街、雲、それからホッキョクグマ ~ Polarbearology & conjectaneum


by polarbearmaniac

プロフィールを見る

ロシア極北・ネネツ自治管区のアンデルマの街とホッキョクグマたち ~ 人に身近な存在のホッキョクグマ

a0151913_0293756.jpg
アンデルマの街に現れたホッキョクグマ Photo(C)Владимир Шадрин
a0151913_1263052.jpg
昨日ご紹介したロシア北西部のネネツ自治管区にあるカラ海に面したウスチ・カラ村からさほど遠くない場所にある街であるアンデルマ (Амдерма) は現在人口が500人ほどですが、ソ連時代には5000人もの人口がありソ連軍の軍事施設もこのアンデルマの街にはあったわけでした。 ロシア・ペルミ動物園の名ホッキョクグマであるアンデルマの名前はこの街に由来しています。 あのアンデルマが息子のメンシコフと共にアンデルマの街に派遣されたレニングラード動物園のスタッフに捕獲された一連の経緯は「ロシア・ペルミ動物園のアンデルマ、その日常の姿」という投稿の (1)(2)(3)(4) でご紹介しており、そういった投稿の中でもこのアンデルマの街についてはご紹介したことがありましたので是非再度御参照いただければ幸いです。
a0151913_0434166.jpg
Photo(C)Владимир Шадрин
a0151913_0481014.jpg
Photo(C)amderma.nao.net.ru

このアンデルマの街ではかつてソ連時代、とりわけ1970年代には街中にたびたびホッキョクグマが現れ、そして比較的自由に通りを闊歩していたそうです。 街の人々はそのホッキョクグマを眺めたりカメラにその姿を収めたり、また食べ物を投げ与えたりなどしていたそうで、ホッキョクグマは多くの場合は自分のそばに人間が接近することは好まなかったものの、それでも人間を襲うなどという雰囲気はまるでなかったようです。 こういったところがカナダのチャーチルとは異なるところです。 わざわざホッキョクグマを見るために動物園に行く必要がなく、ホッキョクグマの方からこちらに会いに来てくれるとでもいったらよいでしょうか。
a0151913_3284183.jpg
a0151913_1104884.jpg
Photo(C)amderma.nao.net.ru



以下に2003年3月にアンデルマの街で撮影されたホッキョクグマの映像をご紹介しておきます。 これは親子ですね。 街の中心というよりはやや外れた場所のようです。 後半三分の一はオーロラが写っています。



とはいうもののやはり事故はあったそうで、一度ホッキョクグマが下校途中の子供を襲って殺してしまったということがあったそうです。 しかしそれ以外の深刻な事件というものはなかったようです。 現在はこのアンデルマの街は著しい斜陽でソ連崩壊後は人口も減り続けており、またホッキョクグマたちもかつてのように堂々と街に現れるということはないようです。 先週WWFロシア支部のベアパトロールのチームがアンデルマの街付近の海岸に打ち上がられたホッキョクグマの幼年個体の遺体を発見したそうです。 悪天候の中で泳いでいるうちに母親とはぐれてしまい岸に泳ぎ着けなかったのだろうとWWFの専門家は語っています。
a0151913_2115911.jpg
アンデルマの街近くで発見された幼年個体の遺体
Photo(C)Всемирный фонд дикой природы (WWF)

そもそもペルミ動物園のアンデルマは息子であるメンシコフなどを連れてアンデルマの街に霧の中から忽然と姿を見せ、そして食料を得るために家屋や倉庫に押し入ろうとしていたわけであり、人間にとっては危険な状態ではあったものの街の人々はそういったホッキョクグマを殺そうという発想はまるで無かったらしく、だからこそレニングラード動物園に捕獲を依頼したわけです。 やはりもともとこの街の人々はホッキョクグマというものが身近な存在であり人間に危害を与えるようなものではないという認識だったのでしょう。
a0151913_1565551.jpg
アンデルマ (2013年9月30日撮影 於 ペルミ動物園)
a0151913_1571282.jpg
息子のメンシコフ (2014年5月3日撮影 於 レニングラード動物園)

