街、雲、それからホッキョクグマ ~ Polarbearology & conjectaneum


by polarbearmaniac

プロフィールを見る

ロシア極東・沿海州、ハバロフスク動物園(プリアムールスキー動物園)が新しいホッキョクグマの導入を表明

a0151913_1193619.jpg
故 ゴシ (2014年2月のお誕生会) Photo(C)Аргументы и Факты 

先月下旬にロシア極東沿海州のハバロフスク動物園 (正式には「シソーエフ記念・プリアムールスキー動物園」 - Зоосад Приамурский имени В.П. Сысоева)で地元の人々に非常に愛されたホッキョクグマのゴシが24歳で亡くなったことを投稿しています。 私が今まで会ったホッキョクグマの中でも格別に印象が強く、そして私自身の思い入れも非常に深かったホッキョクグマの死を非常に悲しい気持ちで受け止めたわけでした。 さて、このハバロフスク動物園では亡くなったゴシに代わる新しいホッキョクグマを飼育する意向であることを表明し、すでにそのための交渉に乗り出していることを明らかにしました。
a0151913_1232727.jpg
故 ゴシ Photo(C)Аргументы и Факты 

欧米や日本の動物園ではホッキョクグマの高齢化が進み、また全体の飼育数も減少しているわけで、仮に現在飼育しているホッキョクグマが亡くなっても新しいホッキョクグマを導入することが非常に難しい状況になってきています。 一方でロシアの動物園では、今まで飼育していなかったホッキョクグマを新たに飼育したいという地方都市の動物園がいくつか出てきています。 日本に近い極東においてはサハリン(樺太)の中心都市であるユジノサハリンスク(旧豊原)の動物園であるサハリン動植物園 (Сахалинский зооботанический парк) はホッキョクグマを導入するための新しい施設の建設を行う予定であることも報道されているほどです。 ハバロフスク動物園(プリアムールスキー動物園)は亡くなったゴシに代わるホッキョクグマを飼育するために1770万ルーブル(約5億円)の資金を要する新しい飼育展示場の整備拡張が計画されているそうです。 園長さんは、「ホッキョクグマの飼育展示場というのはどの動物園でも最も金のかかったものの一つです。(ハバロフスク動物園の)新しい飼育展示場はエンリッチメントに最大の考慮が払われたものとなります。」 と語っています。 ハバロフスクだろうがサハリンだろうが、ホッキョクグマのいる動物園には私はこれからも喜んで出かけていくつもりです。 ましてや日本に非常に近い場所にあるわけです。 距離だけに関するならばどちらも仮に札幌から徳島や熊本に行くよりもかなり近いだろうと思います。 ユジノサハリンスクには新千歳空港から直行便(オーロラ航空)があります。 所要時間1時間20分です。

さて、このハバロフスク動物園がゴシの後継ホッキョクグマ入手のために頼りにするのはモスクワ動物園でしょう。 シモーナの子供がやって来ることになるかもしれませんし、あるいは他園の幼年・若年個体がモスクワ動物園の調整によってやってくるかもしれません。 いずれにせよ注目しておくべきでしょう。 このようにロシア国内の動物園でホッキョクグマを導入する場合には従来のように単なる購入とはならないわけで、ロシアの動物園の主導的立場にあるモスクワ動物園が他種の個体との交換を含めた調整によってホッキョクグマを割り当てるというスキームが発動されることとなるわけです。 希少種の入手にはこうしたスキームに乗っかることが条件となります。 モスクワ動物園もロシアの動物園の盟主という立場から、ロシア国内の動物園におけるホッキョクグマの飼育展示の充実を図ることに協力するという方向に舵を切っており、かつてから外国の動物園へのホッキョクグマの配給元であったというロシアの動物園、特にモスクワ動物園の姿勢に大きな変化が生じているわけです。 つまり、金さえ積めばホッキョクグマは購入できるというわけにはいかなくなりつつあるということですね。 ですから「ホッキョクグマの市場価格」 という概念そのものが急速に過去のものとなりつつあることを意味しているわけです。 こういったことは今までいくつもの情報をご紹介した投稿の中でも触れてきたことです。
a0151913_1241950.jpg
故 ゴシ Photo(C)Аргументы и Факты

