街、雲、それからホッキョクグマ ~ Polarbearology & conjectaneum


by polarbearmaniac

プロフィールを見る

ロシア極北ノーヴァヤ・ゼムリャー島で生き残った一頭の孤児はゲレンジークのサファリパークで飼育が決定

a0151913_18424721.jpg
ゲレンジーク・サファリパーク Photo(C)azov-turizm.ru

ここのところ連続して投稿しているロシア極北ノーヴァヤ・ゼムリャー島のマーリェ・カルマクルィの気象観測基地で保護された、まだ一歳にならないと推定されるホッキョクグマの野生の双子孤児(ウムカとエリカ)の件ですが、昨日の投稿でこの双子のうちの一頭が雄のホッキョクグマの成年個体に襲われて命を落としてしまったことを投稿しています。 さて、残る一頭ですが、イタルタス通信の最新の報道によりますと連邦政府の自然管理局 (RPN - Федеральная служба по надзору в сфере природопользования) は、この孤児の保護・飼育を希望していたロシア国内の四つの動物園のうちで、黒海沿岸のリゾート地であるゲレンジーク市のサファリパーク (Сафари-парк Геленджик) を双子孤児のうちで生き残った一頭の保護・飼育施設とすることを決定したそうです。 尚、移送費用はやはりこのサファリパークが負担することになるようです。
a0151913_1914720.jpg
このゲレンジークのサファリパークについては今年の夏あたりから何度も投稿していますので過去関連投稿をご参照頂ければこの施設の様子はかなり掴めると思います。 このサファリパークには実は今回のケースと同じノーヴァヤ・ゼムリャー島で野生孤児として保護された双子のうち雌のスネジンカがすでに今年の7月から保護・飼育されているわけで、このことから考えると今回の双子のうち生き残ったのは雄のウムカではないかという推測も成り立つような気がします。 (*追記 - その後の報道で、やはり生き残ったのは雄のウムカであることが報じられました。) つまり、同じ野生孤児の雌のスネジンカと将来パートナーを組ませることを視野に置いた自然管理局の決定ではないかとも思えるわけです。
a0151913_18461140.jpg
黒海沿岸のリゾート地であるゲレンジーク Photo(C)azov-turizm.ru

ともかくこれで今回の件で生き残った孤児の保護・飼育先が決定しました。 何とか無事にノーヴァヤ・ゼムリャー島からゲレンジークまでの移送が行われてほしいと思います。

(資料)
ИТАР-ТАСС (Oct.29 2014 - Белый медвежонок-сирота, которого сейчас подкармливают полярники, будет жить в Геленджике)
Югополис (Oct.29 2014 - В сафари-парк Геленджика привезут белого медвежонка-сироту с Новой Земли)
(追加資料)
RegNews (Oct.29 2014 - Из Арктики в субтропики: белого медвежонка Умку вывезут в Геленджик)

(過去関連投稿)
ロシア極北ノーヴァヤ・ゼムリャー島のマーリェ・カルマクルィで野生孤児の双子が保護される
ロシア極北ノーヴァヤ・ゼムリャー島で保護されたウムカとエリカの野生双子孤児が行方不明となる
ロシア極北ノーヴァヤ・ゼムリャー島で一時保護された双子孤児のうち一頭が雄の成獣に襲われ殺される
(*ゲレンジーク・サファリパークのラパとセードフ司令官関連)
ロシア・スタロースコルィスク動物園のラパとセードフ司令官が黒海沿岸のゲレンジーク・サファリパークへ
ロシア・黒海沿岸、ゲレンジークのサファリパークで暮らすセードフ司令官とサーカス出身のラパの近況
ロシア・黒海沿岸、ゲレンジークのサファリパークのホッキョクグマ展示場にライブカメラ設置
所有権を持つロシア・クラスノヤルスク動物園の同意無しに他園に移動させられた出張中のセードフ司令官
ロシア・クラスノヤルスク動物園に所有権のあるセードフ司令官の無断移動問題、ほぼ一件落着へ
(*ゲレンジーク・サファリパークのスネジンカ関連)
ロシア極北ノーヴァヤ・ゼムリャー島でホッキョクグマの双子の孤児が保護 ~ 一頭がイジェフスク動物園へ
ロシア極北ノーヴァヤ・ゼムリャー島で保護された野生孤児バルー、そのイジェフスク動物園での映像
ロシア連邦・ウドムルト共和国のイジェフスク動物園で野生孤児バルーの一般への公開が行われる
ロシア・黒海沿岸、ゲレンジークのサファリパークで保護・飼育されている雌の野生孤児スネジンカの姿
ロシア・黒海沿岸、ゲレンジークのサファリパークで保護の雌の野生孤児スネジンカの一般公開の日が迫る
by polarbearmaniac | 2014-10-29 19:00 | Polarbearology

カテゴリ

全体
Polarbearology
しろくま紀行
異国旅日記
動物園一般
Daily memorabilia
倭国旅日記
しろくまの写真撮影
旅の風景
幻のクーニャ
エッセイ、コラム
街角にて
未分類

最新の記事

*新規投稿お知らせ
at 2017-08-18 21:00
ロシア・西シベリア、ボリシェ..
at 2017-08-18 02:00
*新規投稿お知らせ
at 2017-08-17 23:00
ロシアのクラスノヤルスク環境..
at 2017-08-17 01:30
チェコ・プラハ動物園のホッキ..
at 2017-08-16 01:30
ロシア・サンクトペテルブルク..
at 2017-08-15 01:30
ロシア・ウラル地方、エカテリ..
at 2017-08-14 01:30
大阪・天王寺動物園のシルカ ..
at 2017-08-13 01:30
フィンランド・ラヌア動物園で..
at 2017-08-12 22:30
カナダ・ウィニペグ、アシニボ..
at 2017-08-11 23:30

以前の記事

2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月

検索

ブログパーツ

  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。

ライフログ


人生と運命 1


スターリン―青春と革命の時代


モスクワは本のゆりかご


私のモスクワ、心の記憶


自壊する帝国 (新潮文庫)


甦るロシア帝国 (文春文庫)


嘘つきアーニャの真っ赤な真実 (角川文庫)


ロシア 春のソナタ、秋のワルツ-1999-21st


それからのエリス いま明らかになる鴎外「舞姫」の面影


ミチコ・タナカ 男たちへの讃歌 (新潮文庫)


わがユダヤ・ドイツ・ポーランド―マルセル・ライヒ=ラニツキ自伝


ベルリン戦争 (朝日選書)


Hof――ベルリンの記憶


カチンの森――ポーランド指導階級の抹殺


北京烈烈―文化大革命とは何であったか (講談社学術文庫)


慟哭の通州――昭和十二年夏の虐殺事件


主題と変奏―ブルーノ・ワルター回想録 (1965年)


藤田嗣治 異邦人の生涯


Barle's Story: One Polar Bear's Amazing Recovery from Life As a Circus Act


Hotel Adlon: Das Berliner Hotel, in dem die grosse Welt zu Gast war


Ein seltsamer Mann


Alma Rose: Vienna to Auschwitz


St Petersburg: A Cultural History


Gulag


The Guest from the Future: Anna Akhmatova and Isaiah Berlin