街、雲、それからホッキョクグマ ~ Polarbearology & conjectaneum


by polarbearmaniac

プロフィールを見る

ロシア極北・ウランゲリ島の海岸でホッキョクグマの孤児が軍のパイロットにより発見・保護される

a0151913_20434342.jpg
Photo(C)пресс-служба ВВО

ロシアでまた孤児のホッキョクグマの赤ちゃんが保護されました。 ノーボスチ通信がロシア連邦軍の東部軍管区の首席報道官の発表として伝えるところによりますと、ロシア最東端のチュクチ自治管区のベーリング外に面した街であるアナディリと北極海に位置するウランゲリ島との間で物資輸送を行っていた軍の大型輸送ヘリコプター(Mi 26) のパイロットがウランゲリ島の海岸を走っている一頭のホッキョクグマの赤ちゃんを発見したそうです。 付近を飛行してみても母親らしきホッキョクグマがいないことがわかり、このヘリコプターのパイロットはその場所で着陸してこのホッキョクグマの赤ちゃんを保護したそうです。 空腹のためにやせ細ったその赤ちゃんは逃げようとするどころか差し出されたお粥を夢中で食べたそうで、 この軍のパイロットはこの赤ちゃんをウムカと名付けて保護し、ウランゲリ島の自然管理局の駐在担当官に引き渡したとのことです。
(*追記 - この赤ちゃんの保護についてロシアのTVニュースで流れてきました。 こちらをクリックしていただいて開いたページで映像をご覧下さい。 パイロットへのインタビューなどが映っています。 しかし映っている赤ちゃんは今回保護された赤ちゃんの映像ではないと思います。 孤児が保護されたのは事実として間違いないですが、その映像は別のものを使用していると思います。 何故なら、昨年暮れにうまれたはずの生後10ヶ月目ほどの赤ちゃんにしてはあまりに小さいからです。 まあこういうことは、わかっていて「騙されておく」 ということも我々が世の中で生きていく上では必要でしょう。)

(*後記 - このTVニュース、以下でyoutube映像で見ることができます。)


a0151913_11161069.jpg
チュクチ自治管区

さて、おそらく数日中に自然管理局はこの赤ちゃんを保護・飼育する動物園を決定するはずです。 今年のシーズンのロシアでは7月下旬にノーヴァヤ・ゼムリャー島で雄(バルー)と雌 (スネジンカ) の双子の孤児が発見・保護され、イジェフスク動物園(バルー) とゲレンジークのサファリパーク(スネジンカ)へ送られています。カナダではつい先日もやはり雄と雌の双子の孤児が発見されウィニペグのアシニボイン公園動物園に移送されたばかりです。 こうして保護された個体は孤児たちのごく一部で、人間によって発見されない孤児たちは全て餓死しているはずですから、この孤児の発見・保護にはもっと力を入れるべきでしょう。

(資料)
РИА Новости (Oct.1 2014 - Российские военные спасли в Арктике голодного медвежонка)
Правда.Ру (Oct.1 2014 - Российская армия спасла в Арктике голодного медвежонка)
Вести (Oct.1 2014 - Военные летчики спасли медвежонка)
Комсомольская правда (Oct.2 2014 - Хабаровские военные вертолетчики спасли в Арктике белого медвежонка)
(*追加資料)
ТРК "Петербург-Пятый канал" (Oct.2 2014 - Пилоты вертолёта совершили экстренную посадку, чтобы спасти белого медвежонка)
ТК Звезда (Oct.2 2014 - Российские военные спасли голодного медвежонка в Арктике)

Телеканал "Звезда"

Российские военные спасли голодного медвежонка в Арктике

2 октября 2014, 12:38

Экипаж вертолета Ми-26 Восточного военного округа спас потерявшегося белого медвежонка в Арктике. Мечущегося по побережью малыша вертолетчики заметили, пролетая над островом Врангеля. Они посадили вертолет и на вездеходе отправились на спасение медвежонка. Изможденный и голодный он спокойно воспринял появление людей, даже не попытавшись убежать.
... Подробнее »


Life News (Oct.2 2014 - Офицеры спасли в Арктике медвежонка, потерявшего маму)

(過去関連投稿)
ロシア極北ノーヴァヤ・ゼムリャー島でホッキョクグマの双子の孤児が保護 ~ 一頭がイジェフスク動物園へ
ロシア極北ノーヴァヤ・ゼムリャー島で保護された野生孤児バルー、そのイジェフスク動物園での映像
ロシア連邦・ウドムルト共和国のイジェフスク動物園で野生孤児バルーの一般への公開が行われる
ロシア・黒海沿岸、ゲレンジークのサファリパークで保護・飼育されている雌の野生孤児スネジンカの姿
ロシア・黒海沿岸、ゲレンジークのサファリパークで保護の雌の野生孤児スネジンカの一般公開の日が迫る
カナダ・マニトバ州のハドソン湾岸で雄と雌の双子の野生孤児を発見 ~ アシニボイン公園動物園で保護が決定
by polarbearmaniac | 2014-10-02 12:00 | Polarbearology

カテゴリ

全体
Polarbearology
しろくま紀行
異国旅日記
動物園一般
Daily memorabilia
倭国旅日記
しろくまの写真撮影
旅の風景
幻のクーニャ
エッセイ、コラム
街角にて
未分類

最新の記事

ドイツ・ブレーマーハーフェン..
at 2017-04-28 22:30
フィンランド・ラヌア動物園の..
at 2017-04-28 02:00
アメリカ・コロンバス動物園の..
at 2017-04-27 11:00
ロシア極東・沿海州、ハバロフ..
at 2017-04-27 00:30
チェコ・ブルノ動物園の一歳半..
at 2017-04-26 00:30
ベルリン動物園 (Zoo B..
at 2017-04-25 00:30
モスクワ動物園の二歳半の雄(..
at 2017-04-24 01:30
ロシア・西シベリア、ボリシェ..
at 2017-04-24 00:30
オランダ・ヌエネン、「動物帝..
at 2017-04-23 00:30
ベルリン動物公園で死亡した赤..
at 2017-04-22 01:00

以前の記事

2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月

検索

ブログパーツ

  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。

ライフログ


人生と運命 1


スターリン―青春と革命の時代


モスクワは本のゆりかご


私のモスクワ、心の記憶


自壊する帝国 (新潮文庫)


甦るロシア帝国 (文春文庫)


嘘つきアーニャの真っ赤な真実 (角川文庫)


ロシア 春のソナタ、秋のワルツ-1999-21st


それからのエリス いま明らかになる鴎外「舞姫」の面影


ミチコ・タナカ 男たちへの讃歌 (新潮文庫)


わがユダヤ・ドイツ・ポーランド―マルセル・ライヒ=ラニツキ自伝


ベルリン戦争 (朝日選書)


Hof――ベルリンの記憶


カチンの森――ポーランド指導階級の抹殺


北京烈烈―文化大革命とは何であったか (講談社学術文庫)


慟哭の通州――昭和十二年夏の虐殺事件


主題と変奏―ブルーノ・ワルター回想録 (1965年)


藤田嗣治 異邦人の生涯


Barle's Story: One Polar Bear's Amazing Recovery from Life As a Circus Act


Hotel Adlon: Das Berliner Hotel, in dem die grosse Welt zu Gast war


Ein seltsamer Mann


Alma Rose: Vienna to Auschwitz


St Petersburg: A Cultural History


Gulag


The Guest from the Future: Anna Akhmatova and Isaiah Berlin