街、雲、それからホッキョクグマ ~ Polarbearology & conjectaneum


by polarbearmaniac

プロフィールを見る

戦後史の闇を歩く ~ 札幌市(中央区)南6条西16丁目に響いた銃声と暗い闇から浮かび上がった真相

a0151913_21585140.jpg
帝銀事件、下山事件、三鷹事件、松川事件...占領下の戦後日本で起きた数々の怪事件は現在もその真相が深い暗黒の闇の中に沈んでいるものが多いが、その最後を飾った一つの重要な事件が、ここ札幌市(中央区)南6条西16丁目の路上で起こったのであった。 今日は、まずその歴史的現場を訪ねてみることにする。
a0151913_2159263.jpg
時は占領下の1952年(昭和27年)1月21日午後7時30分頃のことであった。 市電の現在の西線6条停車場。
a0151913_1241270.jpg
その西線6条停車場から西に向かって歩く。
a0151913_2235648.jpg
a0151913_21591275.jpg
南6条西16丁目である。1952年(昭和27年)1月21日午後7時30分頃、ここを二台の自転車がほぼ並んで走行していた。
a0151913_21592388.jpg
そしてこの左側の路上で一台の自転車に乗っていた男がもう一台の自転車に乗っていた男に銃を発射した。 撃たれた男はこの場で絶命したのである。 
a0151913_22531940.jpg
撃たれた男の名前は白鳥(しらとり)一雄、札幌市警察本部の警備課課長であった。 これが有名な「白鳥事件」の発生である。
a0151913_12281231.jpg
戦前、旧満州国の哈爾濱 (ハルビン)でロシア語を学んだ経歴のある白鳥警部は当時公安担当であり、左翼運動を監視すると同時に風俗営業の取り締まりも担当していた。
a0151913_21593996.jpg
白鳥警部を射殺した男はそのまま自転車で西17丁目の方向、すなわちこの円山方面に逃走したのである。
a0151913_21593157.jpg
白鳥警部が射殺された現場の近くには当時にすでに建っていたと思われる木造家屋がまだ残っている。
a0151913_1534479.jpg
これらの木造家屋は白鳥警部が撃たれた銃声を聞いていたであろう。
a0151913_21595460.jpg
事件発生から四か月後に警察は白鳥警部殺害に関与したとして、当時は非合法で武装闘争路線を走っていた日本共産党の札幌地区委員であったMを逮捕した。 直接の実行犯と考えられた男は密航で建国間もない中華人民共和国に逃亡している。 Mは起訴され、懲役20年の刑が確定している。
a0151913_220117.jpg
裁判の過程で日本共産党と弁護士団体である自由法曹団は、Mは無罪であると一貫して強く主張し続けた。 物的証拠はただ一つ、それは白鳥警部の体内から見つかった弾丸と、Mらのグループが幌見峠で行った射撃訓練で使用され、後に発見された弾丸との銃痕が一致しているというものであった。 ところがその後の鑑定でこの銃痕の同一性はほぼ否定されるに至ったのである。 しかし再審請求は最終的に最高裁判所によって棄却されている。
a0151913_220857.jpg
刑期を終えたMはその後1994年に自宅に発生した原因不明の火災により謎の怪死をとげている。 指名手配犯3人は逃亡先の中国でその後に死亡している。
a0151913_2201734.jpg
この白鳥事件は唯一の物的証拠であった二つの弾丸の銃痕の不一致が明らかになったことで日本共産党を弾圧する目的で公安当局が行った謀略でありMは冤罪であるという主張は幾分かの説得力を持っていた。 ところが最近、「亡命者: 白鳥警部射殺事件の闇」、及び「白鳥事件 偽りの冤罪」という二冊の本が世に出た。 この二冊は当時の関係者へのインタビューや裁判資料の研究などを通して白鳥事件の真相に深く迫った力作である。 読んでいて手に汗を握るのである。 白鳥事件は冤罪ではないという説、つまり白鳥事件は当時の日本共産党のMが首謀して行った謀殺事件であったという説に極めて強い説得力を感じる。 今回は札幌にこの二冊を持ってきた。 北の街に沈んでいた深い闇に強烈な光を当てた力作である。

Nikon D5300
AF-S DX NIKKOR 18-55mm f/3.5-5.6G VR II
(Jul.19 2014 @札幌市中央区南6条西16丁目、及び藻岩山山頂)

(資料)
「亡命者: 白鳥警部射殺事件の闇」(筑摩書房)
「白鳥事件 偽りの冤罪」(同時代社)
HBCラジオ開局60周年記念番組 「インターが聴こえない ~ 白鳥事件60年目の真実~」 (1)(2)(3) (4)(5)
「現代政治・戦後史研究会」 (白鳥事件資料抄録)(pdf) 
by polarbearmaniac | 2014-07-19 23:30 | 倭国旅日記

カテゴリ

全体
Polarbearology
しろくま紀行
異国旅日記
動物園一般
Daily memorabilia
倭国旅日記
しろくまの写真撮影
旅の風景
幻のクーニャ
エッセイ、コラム
街角にて
未分類

最新の記事

チェコ・ブルノ動物園のノリア..
at 2017-12-18 17:30
アメリカ・シンシナティ動物園..
at 2017-12-18 00:30
アラスカ最北部のバロー(ユト..
at 2017-12-17 06:00
イギリスのヨークシャー野生動..
at 2017-12-17 01:00
ロシア・ペンザ動物園のベルィ..
at 2017-12-17 00:15
ロシア・イジェフスク動物園の..
at 2017-12-16 00:30
アメリカ・フィラデルフィア動..
at 2017-12-15 15:30
ロシア・イジェフスク動物園で..
at 2017-12-14 22:30
ベルリン動物公園で誕生の赤ち..
at 2017-12-14 20:30
ドイツ・ハノーファー動物園の..
at 2017-12-14 20:00

以前の記事

2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月

検索

ブログパーツ

  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。

ライフログ


人生と運命 1


スターリン―青春と革命の時代


モスクワは本のゆりかご


私のモスクワ、心の記憶


自壊する帝国 (新潮文庫)


甦るロシア帝国 (文春文庫)


嘘つきアーニャの真っ赤な真実 (角川文庫)


ロシア 春のソナタ、秋のワルツ-1999-21st


それからのエリス いま明らかになる鴎外「舞姫」の面影


ミチコ・タナカ 男たちへの讃歌 (新潮文庫)


わがユダヤ・ドイツ・ポーランド―マルセル・ライヒ=ラニツキ自伝


ベルリン戦争 (朝日選書)


Hof――ベルリンの記憶


カチンの森――ポーランド指導階級の抹殺


北京烈烈―文化大革命とは何であったか (講談社学術文庫)


慟哭の通州――昭和十二年夏の虐殺事件


主題と変奏―ブルーノ・ワルター回想録 (1965年)


藤田嗣治 異邦人の生涯


Barle's Story: One Polar Bear's Amazing Recovery from Life As a Circus Act


Lenin's Tomb: The Last Days of the Soviet Empire


Resurrection: The Struggle for a New Russia


Hotel Adlon: Das Berliner Hotel, in dem die grosse Welt zu Gast war


Ein seltsamer Mann


Alma Rose: Vienna to Auschwitz


St Petersburg: A Cultural History


Gulag