街、雲、それからホッキョクグマ ~ Polarbearology & conjectaneum


by polarbearmaniac

プロフィールを見る

ロシア極北ノーヴァヤ・ゼムリャー島で保護されたウムカとエリカの野生双子孤児が行方不明となる

a0151913_1585036.jpg
行方不明となったウムカとエリカの野生孤児
Photo(C)пресс-служба Северного управления по гидрометеорологии.

心配が現実となった実に憂慮すべきニュースが報じられています。 先日ロシア極北のノーヴァヤ・ゼムリャー島の気象観測基地で双子のホッキョクグマの孤児が保護されたニュースをご紹介しています。 その投稿のなかでも触れたのですが、この気象観測基地はこの双子の今後の保護について話を本来は連邦政府の自然管理局 (RPN - Федеральная служба по надзору в сфере природопользования) にもっていかねばならなかったにもかかわらず最初にロシア極地国立公園 (Национальный парк "Русская Арктика") の管理当局に持って行ったわけです。 このあたりが私は先日の投稿でも気になっていたことだったわけですが、管理当局はこの気象観測所の要請に対して「自分たちには(野生ホッキョクグマ孤児の保護処置を決める)権限がない」と気象観測所に回答したそうです。 その後にいろいろ紆余曲折があったようですが、結局はこの地区の自然管理局の出張所に要請が持ち込まれたようです。 この地区の自然管理局の出張所はこの双子孤児の処置を決める権限のある連邦政府の本局に連絡して指示を仰いだわけでした。

実はこの段階で(ロシアの)四つの動物園がこの双子孤児の保護・飼育を行ってもよいと申し出ていたそうで、そのニュースは日本時間昨夜にイタル・タス通信が報道していました。 さて、その後に別のマスコミ (Русская Планета紙) の報道が日本時間の本日になって流れてきたわけですが、連邦政府のモスクワの自然管理局の本局は24日のこの双子孤児の今後の処置を決定する予定だったものの、それがまだ決まっていないという状況だそうです。 こういったお役所仕事のドタバタから生じた時間の浪費の中で、実はこのウムカとエリカと名付けられた双子孤児は保護されていた気象観測所から一週間前に姿を消してしまい、それ以来行方不明になっている事実が明らかになりました。 この観測所はウムカとエリカを囲って逃げられないようにしていたというわけではなかったようです。 気象観測所のスタッフはこの事態に非常に当惑しており、所長さんはなんとかこの双子に観測所に戻ってきてほしいと語っています。 仮に戻れなくともこの島には軍の基地があるのでそこでちゃんと扱ってもらいたいと語っています。 そうでなければこの双子孤児が今度生きていく可能性はほとんどないわけですから所長さんの心配と憂慮はもっともなことだと思われます。

実はロシアにおける野生のホッキョクグマ孤児の保護については、いかに行政が早く対応できるかが重要なポイントであるわけです。 昨年にベルイ島で孤児として発見・保護されたセリク(現 ペルミ動物園)の例では行政当局のトップの方がこの件に非常に理解があったために一連の処置が非常に迅速に進行したわけです。 この件については是非、「ロシア極北で負傷、ペルミ動物園で保護されたセリクについて ~ ロシアでの野生孤児の個体保護の問題点」という投稿を再度ご参照頂きたく思います。 今回の双子孤児の場合はまさにこれがうまくいっていないわけです。

私は思うのですが野生孤児がロシアの極北で保護された件は実は過去に何例もあったと思うのですが、ここ数年こうした形でマスコミが報道し、そしてその後の行政当局の素早い動きがあったおかげで動物園で無事に保護された氷山の一角のような例だけが大きくクローズアップされ、今回のように失敗した例はほとんど報じられていなかったのではないかと思います。 仮にそうだとすれば実に残念なことです。 ネックになっているのは行政当局の動きの遅さもさることながら、移送費用の負担問題にもあるという点です。 昨年のセリクの例では行政がこの費用を負担したわけですが、これが受け入れ側の動物園が負担するということだと大変です(実は本来的には受け入れ側の動物園が負担することのようです)。 昨年のセリクの例でペルミ動物園のエレーナ・ブルディナが語っていたことは今回の例を見ると実に的を得ていることがよくわかります。

さて、このウムカとエリカが心配です。 姿を消してからもう一週間になるそうですが、やはり再びこの気象観測所に現れることは考えにくいようにも思いますが、しかしなんとか元気でいてくれて誰かに保護されていてほしいと思います。

(資料)
ИТАР-ТАСС (Oct.27 2014 - Четыре зоопарка готовы принять медвежат, которые ищут спасения у станции на Новой Земле)
Русская Планета (Oct.27 2014 - «Шансов выжить у них практически нет»)

(過去関連投稿)
ロシア極北で負傷、ペルミ動物園で保護されたセリクについて ~ ロシアでの野生孤児の個体保護の問題点
ロシア極北ノーヴァヤ・ゼムリャー島のマーリェ・カルマクルィで野生孤児の双子が保護される
by polarbearmaniac | 2014-10-28 16:30 | Polarbearology

カテゴリ

全体
Polarbearology
しろくま紀行
異国旅日記
動物園一般
Daily memorabilia
倭国旅日記
しろくまの写真撮影
旅の風景
幻のクーニャ
エッセイ、コラム
街角にて
未分類

最新の記事

ロシア・イジェフスク動物園が..
at 2017-11-18 01:30
南フランス・アンティーブ、マ..
at 2017-11-18 00:30
チェコ・ブルノ動物園のライブ..
at 2017-11-17 00:30
札幌・円山動物園で完成の「ホ..
at 2017-11-16 15:00
アメリカ・コロンバス動物園の..
at 2017-11-15 14:30
ロシア・サンクトペテルブルク..
at 2017-11-15 00:30
ロシア・サハ共和国、ヤクーツ..
at 2017-11-14 01:00
アメリカ・テネシー州 メンフ..
at 2017-11-13 01:00
オランダ、フリースラント・ア..
at 2017-11-12 00:30
ロシア・西シベリア、ボリシェ..
at 2017-11-11 00:30

以前の記事

2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月

検索

ブログパーツ

  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。

ライフログ


人生と運命 1


スターリン―青春と革命の時代


モスクワは本のゆりかご


私のモスクワ、心の記憶


自壊する帝国 (新潮文庫)


甦るロシア帝国 (文春文庫)


嘘つきアーニャの真っ赤な真実 (角川文庫)


ロシア 春のソナタ、秋のワルツ-1999-21st


それからのエリス いま明らかになる鴎外「舞姫」の面影


ミチコ・タナカ 男たちへの讃歌 (新潮文庫)


わがユダヤ・ドイツ・ポーランド―マルセル・ライヒ=ラニツキ自伝


ベルリン戦争 (朝日選書)


Hof――ベルリンの記憶


カチンの森――ポーランド指導階級の抹殺


北京烈烈―文化大革命とは何であったか (講談社学術文庫)


慟哭の通州――昭和十二年夏の虐殺事件


主題と変奏―ブルーノ・ワルター回想録 (1965年)


藤田嗣治 異邦人の生涯


Barle's Story: One Polar Bear's Amazing Recovery from Life As a Circus Act


Lenin's Tomb: The Last Days of the Soviet Empire


Resurrection: The Struggle for a New Russia


Hotel Adlon: Das Berliner Hotel, in dem die grosse Welt zu Gast war


Ein seltsamer Mann


Alma Rose: Vienna to Auschwitz


St Petersburg: A Cultural History


Gulag