な番組ですので、とりたてて新しいことは述べられていません。 岐阜大学の研究も紹介されています。



上の映像で、「ホッキョクグマの人工哺育に関しては方法論が確立していない」 という発言がありましたが、それは施設としては独自なものを明確な形で確立していないという意味でしょう。 方法論は欧米ではすでに確立していることは今まで何度も述べてきました。 現実に私の手元には印刷されたAZAの詳細な手引書があります。 それから、この赤ちゃんの 「手をバタバタさせて乳が出やすいように母親の胸を押す仕草」 とナレーションは語っていますが、多分そうではないと思われます。 自分の意志とは別に哺乳瓶を押されたために慌てているというのが事実ではないでしょうか。  ホルモン値がホッキョクグマの妊娠を判断する決定的な材料にはならないと言っているのは確かにその通りです。  妊娠/偽妊娠をホルモン値で明確に判定することは、ほとんど全くと言ってよいほど不可能です。 実はこの件に関しては昨年秋 ~ 冬のホッキョクグマの出産シーズンに投稿したいと考えていたのですが、いろいろなトピックがあったために投稿まで至らなかったわけでした。 その時にテキストとして用意していたのがこのホッキョクグマのホルモン値についてのアメリカの最新の研究である “Longitudinal fecal hormone analysis for monitoring reproductive activity in the female polar bear (Ursus maritimus)” です。 北米の飼育下で20頭の雌のホッキョクグマをモニターした実に興味深い研究報告です。 岐阜大学は残念ながらおそらく、これほど多くの頭数のデータを収集できていないでしょう。 ご興味のある方はこちらのページで全文のpdf ファイルをダウンロードできます。 こういった研究報告がネット上に公開されていることだけでも嬉しくなってしまいます。 

しかしそもそも、このホッキョクグマのホルモン値の変化の研究はホッキョクグマの体の純粋な生理学的な研究としては有意義でありこそすれ、これがホッキョクグマの繁殖(の増進)に直ちに寄与するかと言えば、そうではないように思います。 ホッキョクグマの人工授精の技術が方法論として確立され、そしてそれを行うべき的確なタイミングを明らかにするような場面では寄与する面があるとは思いますが、現時点では人工授精についてはそこにまでに至っていません。 ですから、ホッキョクグマの繁殖をテーマにした上の番組の中でホルモン値の変化の研究を紹介しているのは視聴者をミスリードしている点が無きにしも非ずといったところではないでしょうか。

(資料)
紀伊民報 (Jul.7 2014 - 大きく育ってね ホッキョクグマ 白浜で七夕イベント
“Longitudinal fecal hormone analysis for monitoring reproductive activity in the female polar bear (Ursus maritimus)” (MA Stoops, KM MacKinnon, TL Roth - Theriogenology, 2012 - Elsevier)   (Full Text)

(過去関連投稿)
白浜のアドベンチャーワールドでホッキョクグマの赤ちゃん誕生! ~ "La fin justifie les moyens ?"
白浜のアドベンチャーワールドで誕生の赤ちゃんの生後5日目の映像が公開
白浜のアドベンチャーワールドで誕生の赤ちゃんの一般公開開始の日の映像
白浜のアドベンチャーワールドで誕生の赤ちゃんの生後2週間目の映像
白浜のアドベンチャーワールドで誕生の赤ちゃんの最近(生後一か月前後)の映像が公開
白浜のアドベンチャーワールドで誕生の赤ちゃんの最近(生後一か月半)の映像が公開
白浜のアドベンチャーワールドで誕生の赤ちゃんの最近(生後二か月経過)の映像が公開
白浜のアドベンチャーワールドで誕生の赤ちゃんの最近(生後66日経過)の映像が公開
白浜のアドベンチャーワールドで誕生の雄の赤ちゃん、初めての戸外散歩を行う
白浜のアドベンチャーワールドで昨年誕生の雄の赤ちゃんの近況
by polarbearmaniac | 2014-07-08 01:00 | Polarbearology

カテゴリ

全体
Polarbearology
しろくま紀行
異国旅日記
動物園一般
Daily memorabilia
倭国旅日記
しろくまの写真撮影
旅の風景
幻のクーニャ
エッセイ、コラム
街角にて
未分類

最新の記事

ロシア北東部・サハ共和国、ヤ..
at 2017-03-24 15:00
ドイツ・ミュンヘン、ヘラブル..
at 2017-03-23 20:00
男鹿水族館のクルミと豪太のペ..
at 2017-03-22 23:30
ハンガリー・ブダペスト動物園..
at 2017-03-21 20:00
ロシア・ノヴォシビルスク動物..
at 2017-03-21 18:00
ロシア・ノヴォシビルスク市の..
at 2017-03-20 19:00
デンマーク・オールボー動物園..
at 2017-03-19 20:30
チェコ・ブルノ動物園の「国際..
at 2017-03-19 00:30
ドイツ・ミュンヘン、ヘラブル..
at 2017-03-18 11:00
フランス・ミュルーズ動物園で..
at 2017-03-18 00:30

以前の記事

2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月

検索

ブログパーツ

  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。

ライフログ


人生と運命 1


スターリン―青春と革命の時代


モスクワは本のゆりかご


私のモスクワ、心の記憶


自壊する帝国 (新潮文庫)


甦るロシア帝国 (文春文庫)


嘘つきアーニャの真っ赤な真実 (角川文庫)


ロシア 春のソナタ、秋のワルツ-1999-21st


それからのエリス いま明らかになる鴎外「舞姫」の面影


ミチコ・タナカ 男たちへの讃歌 (新潮文庫)


わがユダヤ・ドイツ・ポーランド―マルセル・ライヒ=ラニツキ自伝


ベルリン戦争 (朝日選書)


Hof――ベルリンの記憶


カチンの森――ポーランド指導階級の抹殺


北京烈烈―文化大革命とは何であったか (講談社学術文庫)


慟哭の通州――昭和十二年夏の虐殺事件


主題と変奏―ブルーノ・ワルター回想録 (1965年)


藤田嗣治 異邦人の生涯


Barle's Story: One Polar Bear's Amazing Recovery from Life As a Circus Act


Hotel Adlon: Das Berliner Hotel, in dem die grosse Welt zu Gast war


Ein seltsamer Mann


Alma Rose: Vienna to Auschwitz


St Petersburg: A Cultural History


Gulag


The Guest from the Future: Anna Akhmatova and Isaiah Berlin