そういったアンデルマの街に住んでいた人々が抱いていたホッキョクグマへの親近感のようなもののおかげで我々は日本でこのアンデルマや彼女の息子であるメンシコフの息子や孫、つまりカイ、ロッシー、ホクト、ゴーゴ、イワンといったホッキョクグマたちの姿を動物園で見ることができるというわけです。

(資料)
Всемирный фонд дикой природы (WWF) (Новости Aug.15 2014 - Отправившиеся в Арктику эксперты WWF обнаружили погибшего медвежонка)
ЧУМотека (Aug.6 2014 - Новые приключения Умки)
sevprostor.ru (Белые медведи)
ВКонтакте (Амдерма, Амдерма, вьюгами задымлена..)

(過去関連投稿)
ロシア・ペルミ動物園のホッキョクグマ、「生ける伝説」となったアンデルマ
ロシア・ペルミ動物園で一般公開された生後3ヶ月のゴーゴ(現・天王寺動物園)の様子
ロシア・ペルミ動物園、アンデルマの表情(1) ~ 捕捉し難き素顔
ロシア・ペルミ動物園、アンデルマの表情(2) ~ その存在への認識
ロシア・ペルミ動物園のアンデルマ、その日常の姿(1) ~ 遠征での映像より
ロシア・ペルミ動物園のアンデルマ、その日常の姿(2) ~ 遠征での映像より
ロシア・ペルミ動物園のアンデルマ、その日常の姿(3) ~ 遠征での映像より
ロシア・ペルミ動物園のアンデルマ、その日常の姿(4) ~ 遠征での映像より
ロシア極北・ネネツ自治管区のウスチ・カラ村に現れたホッキョクグマ ~ 人とホッキョクグマの生命の尊重
by polarbearmaniac | 2014-08-15 23:45 | Polarbearology

カテゴリ

全体
Polarbearology
しろくま紀行
異国旅日記
動物園一般
Daily memorabilia
倭国旅日記
しろくまの写真撮影
旅の風景
幻のクーニャ
エッセイ、コラム
街角にて
未分類

最新の記事

ロシア南部 ・ ドン河下流の..
at 2017-06-27 19:00
ロシア・ノヴォシビルスク動物..
at 2017-06-26 23:50
アメリカ・オレゴン動物園のノ..
at 2017-06-25 22:30
ロシア・サンクトペテルブルク..
at 2017-06-24 23:30
ロシア・ペンザ動物園のベルィ..
at 2017-06-23 23:00
ロシア・西シベリア、セヴェル..
at 2017-06-22 23:00
ロシア・中部シベリアに記録的..
at 2017-06-21 18:30
アメリカ・フィラデルフィア動..
at 2017-06-20 23:50
デンマーク・オールボー動物園..
at 2017-06-19 22:00
オーストラリア・ゴールドコー..
at 2017-06-19 20:30

以前の記事

2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月

検索

ブログパーツ

  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。

ライフログ


人生と運命 1


スターリン―青春と革命の時代


モスクワは本のゆりかご


私のモスクワ、心の記憶


自壊する帝国 (新潮文庫)


甦るロシア帝国 (文春文庫)


嘘つきアーニャの真っ赤な真実 (角川文庫)


ロシア 春のソナタ、秋のワルツ-1999-21st


それからのエリス いま明らかになる鴎外「舞姫」の面影


ミチコ・タナカ 男たちへの讃歌 (新潮文庫)


わがユダヤ・ドイツ・ポーランド―マルセル・ライヒ=ラニツキ自伝


ベルリン戦争 (朝日選書)


Hof――ベルリンの記憶


カチンの森――ポーランド指導階級の抹殺


北京烈烈―文化大革命とは何であったか (講談社学術文庫)


慟哭の通州――昭和十二年夏の虐殺事件


主題と変奏―ブルーノ・ワルター回想録 (1965年)


藤田嗣治 異邦人の生涯


Barle's Story: One Polar Bear's Amazing Recovery from Life As a Circus Act


Hotel Adlon: Das Berliner Hotel, in dem die grosse Welt zu Gast war


Ein seltsamer Mann


Alma Rose: Vienna to Auschwitz


St Petersburg: A Cultural History


Gulag


The Guest from the Future: Anna Akhmatova and Isaiah Berlin