私は思い出すのですが、あのゴシの飼育されていた場所の施設の簡素さと素朴さは何か心温まるようなものがありました。 ゴシにとっては必ずしも快適とは言えなかったのかもしれませんが、私はあの場所を非常に懐かしく思います。 ここで再度、ゴシの魂の永遠の安息を祈りたいと思います。

(資料)
Аргументы и Факты (Oct.6 2014 - В хабаровском зоосаде появится аквариум для медведя)
РИА "Сахалин-Курилы" (Feb.12 2013 - В Сахалинском зоопарке могут появиться белые медведи)

(過去関連投稿)
ロシア・モスクワ郊外の私設動物園の悲惨な現実
ロシア極東・沿海州、ハバロフスク動物園のゴシ ~ 氷上サーカスを去り動物園を安住の地に
ロシア極東、ハバロフスク動物園のゴシ、身勝手な来園者の指を噛み切る! ~ 後を絶たぬ来園者の規則違反
ロシア極東、ハバロフスク動物園でのゴシの 「来園者襲撃」事件の続報 ~ 自業自得の規則違反者
ロシア極東・沿海州、ハバロフスク動物園のゴシに寄せる地元の人々の想い ~ お誕生会開催へ
ロシア極東・沿海州、ハバロフスク動物園 (プリアムールスキー動物園)のゴシが亡くなる
(*以下、ハバロフスク動物園訪問記)
晩秋の気配濃厚なハバロフスク動物園へ ~ ゴシさん、はじめまして!
ゴシ、その悲哀を突き抜けて澄みきった眼を持つホッキョクグマの魅力
ロシア・ハバロフスク動物園のゴシへの同情と共感 ~ 人間に弄ばれた運命
by polarbearmaniac | 2014-10-06 23:45 | Polarbearology

カテゴリ

全体
Polarbearology
しろくま紀行
異国旅日記
動物園一般
Daily memorabilia
倭国旅日記
しろくまの写真撮影
旅の風景
幻のクーニャ
エッセイ、コラム
街角にて
未分類

最新の記事

気ままに歩くオールボー旧市街..
at 2017-07-28 05:00
モスクワからコペンハーゲン、..
at 2017-07-28 03:00
ノヴォデヴィチ墓地 (Нов..
at 2017-07-27 05:30
モスクワ、ノヴォデヴィチ修道..
at 2017-07-27 05:00
モスクワのクドリンスカヤから..
at 2017-07-26 05:40
モスクワの「チェーホフの家博..
at 2017-07-26 05:30
ムルマ (Белая мед..
at 2017-07-26 05:20
スネジンカ (Белая м..
at 2017-07-26 05:10
二年振りに訪問のモスクワ動物..
at 2017-07-26 05:00
夜も更けたアルバート通りを歩..
at 2017-07-25 05:45

以前の記事

2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月

検索

ブログパーツ

  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。

ライフログ


人生と運命 1


スターリン―青春と革命の時代


モスクワは本のゆりかご


私のモスクワ、心の記憶


自壊する帝国 (新潮文庫)


甦るロシア帝国 (文春文庫)


嘘つきアーニャの真っ赤な真実 (角川文庫)


ロシア 春のソナタ、秋のワルツ-1999-21st


それからのエリス いま明らかになる鴎外「舞姫」の面影


ミチコ・タナカ 男たちへの讃歌 (新潮文庫)


わがユダヤ・ドイツ・ポーランド―マルセル・ライヒ=ラニツキ自伝


ベルリン戦争 (朝日選書)


Hof――ベルリンの記憶


カチンの森――ポーランド指導階級の抹殺


北京烈烈―文化大革命とは何であったか (講談社学術文庫)


慟哭の通州――昭和十二年夏の虐殺事件


主題と変奏―ブルーノ・ワルター回想録 (1965年)


藤田嗣治 異邦人の生涯


Barle's Story: One Polar Bear's Amazing Recovery from Life As a Circus Act


Hotel Adlon: Das Berliner Hotel, in dem die grosse Welt zu Gast war


Ein seltsamer Mann


Alma Rose: Vienna to Auschwitz


St Petersburg: A Cultural History


Gulag


The Guest from the Future: Anna Akhmatova and Isaiah Berlin