街、雲、それからホッキョクグマ ~ Polarbearology & conjectaneum


by polarbearmaniac

プロフィールを見る

アメリカ・オレゴン州ポートランド、オレゴン動物園の双子兄妹のコンラッドとタサルの近況 ~ 新施設計画

a0151913_23355037.jpg
タサル Photo(C)Oregon Zoo
a0151913_23362616.jpg
コンラッド Photo(C)Oregon Zoo

アメリカ西海岸、オレゴン州ポートランドのオレゴン動物園で暮らす29歳の雄のコンラッド (Conrad) と雌のタサル (Tasul) という双子兄妹については過去何回か投稿しています。 このオレゴン動物園では昨年1月にポートランド市がオレゴン動物園の以前からの大改修計画にゴーサインを出したことにより今後10年間にわたってこの改修計画が実行に移されつつあり、それが終了するとオレゴン動物園の全体の40%が現在とは容貌が大きく異なることとなるそうです。 そのうち2018年に完成予定の新ホッキョクグマ飼育展示場についてこの計画の中で興味深いことが発表されています。
a0151913_23142152.jpg
(C)Oregon Zoo

それは上の "Geothermal Loop" というシステムで、ホッキョクグマ飼育展示場の温度を冷やすシステムを作動した時に生じた熱を循環させてゾウ舎の室内を暖めることに再利用するという相互システムです。 これについては地元TVのニュース映像でご覧いただくことにしましょう。



現在のホッキョクグマ飼育展示場も温度を下げる設備はあるそうですが、その作動によって発せられた熱は空気中に発散させているだけで再利用はされていないそうです。  現在のホッキョクグマ飼育展示場もさらに拡大された新しいものとなるわけで、そのプランについてはオレゴン動物園のHPのこちらのページをご参照下さい。
a0151913_23184854.jpg
2018年完成予定の新施設 "Polar Bear Habitat" (C)Oregon Zoo

現在オレゴン動物園で飼育されているコンラッドとタサルは今年の12月に共に30歳になるわけで、彼らがそろってあと4年後の2018年に完成する新飼育展示場に移ることができるかどうかは微妙かもしれません。 しかし現在この二頭の姿を見ているとその年齢をあまり感じさせません。 今年2月と6月の映像を見てみましょう。





さて、以前の投稿でもご紹介していましたが、コンラッドとタサルの双子兄妹との間で繁殖を狙うはずなどなく、この二頭にはそれぞれ過去にパートナーがいたわけでした。 雄のコンラッドのパートナーだったのは旭山動物園のサツキの姉であるユーヤン (Yugyan)です。 ユーヤンは2008年の8月に腎臓病を患って安楽死しています。 ユーヤンの姿は以前の投稿でもご紹介していました。 
a0151913_2358593.jpg
シバース Photo(C)Oregon Zoo

一方、雌のタサルのパートナーとされたのはタサルと同じ年齢だったシヴァース (Shivers) でした。 このシヴァースは現在メキシコのレオン動物園で暮らしています。 現在オレゴン動物園に暮らすコンラッドとタサルの双子兄妹はこうして今でもこの動物園のホッキョクグマの主役であり続けているというわけです。

(資料)
Oregon Zoo (Media Resources - City OKs all the Oregon Zoo's remodeling plans) (A New Zoo) (A New Zoo - Polar bear habitat) (Polar Bear) (Zoo News /Sep.3 2014 - Zoo polar bears will use 'slinky' to warm up elephants) (Gallery - Shivers often hamed it up for kid visitors to the zoo. )
The Oregonian (Jan.29 2013 - City OKs all the Oregon Zoo's remodeling plans)(Sep.3 2014 - Oregon Zoo constructs sustainable system to transfer heat from polar bears to elephants) (Aug.26 2008 - Zoo euthanizes ill polar bear)
Koin.com (Sep.3 2014 - Polar bears will help keep elephants hot at Oregon Zoo)
Care2 (Rest in Peace, Yugyan the Polar Bear)
UPI (Aug.27 2008 - Zoo: Polar bear euthanized due to pain)

(過去関連投稿)
アメリカ・オレゴン州 ポートランド、オレゴン動物園のコンラッドとタサル ~ 別離なき永遠の双子兄妹
アメリカ・ポートランドのオレゴン動物園が麻酔を使用せずにホッキョクグマの血液サンプル採取に成功
アメリカ・オレゴン州 ポートランド、オレゴン動物園のタサルがホッキョクグマの生態研究に協力
アメリカ・オレゴン州 ポートランド、オレゴン動物園で29歳となった双子のコンラッドとタサルの「雪の日」
by polarbearmaniac | 2014-09-04 23:45 | Polarbearology

カテゴリ

全体
Polarbearology
しろくま紀行
異国旅日記
動物園一般
Daily memorabilia
倭国旅日記
しろくまの写真撮影
旅の風景
幻のクーニャ
エッセイ、コラム
街角にて
未分類

最新の記事

ハンガリー・ブダペスト動物園..
at 2017-03-25 21:00
ウクライナ・ムィコラーイウ動..
at 2017-03-25 13:00
ロシア北東部・サハ共和国、ヤ..
at 2017-03-24 15:00
ドイツ・ミュンヘン、ヘラブル..
at 2017-03-23 20:00
男鹿水族館のクルミと豪太のペ..
at 2017-03-22 23:30
ハンガリー・ブダペスト動物園..
at 2017-03-21 20:00
ロシア・ノヴォシビルスク動物..
at 2017-03-21 18:00
ロシア・ノヴォシビルスク市の..
at 2017-03-20 19:00
デンマーク・オールボー動物園..
at 2017-03-19 20:30
チェコ・ブルノ動物園の「国際..
at 2017-03-19 00:30

以前の記事

2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月

検索

ブログパーツ

  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。

ライフログ


人生と運命 1


スターリン―青春と革命の時代


モスクワは本のゆりかご


私のモスクワ、心の記憶


自壊する帝国 (新潮文庫)


甦るロシア帝国 (文春文庫)


嘘つきアーニャの真っ赤な真実 (角川文庫)


ロシア 春のソナタ、秋のワルツ-1999-21st


それからのエリス いま明らかになる鴎外「舞姫」の面影


ミチコ・タナカ 男たちへの讃歌 (新潮文庫)


わがユダヤ・ドイツ・ポーランド―マルセル・ライヒ=ラニツキ自伝


ベルリン戦争 (朝日選書)


Hof――ベルリンの記憶


カチンの森――ポーランド指導階級の抹殺


北京烈烈―文化大革命とは何であったか (講談社学術文庫)


慟哭の通州――昭和十二年夏の虐殺事件


主題と変奏―ブルーノ・ワルター回想録 (1965年)


藤田嗣治 異邦人の生涯


Barle's Story: One Polar Bear's Amazing Recovery from Life As a Circus Act


Hotel Adlon: Das Berliner Hotel, in dem die grosse Welt zu Gast war


Ein seltsamer Mann


Alma Rose: Vienna to Auschwitz


St Petersburg: A Cultural History


Gulag


The Guest from the Future: Anna Akhmatova and Isaiah Berlin